無料ブログはココログ

« モンゴル人の名前 | トップページ | 読書量が減った »

2012年2月18日 (土)

待賢門院堀河

    NHK大河ドラマ「平清盛」。鳥羽天皇の中宮璋子に仕える女房・堀河局(りょう)。西行とも親しい関係。歌人として有名でドラマでも百人一首80番の歌が詠まれていた。

長からむ心も知らず黒髪の乱れてけさはものをこそ思へ

    ひたぶるな愛に生きる女の姿があざやかに浮かんでくる。当時においては、女性の黒髪は今日では想像出来ないほどのいのちを含み、女性美の象徴でもあった。たとえば源氏物語、若紫の巻に「髪は扇をひろげたるやうにゆらゆらとして」「髪ゆるらかにいと長く」「こぼれかかりたる髪、つやつやとめでたう見ゆ」等、紫ノ上をたたえるにすべて髪の美しさを通して語られている。「長からむ」の歌は女性らしい実感を強く歌い上げ、かつその不安ななやみもみれる。官能の香りの強い歌である。

« モンゴル人の名前 | トップページ | 読書量が減った »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モンゴル人の名前 | トップページ | 読書量が減った »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31