無料ブログはココログ

« 来年は式年遷宮 | トップページ | やっぱりオルセー美術館は最高 »

2012年2月25日 (土)

有栖川宮家断絶

   有栖川宮家は、寛文12年(1672)6月8日、幸仁親王が有栖川宮という宮号に改称したことに始まる。9代熾仁は戊辰戦争において東征大総督として参加、官軍を率いて東下した。その後、明治28年、日清戦争において、広島大本営に下るが、この地で腸チフスを発病し、神戸舞子で薨去した。明治41年4月、10代威仁親王の子、栽仁王が病没し、大正2年7月には、当主の威仁親王が薨去した。旧皇室典範の規定により、威仁親王妃の病没(大正13年)後、妃の1年祭以後に廃絶となった。

« 来年は式年遷宮 | トップページ | やっぱりオルセー美術館は最高 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来年は式年遷宮 | トップページ | やっぱりオルセー美術館は最高 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30