無料ブログはココログ

« 平重盛の城跡「小松城」 | トップページ | 仙北市総合情報センター »

2012年3月16日 (金)

ソンバトヘイ

Megyes1   ハンガリー西部、オーストリアとの国境近くにあるソンバトヘイ Szombathely(ソンボトヘイ、ソンバヘイなど) はローマ帝国時代には植民市でサヴァリアと呼ばれていた。紀元45年に建てられ、パンノニア州の首都であった。琥珀の道として重要な交通の要衝。セプティミウス・セウェルスはパンノニア総督からローマ皇帝に選ばれた人である。458年、サヴァリアは地震で破壊された。17世紀にローマ・カトリックの司教の所在地となった。

« 平重盛の城跡「小松城」 | トップページ | 仙北市総合情報センター »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平重盛の城跡「小松城」 | トップページ | 仙北市総合情報センター »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31