無料ブログはココログ

« 日本の端を巡る旅 宗谷岬と佐多岬 | トップページ | 弘前の歴史 »

2012年3月 1日 (木)

むかしは司会者も上手だった

Img_0002

    NHK歌謡コンサートの話題の一つが司会の小田切千のトチリである。歌手の名前をど忘れ、曲名の言い間違いのオンパレード。音羽しのぶの名前がでない。「あすという日が」を「あしたという日が」。前回も谷村新司と石井竜也の「風の子守唄」をいい間違い。あとで訂正も毎度なのでドッと笑いが起こる。「ロッテ歌のアルバム」の玉置宏や宮田輝は上手かった。バラエティ番組の司会もみんなスマートで爽やかだった。「底ぬけ脱線ゲーム」の金原二郎、「そっくりショウ」の小野栄一、そして先日亡くなられた「ズバリ当てましょう」の泉大助。遠き昭和がなつかしい。

20120229_1124189

« 日本の端を巡る旅 宗谷岬と佐多岬 | トップページ | 弘前の歴史 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の端を巡る旅 宗谷岬と佐多岬 | トップページ | 弘前の歴史 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31