無料ブログはココログ

« ホイットニー・ヒューストン急死 | トップページ | 翻案それとも盗作? »

2012年2月13日 (月)

「平清盛」は本当に災いの種だった

20120127_2344710

    NHK大河ドラマ「平清盛」の視聴率の低下が止まらない。毎回楽しみに見ているが、ドラマが活気があってよい出来栄えである。盛り上がらない第1の理由は、平清盛が活躍した平安末期が現代人からは想像しにくく、親近感がないからだろうか。第2は、ヒーローが義経ではなく、アンチヒーロー清盛で、無理矢理に善玉にしたてた作品では感情移入しにくい。第3は清盛の子、重衡が東大寺、興福寺を焼いたことに仏罰。第4は、崇徳院の崇り。第5は、ツーリズム、地域振興という美名に借りた商法への反感。大河ドラマの舞台=観光地、経済振興、という図式にもうイヤ気をさしているのだ。「柳の下にいつも泥鰌はおらぬ」という。同じ方法で、いつも上手くいくと思ってみても、そうはいくまい。この諺の類は、世界各国にある。英語表現にも似たものがある。

A fox is not taken twice in the same snare.(同じ罠で狐を2度捕らえることはできない)

There are no birds in last year's nest.(去年と同じ巣に小鳥はいない)

« ホイットニー・ヒューストン急死 | トップページ | 翻案それとも盗作? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホイットニー・ヒューストン急死 | トップページ | 翻案それとも盗作? »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30