無料ブログはココログ

« 咸臨丸と開揚丸 | トップページ | 船の大きさ比較 »

2012年3月29日 (木)

ランドルト環

180pxlandolt_ring_0    視力検査には視力表を掛けて判別する。視力表の世界標準としてランドルト環がある。大きさの異なるC字型の環の開いている方向を識別することによって視力を測定するものである。5mの距離から約1.45㎜の切れ目を判別できると視力1.0となる。

Pa000320    1909年のイタリア・ナポリで開催された第11回国際眼科学会において国際的な標準視標として採用された。この視表を考案したのはフランスの眼科医エドマンド・ランドルト(1846-1926)である。国際標準ランドルト氏環と呼ばれる。

( keyword;Edmund Landolt )

« 咸臨丸と開揚丸 | トップページ | 船の大きさ比較 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 咸臨丸と開揚丸 | トップページ | 船の大きさ比較 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30