無料ブログはココログ

« 意味のない偶然の一致 | トップページ | 浦佐の堂押 »

2012年2月28日 (火)

月形潔と樺戸集知監

00201_m Ssy3

  西南戦争後、明治政府の最重要課題は北海道の開拓だった。ロシアがクリミア戦争で敗北して南下政策が露骨になってくると、移民と屯田兵だけでは限界であった。そこで政府は北海道に国事犯・反乱分子を収監する集治監を建設し、開拓に当たらせるようにした。そして建設地選定を開拓長官・黒田清隆に依頼し、現地調査を当時内務省書記官だった月形潔(1846-1894)に指示した。月形は建設地をツベツブトに決め、明治14年8月に樺戸(かばと)集治監が完成した。2000人にのぼる囚人が収容され、この集治監の初代典獄に月形潔が就任した。この時、34歳という若さであった。

   この地は、背後にはヒグマが生息する樺戸の山々を従え、前面には原始の石狩川が広がる、逃亡不可能な自然の要塞だった。月形は官舎には住まず、受刑者と一緒に雑居房で生活した。さらに樺戸の村人とも交流を持ち、出所した元囚人の大工が村人の家を建てたり、監獄を中心に村は発展していった。そこで村人はこの村を「月形村」とすることを提案し、内務省も月形潔の業績を讃えて認め、「月形村」は明治14年7月1日、誕生した。これを聞いた月形は感激し、「この月形は死んでも、月形は死ぬことはない」と言った。

   なお新選組二番隊組長永倉新八は、杉村義衛と名を変えて、明治15年には樺戸集治監の剣術師範に招かれ、明治19年までその職にあったという。

    月形潔の従兄月形洗蔵(1828-1865)は、福岡枡木屋の町獄で斬首された勤皇党の領袖である。月形洗蔵と武市半平太から小説の月形半平太が生れた。時代劇俳優月形龍之介は月形半平太と机龍之介に由来する。

   北海道における集治監は、樺戸のほか、空知、釧路、網走、十勝に設置された。北海道には女囚はなく、労役が目的だった。原野の開拓、採炭、道路の開削、架橋など悲惨をきわめた囚人労働は、明治27年をもって廃止されたが、北海道開拓の尖兵として囚人たちは大きな役割を果たした。

« 意味のない偶然の一致 | トップページ | 浦佐の堂押 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

うまくコメントに該当する記事がみつけられなかったのですが、土方歳三と有山タカシが姻戚だったのは、知っていますか? いま手元に文献がないのですが、あとで調べて確認します。

土方は日野市石田に生まれたし、有山は日野市長だったからたぶん姻戚関係があるかもしれないですね。興味あるお話ありがとうございます。手元の本では、佐藤家、粕谷家、平家、井上家、小島家、橋本本家、橋本分家、金子家などで、有山との関係はみつかりませんでした。

紙の資料で探せなかったのですが、
http://www.shinsenhino.com/arcs/0000_news/000370.php
に、「有山市長は佐藤彦五郎(俊正)の孫であり、日野町町長も務めた有山亮氏の子でしたから、曾孫にあたります。」とあります。観光協会のページなので、もう少し典拠をとりたいので、紙で確認できましたら連絡します。googleで「佐藤彦五郎 and 有山 and 日野」で検索すると、血縁関係がある程度わかります。

Don't you understand that it is the best time to get the loans, which can make your dreams come true.

Set your life time easier get the credit loans and everything you want.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 意味のない偶然の一致 | トップページ | 浦佐の堂押 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31