無料ブログはココログ

« 生き様 | トップページ | 体育の四原則 »

2012年2月20日 (月)

口語自由律短歌の未来

    57577の定型短歌ではなく、口語自由律短歌という現代語の自由な表現方法で「新短歌」とか「前衛短歌」と呼ばれるものが戦後多く生れた。最近も若い歌人が活躍しているらしい。ゼロ年代短歌と呼ぶ人もいる。2000年から2009年の間に発表された作品である。3首あげる。

雨の県道あるいてゆけばなんでしょう
ぶちまけられてこれはのり弁 (斉藤斎藤)

ハロー夜 ハロー静かな霜柱
ハロー カップヌードルの海老たち (穂村弘)

3番線快速電車が通過します
理解できない人は下がって (中澤 系)

« 生き様 | トップページ | 体育の四原則 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生き様 | トップページ | 体育の四原則 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31