無料ブログはココログ

« 快楽主義と禁欲主義 | トップページ | リメイク作品はオリジナルを超えられるか? »

2012年2月11日 (土)

井出ノ小路の大ヒノキ

Kohide

   知られざる神秘の山がある。井出ノ小路山(岐阜県中津川市)、標高1840m。阿寺山地の中でもとりわけ奥深い山には樹齢500年を越える大ヒノキが林立している。不入山といわれ江戸時代、樹木の伐採は厳しく禁じられた。尾張藩が管理し、内木家は山守(やまもり)として代々受け継がれた。現在も国有林として営林署が管理し、入山できない。ヒノキは10万本ともいわれるが、伊勢神宮や名古屋城のために伐採されるのは年間30本以内と定められている。

« 快楽主義と禁欲主義 | トップページ | リメイク作品はオリジナルを超えられるか? »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 快楽主義と禁欲主義 | トップページ | リメイク作品はオリジナルを超えられるか? »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31