無料ブログはココログ

« 仙北市総合情報センター | トップページ | ハチクイ »

2012年3月16日 (金)

物理と短歌

Photo     明治にお雇い外国人として来日したフェノロサ(1853-1908)は、東京大学で教えていたのは、美術でなく、政治学、哲学、経済学だった。フロイト研究で知られた安田徳太郎(1898-1983)はカッパブックスの「人間の歴史」「万葉集の謎」の著作で広く知られる。映画評論家の荻昌弘(1925-1988)も「男のだいどこ」など料理関係の著作のほうがよく売れた。石原純(1881-1947)は相対性物理学の第一人者だが、アララギ派の歌人や原阿佐緒との恋愛事件のほうが一般的には知られる。本職より余技のほうが優る場合がある。

« 仙北市総合情報センター | トップページ | ハチクイ »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仙北市総合情報センター | トップページ | ハチクイ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31