無料ブログはココログ

« ルビコンを渡る | トップページ | 第3の壁 »

2012年2月 5日 (日)

佳人薄命

Photo

    市川森一の「蝶々さん」を見る。お話は基本的にはプッチーニの歌劇と同じで、蝶々さんは自害して果てる。理不尽なストーリーには納得いかない視聴者も多いだろが、これより変えようはあるまい。つまり佳人薄命と諦めることである。昔からか容姿が美しい人は不幸なことが多く短命である。蘇軾の詩に「古きより佳人は多く命薄く、門を閉じて春尽き、楊花落つ」とある。虞美人、趙飛燕、楊貴妃、椿姫などヒロインは薄命ほど美しさがきわだつ。英語では、「The fairest flowers soonest fades.」

« ルビコンを渡る | トップページ | 第3の壁 »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルビコンを渡る | トップページ | 第3の壁 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30