無料ブログはココログ

« コスタリカと日本 | トップページ | 絆される »

2012年2月26日 (日)

仰いで天に愧じず

E5ad94e5ad90

    自分の行いが正しく、天に対しても何ら恥じることがないこと。「孟子」尽心に見える。君子には三つの楽しみがある。第一は、「父母が健在で兄弟にも何事もないこと」、第二は、「天や人に恥じる後ろめたい点がないこと」、第三は、「天下の英才を集めて教育すること」。ここから「育英」「教育」の語が生れた。関連語「仰いで天に愧ぢず、俯して人に怍ぢず」「俯仰天地に愧じず」など。

« コスタリカと日本 | トップページ | 絆される »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コスタリカと日本 | トップページ | 絆される »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31