無料ブログはココログ

« ウェルテル効果 | トップページ | ブラームスとドヴォルザーク »

2012年3月11日 (日)

日本人と牛乳

   日本に牛乳が伝えられたのは、孝徳天皇のとき(645-654)、百済からの帰化人の子孫、善那(別名福常)が、天皇に献上したのが始まりといわれる(新撰姓氏録)。善那は「医者として、牛乳を管理するもの」として、和薬使主の姓をたまわった。その後、蘇、酪、生蘇、熟蘇、醍醐などという唐代の乳製品とともに、平安末期まで宮廷で薬として飲用されていた。

20110124_1962032
奈良時代の木簡に「近江国生蘇三合」とある(右)

« ウェルテル効果 | トップページ | ブラームスとドヴォルザーク »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウェルテル効果 | トップページ | ブラームスとドヴォルザーク »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30