無料ブログはココログ

« 「八甲田山遭難事件」自殺と美談の形成 | トップページ | 在日米軍再編問題は「パンドラの箱」 »

2012年2月24日 (金)

ファンタジーは映画の王道

1154785118
「アルゴ探検隊の大冒険」(1963) 青銅の巨人タロス

    金曜特別ロードショー「アバター」の視聴率15.1%。地上波初のわりには低い。理由はわからない。最先端のVFX技術を駆使して、科学兵器と弓矢などの原始的な兵器の対決も面白い。3D技術によって映画界に新たな時代の幕開けをもたらしたともいわれる。

    アバター(Avatar)とは、サンスクリット語で「化身」を意味する「アヴァターラ」(avataara)を語源とし、主にインターネット・コミュニティーで自分の分身として使うキャラクターのことを指す。「広辞苑」第6版(2008)には当然ながら収録されていない言葉。

   ファンタジー映画といえば「オズの魔法使い」(1939)が代表とされるが、21世紀になって「ハリーポッター」シリーズの世界的ヒットで今や映画の王道といわれるようになった。「ロード・オブ・ザ・リング」(01)、「ライオンと魔女」(05)、「テラシビアにかける橋」(07)、「ライラの冒険、黄金の羅針盤」(07)、「カスピアン王子の角笛」(08)、「アスラン王と魔法の島」(10)。ジェームズ・キャメロンの次回作も「アバター2」だそうだ。

« 「八甲田山遭難事件」自殺と美談の形成 | トップページ | 在日米軍再編問題は「パンドラの箱」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「八甲田山遭難事件」自殺と美談の形成 | トップページ | 在日米軍再編問題は「パンドラの箱」 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30