無料ブログはココログ

« うどんはなぜ「饂飩」と書くのか | トップページ | コンモドゥス帝暗殺 »

2012年2月22日 (水)

もう一人のトルストイ

51fhb67p9ql__sl500_aa300_

    福音館書店から発行している絵本「おおきなかぶ」は教科書に掲載されただけではなく、保育園や幼稚園、図書館などで子供の頃に誰もが一度は手にした絵本でしょう。(私の子供の頃はまだ出版されてなかったけれど) 表紙に「A.トルストイ再話」とある。大抵の日本人がトルストイと聞けば、「戦争と平和」のトルストイだと早合点する。だが文豪の名はレフ・二コラエヴィチ・トルストイである。略記すればL.N.トルストイで、明らかにA.トルストイとは同姓異人である。アレクセイ・ニコラエヴィチ・トルストイは「苦悩の中を行く」「ピョートル1世」など歴史小説を書いた作家である。「おおきなかぶ」は再話「ロシア民話集」の中の一編。

19788s
A.トルストイ(1883-1945)

« うどんはなぜ「饂飩」と書くのか | トップページ | コンモドゥス帝暗殺 »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うどんはなぜ「饂飩」と書くのか | トップページ | コンモドゥス帝暗殺 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31