無料ブログはココログ

« 幸福の700メートル | トップページ | 恐怖のジャガイモの芽 »

2012年3月12日 (月)

ボイントン・ビーチ・クラブ

Img_953969_18665888_3   「セックス・アンド・ザ・シティ」の女流監督スーザン・シーデルマンの作品に「ボイントン・ビーチ・クラブ」(2005)がある。老人の愛とセックスがテーマだが70年代女優カタログといった趣がある。ダイアン・キャノン(75歳)、ブレンダ・ヴァッカロ(72歳)、サリー・ケラーマン(74歳)。それぞれの代表作は「天国から来たチャンピオン」「真夜中のカーボーイ」「マッシュ」。ダイアン・キャノンは顔の皺はあるもののスタイルは衰えていない。ブレンダはやっぱり太った。でもみんな元気だ。ダイアンは若い頃ケーリー・グラントと結婚し、一児をもうけている。日本でも大竹しのぶ、関根恵子、秋吉久美子など集めてこんな映画できないか。

Brenda_vaccaro2010
 「真夜中のカーボーイ」(1969)のブレンダ・ヴァッカロ

« 幸福の700メートル | トップページ | 恐怖のジャガイモの芽 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸福の700メートル | トップページ | 恐怖のジャガイモの芽 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30