無料ブログはココログ

« アルクイユの水道橋 | トップページ | 快楽主義と禁欲主義 »

2012年2月11日 (土)

ベルト・モリゾ「夏の日」

Natunohi
 ベルト・モリゾ  夏の日  1879年

    19世紀後半、女性の社会進出は限られており、ましてや画家になるのは困難をきわめた。パリのエコール・デ・ボザールも、1897年まで女性の入学を許していなかった。そんななか、裕福な家に生れたベルト・モリゾ(1841-1895)は、家族の理解にも恵まれ、画家として成功する。コローに師事して風景画を習ったのち、マネと知り合い、身近な人々を観察することの大切さを教わる。夏の強い日差しを浴びた光の描写がモリゾの特徴である。

« アルクイユの水道橋 | トップページ | 快楽主義と禁欲主義 »

今日の名画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルクイユの水道橋 | トップページ | 快楽主義と禁欲主義 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31