無料ブログはココログ

« スイスの古城、エーグル城 | トップページ | 「八甲田山遭難事件」自殺と美談の形成 »

2012年2月24日 (金)

江釣子古墳群

20100926ezuriko_kofun

  江釣子古墳群(岩手県北上市)は和賀川北岸に位置する五条丸、猫谷地、八幡、長沼の各古墳群を総称したもの。直径6~15mの円墳が130基以上もある。また河原石を積んで北側に立石を立て、そこに頭部がくるように埋葬した横穴式石室に縄文時代の信仰がうかがえる。副葬品には勾玉、切り子玉、蕨手刀、直刀、馬具など数多く出土している。金銀箔を貼ったガラス玉は、国内でも数例しかない貴重な出土品で、古代に大陸との交易があったことを推測させる。江釣子の地名はアイヌ語の「カムイへチリコ」(神々の楽園)という意味。7から8世紀の古墳時代末期、東北の地に独自の蝦夷文化が誕生したことをうかがわせる。

« スイスの古城、エーグル城 | トップページ | 「八甲田山遭難事件」自殺と美談の形成 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スイスの古城、エーグル城 | トップページ | 「八甲田山遭難事件」自殺と美談の形成 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31