無料ブログはココログ

« ベルト・モリゾ「夏の日」 | トップページ | 井出ノ小路の大ヒノキ »

2012年2月11日 (土)

快楽主義と禁欲主義

400pxplayboy_magazine_world_map_new
プレイボーイが販売されている国は赤、かつて販売されたことのある国はピンク

    雑誌「プレイボーイ」がアメリカのシカゴで創刊されたのは、1953年9月のことである。日本では集英社から日本語版も発売されているので、どんなにお堅い方でも男性なら一度は手にし、見たことがあるだろう。ところが世界では、販売はおろか持ち込みが禁止されている国も多い。全てのイスラム教国、あるいは仏教国、ヒンズー教国など宗教的理由や政治的理由からである。韓国、中国、インドなど比較的自由と思われる国でも販売されていない。意外なことだが、イギリス、カナダ、マレーシア、シンガポール、チリ、ペルーなどでも見ることはない。プレイボーイが販売されるのはアメリカ、日本、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、ロシア、アルゼンチン、ブラジル、ベネズエラ、コロンビア、フィリピン、インドネシアなど世界の半数以下である。しかしかってのプレイボーイ帝国といわれた時代は過ぎさり、いまでは発行部数は減少している。現在はヒュー・へフナーの娘クリスティーがCEO(最高経営責任者)になっている。

Hugh_hefner_200710

ヒュー・へフナー(85歳)は壮健。快楽主義と長寿は関係するのだろうか

Ellenstratton195912005
エレン・ストラットン

Lisawinters
リサ・ウィンタース

初期のプレイボーイはヌードもソフトだった。エレン・ストラットンやリサ・ウィンタース、名前を聞くだけで懐かしい

« ベルト・モリゾ「夏の日」 | トップページ | 井出ノ小路の大ヒノキ »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルト・モリゾ「夏の日」 | トップページ | 井出ノ小路の大ヒノキ »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31