無料ブログはココログ

« 弘前の歴史 | トップページ | ハンチントン病とコンゴレッド »

2012年3月 2日 (金)

アブラハム・リンカーン2世

Prod_8861 Abraham_lincoln_ii
リンカーン2世といわれた男の人生は短かった

    エイブラハム・リンカーンⅡ世(1873-1890)は米大統領リンカーン(1809-1865)の孫。愛称はジャック。わずか16歳で早世した。父はエイブラハムの長男ロバート・トッド・リンカーン(1843-1926)。父エイブラハムが暗殺されたとき、ロバートは22歳で母と弟を連れてシカゴへ移り住んだ。弟3人は、いずれも若くして死んだ。ロバートも幼少期に父と会話する機会はほとんどなく、鮮明な記憶はなかった。ロバートは1868年にメアリー・ユーニス・ハーラン(1846-1937)と結婚し、1男2女をもうけた。長男にはエイブラハム・リンカーンと命名し、通常リンカーン2世といわれる。

Img_0002220pxrobert_todd_lincoln_bradyhandy
  ロバート・トッド・リンカーン(1843-1926)

« 弘前の歴史 | トップページ | ハンチントン病とコンゴレッド »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弘前の歴史 | トップページ | ハンチントン病とコンゴレッド »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31