無料ブログはココログ

« ボイントン・ビーチ・クラブ | トップページ | 国土の保全と日本の将来 »

2012年3月13日 (火)

恐怖のジャガイモの芽

    ジャガイモは新大陸の発見によって、原産地ペルーからヨーロッパへともたらされた。ジャガイモは栄養価もあり、保存性もよく、人々の飢えを救う大切な食物である。ジャガイモはナス科ナス属、学名はソラヌス。芽にはソラニンというサリンに似た一種の神経毒素が含まれる。

Img7b154288zikbzj     1969年のロンドンの小学校で食中毒が起きた。夏休み中、ずっと給食室にあったジャガイモが誤って給食の食材に使われた。6時間後、78人が倒れ、17人が入院。うち3人が重態となった。嘔吐、痙攣、発熱。重い患者は昏睡状態に陥ることがある。ジャガイモの芽は恐ろしい。

« ボイントン・ビーチ・クラブ | トップページ | 国土の保全と日本の将来 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボイントン・ビーチ・クラブ | トップページ | 国土の保全と日本の将来 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31