無料ブログはココログ

« 中世の町ヴェローナ | トップページ | 王家の血筋という捏造 »

2012年3月10日 (土)

ウソ発見器

Photo     ポリグラフ(嘘発見器)は1921年アメリカ・カリフォルニア大学バークレー校のジョン・オーガスト・ラーソン(1892-1965)によって発明された。脳波、呼吸、皮膚電気反射など、多彩な生体現象を同時に記録する装置。臨床診断のほか、犯罪捜査で供述の真偽の判定にも応用されるが、科学的効果にはいまだ疑問が残されている。ポリグラフ(polygraph)はギリシャ語polygraphos(多く書くこと)から派生し、1871年に「身体の複数の計測を行う装置」という意味で用いられた。ラーソンは1921年、発明した計測装置にこの名称を使用した。

« 中世の町ヴェローナ | トップページ | 王家の血筋という捏造 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中世の町ヴェローナ | トップページ | 王家の血筋という捏造 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31