無料ブログはココログ

« オスタンキノ宮殿とシェレメチェフ | トップページ | 平清盛、南都焼き討ち »

2012年2月17日 (金)

道をひらく

Sugawara20

    「仁義なき戦い」「トラック野郎」や任侠映画のイメージがある菅原文太だが、近年は文化講演会などの知的活動がめざましい。農業医学夏季大学の講演では「農業に用いる農薬や原発などは、化学の力に頼りすぎているのではないか」と有機農業の実践やがん闘病の体験談を語る。モデルから映画界に入ったことはよく知られているが、学生時代は仕送りもなくアルバイトで苦労したそうである。二コヨン、出版社の梱包・運送、バーテン、はてはインチキ神主など、ユニークな経歴の持主である。

    70年代のシラケ世代の代表的な女優秋吉久美子が早稲田大学大学院に入学したことも、人間は印象と異なることを示す一例である。熱心に勉学したようで、2009年には学位を取得している。

« オスタンキノ宮殿とシェレメチェフ | トップページ | 平清盛、南都焼き討ち »

「人生訓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オスタンキノ宮殿とシェレメチェフ | トップページ | 平清盛、南都焼き討ち »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31