無料ブログはココログ

« 忘れられぬ人々 | トップページ | ガイヤール城 »

2012年2月16日 (木)

「黒い乳房」と安保闘争

   新東宝映画「黒い乳房」の公開は1960年6月で、ちょうど安保闘争が空前の盛り上がりをみせていた頃だった。異父姉妹がキャバレーの姉、小畑絹子と看護婦の池内淳子。恋人、高宮敬二と菅原文太が2人に絡む。悪女の姉が社長の娘になりすますが、実は死刑囚の娘で、妹が本当の社長の娘。悪事が露見し、結婚式の日にヤクザの情夫に刺殺される。大時代のドラマの展開がむしろ新鮮にみえる。フランス映画「太陽がいっぱい」の翻案物。妖艶な美女小畑絹子は新東宝の看板スターだった。倒産後、他の俳優が活躍するなか、小畑絹子はなぜか不遇だった。

 

« 忘れられぬ人々 | トップページ | ガイヤール城 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忘れられぬ人々 | トップページ | ガイヤール城 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30