無料ブログはココログ

« スイスの古城、バチアーツ城 | トップページ | 民の竈から煙が見えない »

2012年2月21日 (火)

スイスの古城、シヨン城

Delivrance_bonivard

    レマン湖畔に建てられたシヨン城 Chillon は大変有名の城である。バイロンの詩とクールベの絵画によるところが大きい。発音は英語読みだとシロンだが、現地ではフランス語読みにしてシヨンと言っている。日本ではむかしはシオンと表記するものも多い。

   16世紀の修道士フランソワ・ボニヴァル Francois Bonivard(1496-1540)がサボイ伯によってこの城に4年間も幽閉された。その話を1816年にここを訪れたバイロンが「シヨン城の囚人」と題する詩を作った。すると、この詩が広く愛唱されて一躍シヨン城は有名になった。画家のクールベもこの城を描き、たいへんポピュラーな作品となり、多くの贋作が世にでるほど人気であった。クールベは1874年から1876年にかけて22点のシヨン城をテーマとした作品を残している。

38b2f1b4888efafe936abb127f0cf471

329a2b58d4c0deaf30ae56bd3705740b_2

Aa9822d34d07f86a542c77739d31e8fb

Fba9e79c573be259867738c099208e41

Fde3089fa928c6f776f129b0d4636297

20090322_579701

« スイスの古城、バチアーツ城 | トップページ | 民の竈から煙が見えない »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スイスの古城、バチアーツ城 | トップページ | 民の竈から煙が見えない »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31