無料ブログはココログ

« 健康なとき駄作を書き、病床で傑作をものにした作家 | トップページ | 「黒い乳房」と安保闘争 »

2012年2月16日 (木)

忘れられぬ人々

Flr2

    篠崎誠監督の映画「忘れられぬ人々」(2000)は、シュールとでもいうべき不思議な味わいの作品に仕上がっている。3人の戦友たちの老後を描いているのだが、いわゆるありきたりな病気と生死だけではなく、現代社会の矛盾など変わった視点で問いかけている。後半から霊感商法で被害に遭う老人が出て、日本刀で会社に復讐する壮絶なラストは異様ともいえるが、三橋達也、大木実ならそれを期待するファンもいるだろう。突貫小僧の青木富夫が暗くなる映画にユーモアをかもしている。老優をよく知っている日本人が見ると面白いと思っていたら、意外に俳優のことなど全然知らない海外の人がこの映画をみると、新鮮な感動があるらしい。映画とは不思議なものである。内海桂子が「私たち死んだら思い出もなくなっちゃうのかしらねぇ」というセリフがあるが、そんなことはない。3人の俳優の名演技は深く心に残っている。

D79855f0d7d082b285104c107b6e300e
青木富夫(左) 「突貫小僧」(昭和4年)

« 健康なとき駄作を書き、病床で傑作をものにした作家 | トップページ | 「黒い乳房」と安保闘争 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 健康なとき駄作を書き、病床で傑作をものにした作家 | トップページ | 「黒い乳房」と安保闘争 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31