無料ブログはココログ

« ローマ帝国と邪馬台国 | トップページ | 村の花嫁 »

2012年2月19日 (日)

璋子(たまこ)と得子(なりこ)

    大河ドラマ「平清盛」。目下、朝廷での主役は鳥羽上皇の皇后・中宮、璋子と得子。藤原璋子は藤原公実の娘で崇徳、後白河天皇の母。院号は待賢門院。得子は藤原長実の娘で1139年に皇子躰仁(なりひと)を生む。近衛天皇である。だが1155年に近衛天皇が若くして没したとき、得子はこれを崇徳上皇と藤原頼長の呪詛として、上皇の皇子重仁親王を退けて、後白河天皇を即位させた。これが保元の乱の原因となる。

    ところでドラマでは璋子を「たまこ」、得子を「なりこ」と呼んでいる。竹内理三の「武士の登場」(中公・日本の歴史6)では「しょうし」「とくし」とルビがある。最近の研究成果なのだろうか?。

« ローマ帝国と邪馬台国 | トップページ | 村の花嫁 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローマ帝国と邪馬台国 | トップページ | 村の花嫁 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30