無料ブログはココログ

« 待賢門院堀河 | トップページ | 道鏡の虚像と実像 »

2012年2月19日 (日)

読書量が減った

Y7f3lal6kqfq024pvshjfp4jo1_500

    平成になってから国民全体の読書量はたしかに減ったと感じる。おそらくこれはインターネットの普及と関連するだろう。たしかにネットは調べるには便利な道具だ。ただこれによって、容易に情報が入手できるため、人は面倒で苦痛をともなう本をじっくりと読むという時間は少なくなってきた。雑誌やマンガの軽読書はしても、専門書を読破するという作業は減った。研究者もパソコンに向かう時間は増えても、読書時間そのものは減っている。これは明らかに知性の低下現象である。新刊書店の本をみても、わかりやすく書いた入門的な本、中身のないスカスカの本がよく売れている。

« 待賢門院堀河 | トップページ | 道鏡の虚像と実像 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 待賢門院堀河 | トップページ | 道鏡の虚像と実像 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30