無料ブログはココログ

« ランドルト環 | トップページ | 成功する命名、失敗する命名 »

2012年3月30日 (金)

船の大きさ比較

Hikaku

    これまで人類が建造した船で最も大きいのはノルウェー船籍の石油タンカー、ノック・ネヴィス(1979年建造)で、全長458.45mある。豪華客船ではオアシス・オブ・ザ・シーズが全長361.0m。1940年に就航したクイーン・エリザベスが全長314mだった。1912年に沈没したタイタニックは269.1mだった。

軍艦では戦艦アイオワが全長270.43m、大和が263m、ビスマルクが248mである。

19世紀になると船も小さくなる。1900年に就航した戦艦三笠は全長131.7m。幕末に来航したペリーの黒船のサスケハナ号は全長78.3m、幕府特使として太平洋横断した咸臨丸は全長41m。大型帆船クリッパーは大きいもので全長86mもあった。江戸時代の積荷船「千石船」でおよそ24mくらい。

17世紀、イギリスから新大陸に102名を乗せて大西洋を渡った帆船メイフラワー号の全長は推定で27から33mくらい。コロンブスが1492年アメリカ大陸発見の旗艦サンタマリア号の全長は18mといわれている。

高砂丸   330.0m

NYK CANOPUS 299.9m

あざれあ  195.5m

日本丸   110.09m

( keyword;Knock Nevis,OASIS of the SEAS,Queen Elizabeth,Titanic,Iowa,Bismarck,SASQEHANNA,Clipper,the Mayfiower,La Santa Maria )

« ランドルト環 | トップページ | 成功する命名、失敗する命名 »

産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランドルト環 | トップページ | 成功する命名、失敗する命名 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30