無料ブログはココログ

« 佳人薄命 | トップページ | 学問に王道なし »

2012年2月 5日 (日)

第3の壁

Mankind

   アメリカの社会学者ロバート・リンダーは、人間個人の生活を、三つの壁で閉じ込められた三角形の空間にたとえている。第1の壁は避けることのできない「死の壁」である。第2の壁は、もって生れた肉体的、精神的な能力である。第3の壁は、われわれの「無知と愚かさの壁」である。ただし、この壁には鍵であけることのできるドアがついている。無知や愚かさは、経験や知識、技術などを本として蓄積することによって克服できるのである。

« 佳人薄命 | トップページ | 学問に王道なし »

「哲学・思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佳人薄命 | トップページ | 学問に王道なし »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31