無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

世界のことわざ

1106_1_present

    京都大原で200種類のハーブを育て、手づくりの暮らしを実践しているベニシア・スタンリー・スミスさんが好きである。美しい英語と日本語とを話し、すばらしい言葉が次々とでてくる。NHKあさイチで聞いた諺をメモしておいた。

人生は40歳から始まる。

Life begins at forty.

嵐が通り過ぎるのを待っているのではなく、雨の中で踊りなさい。

困難によって人は宝石のように輝く。Difficulties make you a jewel.

最後の成句に関し、司会者が「良い言葉ですね」というと、ベニシアさんは「日本のことわざなんですよ」と。

あとで考えると「艱難汝を玉にす」というのがある。明治の頃、イギリスの「Adversity makes a man wise.」(逆境は人を賢くす)からきいてると知る。日本人はイギリスのことわざをたくさん輸入している。

    このほかイギリスの有名なことわざを一つだけ紹介する。

結婚は悲しみを半分に喜びを2倍に、そして生活費を4倍にしてくれる。Marriage halves our griefs,doubles our joys,and quadruples our expenses.

    このほか世界には変なことわざもある。

自分の糞は臭くない(サーミ)

人は自分の放つ悪臭には鈍感なものである。他人にはすぐ目につく欠点だが、本人はなかなか自分の欠点に氣がつかない。

牛乳を飲む人よりも、これを配達する人のほうが健康だ。(小出義雄の言葉か?)

リウム・サムソン美術館

54f5fc2b61d15d90_s

    エルピーダ破綻。サムソンに負けた。大財閥サムソンに遺産争い。このところサムソンの記事を見ない日はない。ソウル市龍山区漢南洞にあるリウム・サムソン美術館。スイスのマリオ・ポッタ、フランスのジャン・ヌーヴェル、オランダのレム・コールバース、3人の世界的建築家の個性が調和した贅沢な空間である。

ああ、うらやまし、年の差結婚

W427747view   加藤茶(68歳)の新婦綾菜夫人(23歳)、実に46歳差である。ドリフではかつて荒井注、仲本工事も年の差の再婚だった。堺正章(65歳)も今年22歳下の女性と再婚した。石田純一は東尾理子と再婚。三田村邦彦は26歳差の女性。萩原健一は12歳下のモデル冨田リカと再婚。郷ひろみは24歳差の徳武利奈。古くは上原謙が38歳の元クラブ歌手大林雅美と再婚したときは週刊誌をにぎわせた。「砂の器」の老優加藤嘉、小沢栄太郎、レオナルド熊なども記憶にのこる。海外ではウッディー・アレンが35歳年下のスン=イ・プレヴィンと再婚している。

オルセー美術館のガラスのベンチ

005_orsay

    先日BS「天海祐希パリと女と」を見ていると、オルセー美術館のガラス製のベンチ「Water Block」は日本人デザイナーが製作したものだという。吉岡徳仁。2011年米国誌Fast Company「世界で最もクリエイティブな100人」の1人に選ばれている。東京都美術館シンボルマークとロゴも吉岡徳仁。何でもかんでも吉岡徳仁。♪佐渡へ佐渡へと草木もなびく~。

ブンディのココナッツ煮

Photo_3

    ブンディとは大きめのバナナ。小さく切って茹でて、冷まして茹で汁と一緒に食べる。甘くて美味しい。南太平洋のほぼ中央に位置するフィジー共和国の料理。国旗にもバナナがある。

Fijiflag

「白い羽」カルロス・ハスコック

Tumblr_lpe4rgckie1qkrl62o1_500

    ベトナム戦争で活躍した狙撃兵カルロス・ハスコック(1942-1999)は「白い羽」(White Feather)、ベトナム語で「Long Trang」と呼ばれて恐れられた。北ベトナム軍は彼に3万ドルという破格の賞金をかけて抹殺しようとしたが、殺すことができなかった。コブラとよばれたスナイパーとの対決では、敵の照準器を貫通して弾丸を眼窩に命中させたという伝説がある。ベトナム戦争で公式には敵兵を93名射殺したとされるが、推定では300名以上を射殺していると伝えられる。映画「山猫は眠らない」のベケット曹長(トム・ベレンジャー)はハスコックがモデルといわれる。

菅政権とは何だったのか

    東日本大震災からもうすぐ1年。震災原発事故の議事録未作成の問題は「認識が不足していた」と。原発事故対応は「備えがなかったという意味で大失敗だった」と。なんでも一言でおしまいになる。現在、同行二人の菅笠に白装束で四国霊場巡りを再開する菅直人の表情はなぜか明るかった。専門的な知識を欠いた泥縄的な対応で事態を悪化させた菅政権とは何だったのか。

盛美園

C0171980_3424092
盛美館

    盛美園(青森県平川市遠賀)。地主で実業家の清藤盛美(1847-1915)が明治末年につくった武学派の池泉回遊式庭園。作庭者は小幡亭樹。和洋折衷の盛美館の北側に広がる庭は、枯池と池泉の二段とし、池泉には蓬莱の松を植えた神仙島を配している。アニメ「借りぐらしのアリエッティ」のモデルといわれ来園者が急増している。

盛美園保存整備事業報告書 清藤茂夫 2001

「別冊太陽128 日本の別荘・別邸」 2004

「週刊日本庭園をゆく11」 小学館 2005

「盛美園の四季」 伊藤勝之 名勝盛美園 2006

南太平洋の国々 漢字表記

Pacificniuemap
 日本と国交がない国 ニウエ

オーストラリア  澳大利亜

ソロモン諸島    所羅門群島

ツバル      図瓦盧

トンガ       湯加

ナウル      瑙魯

ニウエ      紐埃島

サモア      薩摩亜

ニュージーランド 新西蘭

バヌアツ      瓦努阿図

パプアニューギニア 巴布亜新幾内亜

パラオ       帕労

フィジー      斐済

マーシャル諸島 馬紹爾群島

ミクロネシア連邦 密克羅尼西亜連邦

    ミクロネシアのチューク諸島は、日本統治時代はトラック諸島(都洛諸島)と呼ばれ、春島(モエン島)、夏島(デュブロン島)、秋島(フュファン島)、冬島(ウマニ島)、婚島(ジープ島)、月曜島(ウドット島)、火曜島(ファラベケット島)、水曜島(トル島)、木曜島(パタ島)、金曜島(ポレ島)、土曜島(オナムエ島)などの地名がある。

カッタイのカサウラミ

5757013ragazzinachesulpratoestivotr 

   「いろはかるた」の「か」の文句「かったいのかさうらみ」という意味はなんだろう。隣のベットの人は「あなたは2~3ヵ月の命です」と医師から告げられた。そして自分は「あなたは今週くらいしか生きられません」と医師に告げられた。私は隣のベッドの人を羨ましく感じた。自分よりわずかでも良い境遇の者を羨むたとえを「癩眉(かったい)の瘡(かさ)うらみ」という。もともとは癩病患者が梅毒患者を羨むことからきているという。

2012年2月28日 (火)

沈黙する目撃者たち

4791766083

    夜中に、近所で悲鳴が聞こえたら、あなたならどうするだろうか?すぐに警察に通報するか、それとも蒲団をかぶって、知らぬふりして寝てしまうだろうか。

    1964年、ニューヨークで深夜、キティ・ジェノヴィーズという若い女性が暴漢に襲われた。35分間も暴行は続き、その地域の住民が38人いたが、誰も通報せず、そのうち彼女は殺されてしまった。目撃者が大勢いたのに何故通報しなかったのか。早く通報していたら彼女は助かっていたかもしれない。他人の人が見ているから、私が連絡しなくてもいい、と自分の責任が分散される。日本でも衆人環視の殺人事件はこれまで何度かある。浅沼稲次郎刺殺事件(1960年)、豊田商事の永野一雄刺殺事件(1985年)、村井秀夫刺殺事件(1995)。いずれも大勢の報道陣が見守る中で起こった事件である。秋葉原通り魔事件(2008年)では、事故現場を写真撮影する傍観者に批難の声が上がった。これより前に紫雲丸事故(1955年)で報道カメラマンが助けを求める乗客を撮影した写真が新聞に掲載され問題となった。人命救助か、報道を優先するのか。今回の東日本大震災でも報道関係者は人命よりも報道優先だった。中国に「三人寄れば、無責任」という諺がある。

なぜ北海道の地名は記憶しやすいのか?

Img_983348_55131691_0

    東京を除いて全国47都道府県で北海道の地名が一番よく口に出して出てくる。札幌、函館、室蘭、小樽、苫小牧、旭川、小樽、根室、釧路、網走、北見、稚内、帯広、富良野、夕張、登別、留萌、十勝、天塩、襟裳、知床、積丹、岩見沢、美唄、千歳、江別、紋別、名寄、石狩など普通の人でも10や20はスラスラいえる。これが鳥取県、和歌山県だと幾つ言えるだろうか。

    難読地名も多いがそのユニークな響きが魅力の一つである。

忍路、長万部、倶知安、択捉、馬主来、濃昼、花畔、妹背牛、音威子府、火散布、安足間、留辺蕊、大楽毛、和寒、弟子屈、標茶、興部、稀府、神恵内、比内、寿都、国縫、一巳、椴法華、然別など。

モルモン教とロムニー

Mittromneyprofilepic

    一般に日本でモルモン教が知られるようになったのは、1970年の大阪万博からだろう。「モルモン館」は神秘的な中に敬虔な雰囲気に包まれ記憶に残るパビリオンだった。その後、日本では信者が一挙に12万人に増加した。アイドル斉藤由貴がモルモン教徒というのも話題になった。2002年冬季五輪ソルトレイクでもモルモン教が話題に出た。新興宗教というと批判も指摘される。一夫多妻というのも創設者のジョセフ・スミスの頃のことで、現在では主流派はもちろん一夫一婦制である。(分派として一部には原理派がいるらしい)酒、煙草の禁止、家庭を大切にする、敬虔な信者が多い。ケント・ギルバートやケント・デリカットをみればわかるだろう。いま人気の政治家ウィラード・ミット・ロムニーがモルモン教徒なのは有名な話。容姿・知性・学歴などパーフェクトな大統領候補。「恐ろしいほど完璧な大統領候補」というのが長所でもあり欠点でもある。全てが信仰からきていることは言うまでもない。もし彼が大統領になれば日本人のモルモン教に対する考えも大きく変わるかもしれない。国立国会図書館の蔵書検索すると、こんな本が見つかった。内田融の「モルモン宗」、文明堂から明治35年1月に刊行されている。日本にモルモン教が伝わって110年以上が経つのである。

冒険ダン吉はミクロネシアにいた

Nakayama1
 トシオ・ナカヤマ

    谷川俊太郎の詩に「ひとくいどじんのサムサム」というのがある。むかしはこれに曲がついて童謡としてNHKで流れていたが、いま聞くことができない。人食い土人がいて、お腹がすいたので亀の子たわしを食べて、次に隣に住んでいる自分の友だちを食べて、最後に自分を食べて、とうとう「ひとくいどじんのサムサムはいなくなった」という話である。ある評論家は「核時代の人類滅亡を警鐘したもの」として高く評価されたが、「土人」という言葉が差別語となって陽の目をみなかった。思えば、戦前までは「南洋の土人」といのは身近な存在だった。漫画「冒険ダンくん」は王冠をかぶり腰蓑をまとい、黒人の土人たちを従える。舞台は黒人や像が登場するのでアフリカのようであるが、実際はミクロネシアの小島と思える。ミクロネシア、むかしのトラック諸島はヴェルサイユ条約で日本の委任統治となり、1922年にパラオに南洋庁が置かれた。ミクロネシアには現代も多くの日系人が住んでいる。4代目、5代目になるらしい。ミクロネシアの初代大統領トシオ・ナカヤマ(1931-2007)は日本人の父と酋長の娘マルガレッタとの間にチューク島(秋島)で生れた。1979年アメリカから独立して初代大統領として2期8年努めた。現在の大統領マニ・モリも酋長の一族だった。

浦佐の堂押

0019795921_m

  新潟県南魚沼市浦佐で毎年3月3日、「毘沙門堂裸押合祭り」が行われる。五穀豊穣、除災招福を祈念する800年も続く歴史ある祭りで、日本三大奇祭の一つとされる。大祭の夜、普光寺の毘沙門天の本尊が年に1度、唐戸が開いて姿を現すや、大ロウソクが点火され、多数の裸の信者が堂に入り、やがて押し合いとなる。午後8時、1回目の福物撒与があり、これが何度となく繰り返されたあと、ササラすりの神事で祭りは終わる。鈴木牧之は「北越雪譜」に「押といふは誰ともなくサンヨウ、サンヨウと大音に呼ばる声の下に、堂内に充満たる老若男女ヲヲサイコウサイとよばはりて北より南へどろどろと押す、又よばはりて西より東へおしもどす」と記している。

月形潔と樺戸集知監

00201_m Ssy3

  西南戦争後、明治政府の最重要課題は北海道の開拓だった。ロシアがクリミア戦争で敗北して南下政策が露骨になってくると、移民と屯田兵だけでは限界であった。そこで政府は北海道に国事犯・反乱分子を収監する集治監を建設し、開拓に当たらせるようにした。そして建設地選定を開拓長官・黒田清隆に依頼し、現地調査を当時内務省書記官だった月形潔(1846-1894)に指示した。月形は建設地をツベツブトに決め、明治14年8月に樺戸(かばと)集治監が完成した。2000人にのぼる囚人が収容され、この集治監の初代典獄に月形潔が就任した。この時、34歳という若さであった。

   この地は、背後にはヒグマが生息する樺戸の山々を従え、前面には原始の石狩川が広がる、逃亡不可能な自然の要塞だった。月形は官舎には住まず、受刑者と一緒に雑居房で生活した。さらに樺戸の村人とも交流を持ち、出所した元囚人の大工が村人の家を建てたり、監獄を中心に村は発展していった。そこで村人はこの村を「月形村」とすることを提案し、内務省も月形潔の業績を讃えて認め、「月形村」は明治14年7月1日、誕生した。これを聞いた月形は感激し、「この月形は死んでも、月形は死ぬことはない」と言った。

   なお新選組二番隊組長永倉新八は、杉村義衛と名を変えて、明治15年には樺戸集治監の剣術師範に招かれ、明治19年までその職にあったという。

    月形潔の従兄月形洗蔵(1828-1865)は、福岡枡木屋の町獄で斬首された勤皇党の領袖である。月形洗蔵と武市半平太から小説の月形半平太が生れた。時代劇俳優月形龍之介は月形半平太と机龍之介に由来する。

   北海道における集治監は、樺戸のほか、空知、釧路、網走、十勝に設置された。北海道には女囚はなく、労役が目的だった。原野の開拓、採炭、道路の開削、架橋など悲惨をきわめた囚人労働は、明治27年をもって廃止されたが、北海道開拓の尖兵として囚人たちは大きな役割を果たした。

意味のない偶然の一致

   心理学者のユングがシンクロニシティ(synchronicity)の存在に気づいたのは、ある若い女性患者の夢の話を聞いているときだった。彼女が夢で黄金のスカラベ(コガネムシ)をもらったと告白したとき、部屋の窓をコンコンとたたく音がした。ユングが振り向くと、窓にコガネムシがいた。とっさにユングは窓を開けてコガネムシを捕まえた。「あなたのコガネムシがここにいますよ」ユングは彼女にしめした。物事を合理的にしか考えない彼女はこの偶然の一致があってからというものは、ユングの意見もよく聞くようになり、治療もはかどるようになったという。ユングが説くシンクロニシティとは「意味のある偶然の一致」のことである。ユング心理学は難しい。

    反対に「意味のない偶然の一致」にはどんなものがあるのだろうか。朝ドラ「こころ」のヒロイン中越典子。舞台は新潟。その翌年、中越地震。「なかごし」と「ちゅうえつ」だが奇妙な一致だった。金本知憲の連続試合全イニング出場1492試合とコロンブス新大陸発見1492年とは、たわいのない偶然の一致であろう。2月22日の午前2時22分に生れた佐々木主浩は平成2年に背番号22でデビューした。野球のボールの縫い目と除夜の鐘の数は同じ108。阪神大震災、アメリカ同時多発テロ、東日本大震災、いずれも46分。リンカーンが暗殺されたのはフォード劇場、ケネディが暗殺されたのはフォード車。

ゴルチュンの法典の3身分制

   クレタ島の都ゴルチュンには紀元前450年頃にできた市民法典を刻んだ石碑が残っている。12の石版をつなげた長さは9メートルにも及ぶ。その一部はルーブル博物館にあるが、ほとんどはそのまま現地に保存されている。そのころのポリス社会の身分構成は大きく3つに区分されていた。市民エレウテロイ(自由人の意)、アペタイロイ(市民を組織する下部集団)、奴隷(ドロイ)の3身分に構成されていた。市民とアペタイロイは自由民であるが、アペタイロイは戦士市民の共同食事に加わる資格を失った脱落市民、在留外人、解放奴隷などであろうと推測する。これとは対照的に古典期のアテネは、アペタイロイのような中間的隷属者を全く欠き、ミケーネ時代の小ポリスが先進地域として大きく発展を遂げた。

2012年2月27日 (月)

アカデミー賞発表

99b1bce4610611e1b7ada711bc3d9b8e493

    ハリウッド映画界最大の祭典、アカデミー賞。その模様はテレビ中継もされているが視聴率はあまり高くない。ジャン・デュジャルダンというフランスの俳優が主演男優賞。主演女優賞のメリル・ストリープは助演も含め3回目のオスカー。作品賞「アーティスト」は初のフランス映画。また白黒無声映画は第1回受賞作「つばさ」以来、実に84年ぶり。アカデミー賞のすごいところは第二次世界大戦中においても中断されることなく継続されたことだろう。ただし、ここ数年、アメリカ国民の間にもアカデミー賞への関心は低下している。「ハリーポッター」が受賞されなかったことに関してメディアは批判している。「映画館に足を運ぶ若者たちに愛されているシリーズを冷たくあしらったことで、ハリウッドは自ら不幸の元凶を行った」とNBCニューヨークのブログは書いている。また映画誌は「ドライブ」とその主演俳優のライアン・ゴズリングが主要部門で無視したことに対して強く批難している。

幸福なんです。「うん、何?」

    島根県東部に雲南市という名の地名がある。中国の雲南省とは無関係だ。出雲国の南部に因む。ここで、1996年、39個の大量銅鐸が出土された。加茂岩倉遺跡といって日本史では有名である。映画「うん、何?」を製作したり、市のPRをやっているがイマイチ全国的に知られていないような気がする。

北緯35度線が通る町

Koseicho1
東西を通る北緯35度線の中心地点が湖南市の森北公園にあるモニュメント

    日本列島の東西のほぼ中心、標準子午線(東経135度)が通る兵庫県明石市。では南北のほぼ中心になる北緯35度を通る町はどこだろう。最西端は島根県江津市ー岡山県新見市ー岡山県美作町ー兵庫県西脇市ー京都市四条河原町ー滋賀県大津市ー愛知県知多市ー千葉県館山市、そして最東端が千葉県南房総市。

Photo_2
 光州

Ko0501353
 釜山

Sdly_2
 山東省臨沂

    世界では北緯35度線上を通る大都市は意外に少ない。近くに位置する都市として、韓国では釜山、光州、中国では臨沂、洛陽、アメリカではチャタヌーガ(35度4分)、アルバカーキ(35度6分)。

諸色高直(しょしきこうじき)

    「諸色」とは物価のこと。諸式とも書かれる。つまり物価騰貴のこと。本居宣長の日記に「諸色高直世上困窮」とある。この言葉、近ごろほとんど使われない。「諸式」には「いろいろな品物」という意味もある。古風に感ずるが、「諸式万端」(しょしきばんたん)は今日でも使われている。

違いがわからない男

 パリ・オルセー美術館にあるクロード・モネ、カミーユ・ピサロ、アルフレッド・シスレー、この3人の画家の作品の類似と相似またその差異については、美術専門家ですら、とまどうことがある。川面に光りがあふれ、木々に木漏れ日が差し、風のそよぎが感じられる詩情ある風景画。ではアルマン・シルヴェストリの言葉を借りよう。

「一見したところ、モネの作品とシスレーの様式とピサロの様式を区別するのは難しい。しかしすこし検討すれれば、モネが一番技術的に優れかつ大胆であり、シスレーが一番バランスがとれていて、かつ臆病であり、ピサロが一番率直かつ素朴であることが分かるようになる」と語っている(1873年にデュラン・リュエルが刊行した印象派コレクション集)。

では3人の代表的な作品を並べてみよう。

7293941
 モネ 「アルジャントゥイユのひなげし」

20002726_v1330190238
 ピサロ 「シャンポンヴァルの風景」

Photo
 シスレー 「モレのロワン河岸」

    モネが一番具象から抽象への度合いが高くみられ、色彩は原色に近い。ピサロは点描の技法がみられ、牧歌的な印象が感じられる。シスレーは「空の画家」といわれるほど画面構成において空の割合が高く、風景全体をワイドでとらえる傾向がある。

スイスの古城、シュピーツ城

 スイスの中西部に位置するシュピーツ Spiez 城は、トゥーン湖の南岸、ベルナーオーバーラントにある町。11世紀に創建されたシュピーツ城は町のシンボルとなり、観光客が絶えない。現在、城の一部は博物館として公開している。

京の遊女と新選組

Sbsh00041

    本日は「新選組の日」。この日が京都守護職・松平容保が浪士組を会津藩御預りとする建白書を提出した日だそうだ。当初は手当など支給されることなく、商家などに出向き献金させていた。給金が支給されるのは文久3年の暮れから。近藤勇50両、土方歳三・山南敬助40両、沖田総司30両、他平隊士は10両が支給されたとある。

    壬生の屯所から島原角屋は近い。島原をはじめ、祇園新地、二条新地、北野上七軒、新三本木などそれぞれの京洛の遊里は、活況を呈するようになった。従来の京町人を中心とした顧客に加えて、諸国より来集してきたかなりの浮動人口が、何かにつけて、遊里を利用したからである。壬生浪士隊こと新選組が島原などで豪遊したことは映画、ドラマなどでお馴染みである。芹沢鴨の行動は目に余るものであったようだ。若い沖田総司は廓あそびと無縁のようにドラマでは描かれているが、井上松五郎の文久3年4月22日付の日記では土方歳三らと遊里に行くとあるので、沖田も例外ではないかもしれない。

2012年2月26日 (日)

人生は朝露の如し

19300000338583131208937991252_950

  人の一生は、朝に降りた露が日が昇るとともに消えるように、はかなくもろく短いものである。この「人生は朝露の如し」は、漢の武将、李陵が友人蘇武に与えたことばの中に見える。蘇武は匈奴の捕虜となりながらも降伏せず、苦節19年、ついに漢に帰って栄誉を受けた人物である。その蘇武に、彼とは対照的に早く匈奴に降伏した李陵が与えたことばが「はかない人生、どうして自ら苦しむことがあろうか」というものであった。蘇武はのちに許されて帰国するが、李陵はそのまま匈奴のもとに残り、その地で一生を終えることになる。

絆される

   2011年の「今年の漢字」が「絆」だったせいか、近ごろ「絆」という文字がやけに目につく。「絆ほっこり東北の鍋」という番組名がある。「絆」も「ほっこり」も人気ある言葉を巧みに並んでいる。「絆」はよく知られた漢字なのに、なぜか「絆される」という文字を読めない人が多い。「ほだされる」と読む。「束縛される」「からみつかれる」という意味。「情にほだされる」と使う。ホダシとは、馬の脚に縄をからませて歩けなくすること、またその縄をホダシといった。人についても手足にかける鎖や枠など、すなわち手カセ、足カセである。「絆」を「きずな」と読むときも「恩愛の絆を断ち」(沙石集)というように「断つ」が後に続くことが多かった。「絆」の語感も様変わりするものである。

仰いで天に愧じず

E5ad94e5ad90

    自分の行いが正しく、天に対しても何ら恥じることがないこと。「孟子」尽心に見える。君子には三つの楽しみがある。第一は、「父母が健在で兄弟にも何事もないこと」、第二は、「天や人に恥じる後ろめたい点がないこと」、第三は、「天下の英才を集めて教育すること」。ここから「育英」「教育」の語が生れた。関連語「仰いで天に愧ぢず、俯して人に怍ぢず」「俯仰天地に愧じず」など。

コスタリカと日本

Oscarariassanchez
 オスカル・アリアス・サンチェス

   コスタリカが地球のどこにあるか即答できる人は地理に詳しいかただろう。中央アメリカ、北をニカラグア、南をパナマに挟まれた国である。国土の面積は約5万1100k㎡で、九州と四国を合わせたより小さい。コスタリカは親米政策の国にもかかわらず、1983年にモヘン大統領は非武装・永世中立国を宣言した。1987年、レーガン大統領から再軍備提案を受けたが、アリアス大統領は拒否し、非武装を貫いた。2004年には、コスタリカ裁判所はイラクへの軍事介入の同盟国に参加するのは憲法違反であるとしている。つまり平和憲法をなしくずしにする日本と大きく異なり、アメリカに対してNO!と言える国である。もちろん現在の日本がコスタリカのように非武装・永世中立国への道を選択することは夢物語として一笑に附されるだろう。中国の古典「書経」にも「偃武」(えんぶ)という語がみえる。戦争をやめて天下が本当の平和になることをいう。だが永世中立国は他国からの軍事的脅威に遭えば自国で解決しなければならず、通常、スイスのように巨大な軍事力を保有することが多い。コスタリカは完全な非武装国で、なくなった軍事費をすべて教育費に回している。むしろ日本では天皇制を基本に新たなる右翼勢力が台頭し、憲法改正論議も浮上している。これは自衛隊が1992年のPKO協力法の成立により、後方支援を目的とした派兵が合法化されたからである。そして国民の支持をバックに大阪市長が「憲法改正を国民投票で」などという提案をしている。敗戦直後の国民の願いは恒久平和であったはずだ。安保など同盟条約や米軍基地問題が懸案の課題である中、国民の良識が問われている。

桃園に義を結ぶ

Img

    「桃園結義」(とうえんけつぎ) 義兄弟の約束を結ぶこと。明の羅貫中の小説「三国志演義」にある話。

  184年、黄巾の乱が勃発したとき、劉備は幽州涿県の農村で、母と二人。わら靴やむしろを売って暮らしていた。漢皇室の末裔であったかれは、朝廷の義勇軍募集のよびかけに応じようと思ったが、資力がないのを残念に思っていた。このとき、知りあったのが近くで肉屋をやっていた張飛である。

    張飛はひげ面でまんまるの眼をぎらぎらさせた巨漢だった、劉備の決意を聞くと、私財を投げうって資金を提供することを申し出た。二人で酒屋にはいり義勇軍の相談をしていたとき、店にはいってきた男があった。こげ茶色の顔に美しいひげをはやした偉丈夫である。これはただものではないと思った劉備が自分たちの決意を話したところ、意見が一致したので、三人で挙兵することにし、張飛の提案でかれの家の裏にある桃畑に祭壇をつくり、天地の神々の前で、「われわれ三人は、姓を異にしているとはいえ、ここに兄弟の約束をかためたうえは、心を一つにして力をあわせ、国恩に報じ民草を救おう。われわれは同年同月同日に生まれることはできなかったが、死ぬときは同年同月同日にしよう。天地の神々よ、なにとぞわれわれのこの決意をご照覧あれ。約束を破り恩を忘れたなら、天も人もこれを許さず、天誅がくだるであろう」という誓いのことばを読みあげ、義兄弟の約束をした。このあと、義勇兵を募ったところ三百数十名の若者が集まり、また、通りかかった中山国の馬商人から多額の資金提供をうけて、甲冑や兵器をととのえることができたのである。

やっぱりオルセー美術館は最高

1255827936dse7gfbh
19世紀印象派の作品群は最上階の5階に集中している

    オルセー美術館の建物は1900年のパリ万国博覧会にあわせて、オルレアン鉄道によって建設されたオルセー駅(ヴィクトール・ラルーフ設計)である。1986年12月9日、かつての駅舎から「印象派の殿堂」オルセー美術館へと生まれ変わった。最近、リニューアルされより自然光を取り入れ、作品の色彩が際立つように工夫されている。

    コレクションは3つを基盤として成り立っている。①ルーヴル美術館に収蔵されていた作品のうち、1820年以降に生れた画家あるいは第二共和政下で活躍するようになった画家の作品。②ジュード・ボーム美術館(ルーヴル美術館付属印象派美術館)に収蔵されていた印象派の作品。③国立近代美術館に収蔵されていた作品のうち、1869年以前に生れた画家の作品。

  館の方針としては、原則として2月革命のあった1848年から、第一次世界大戦が勃発した1914年までの作品を展示することになっている。つまり、それ以前の作品はルーヴル美術館、以降の作品はポンピドゥーセンターという役割分担がなされている。ただし、ロダンの製作を手伝った彫刻家フランソワ・ポンポンの「白熊」(1922)のような例外もある。

800pxpompon_loursblanc1
 フランソワ・ポンポン 「白熊」(1922年)

   BSプレミアム「天海祐希パリと女と・・・」オルセーひとりじめ。オルセーへ行ったら先ず5階へ。そして2階のゴッホへ。番組で取り上げられた作品を紹介。ルノワールの「ムーラン・ド・ギャレット」ギャレットとはクッキーの一種の菓子で、風車(ムーラン)で粉を挽く製粉業者がモンマルトルにあったことから。

Mouran
 ルノワール 「ムーラン・ド・ギャレット」1876年

20081218113320
 モネ 「睡蓮 緑のハーモニー」

2012年2月25日 (土)

有栖川宮家断絶

   有栖川宮家は、寛文12年(1672)6月8日、幸仁親王が有栖川宮という宮号に改称したことに始まる。9代熾仁は戊辰戦争において東征大総督として参加、官軍を率いて東下した。その後、明治28年、日清戦争において、広島大本営に下るが、この地で腸チフスを発病し、神戸舞子で薨去した。明治41年4月、10代威仁親王の子、栽仁王が病没し、大正2年7月には、当主の威仁親王が薨去した。旧皇室典範の規定により、威仁親王妃の病没(大正13年)後、妃の1年祭以後に廃絶となった。

来年は式年遷宮

Img_00002_01
 伊勢神宮「木本祭」

  私が伊勢神宮を参拝したのは小学校の修学旅行のときである。このとき見た神宮は昭和28年の遷宮の殿舎。以来、昭和48年、平成5年と2度造りかえられたが、1度も参拝していない。来年は第62回神宮式年遷宮にあたる。すでに平成17年から儀式は始まっている。平成17年5月2日の夜に「木本祭」が行われた。「心御柱」(こころのみはしら)と称する神秘の柱を伐採するに当って、木の本に坐す神を祭る儀式である。この柱は「皇太神儀式帳」(804年)には「忌柱」(いみばしら)と書かれており、正殿の床下中央に埋められるものである。造替のとき、殿舎が取り払われたあとも、この御柱は地上の小さな覆屋とともに残される。その覆屋のなかには榊がさされ「天平賀」(あめのひらか)と称する土器を納める。そして次の造営に先だって新たに建て直されるのである。

抑圧された科学者グレイ

Gray_red

   スティーヴン・グレイ(1666-1736)は電気の発展に貢献した科学者でありながら、なぜか教科書にあまり載っていないし、記念碑もない。電気を表す英単語electricityはギリシヤ語の「エレクトン」(琥珀)に由来する。古代ギリシヤ人が琥珀をこすることにより静電気が発生したことにちなんでいる。このように電気に関する現象は古くから知られていたが、科学としての進歩が見られるのは17、18世紀になってからである。ギルバート(1544-1603)は磁気と静電気を区別し、ゲーリケ(1602-1686)は静電発電機を発明した。そしてスティーヴ・グレイは1729年に金属が電気的性質を伝えることを発見し、その作用をおこす存在わ電気と名付け、物質ほ導体と絶縁体とに分類した。グレイの業績が認められたのは晩年になってであるが、不遇であったといわれる。それは彼の支持者フラムスチードがニュートンと不仲であったためで、意図的に無視されていたらしい。

切手に描かれたガガーリン

   ユーリイ・ガガーリン(1934-1968)は1961年に人類最初の宇宙飛行をボストーク号で成功させた現代の英雄である。切手に肖像も世界各国から発行されている。

20110412154632e8d

Russia2463

1962

6101270ussrcirca1984postagestampsho

6ccd85a26881d05f3cb7e35f092672b9

4263417vintagechekhpoststampyurygag

20110928_4fc498

20080512015604
チェコスロヴァキア切手(1977年)

20090316212240

Cze6032

Camerounc292
 カメルーンの切手

Congoc185
コンゴの切手(1974年) カガーリンとシェパードが並ぶ

Img_1577657_47458829_0B07f9bfc2e7b8009640507e9c87dcdad_c2

外国切手に登場した日本人

Img_936169_19699985_0
 1988年にグレナダが発行した南野陽子の切手

    1950年代後半から1960年代にかけて、グリコが商品のおまけに切手を入れたことを端緒として、日本に切手ブームが起こった。1960年代の「少年サンデー」「少年マガジン」誌には毎号切手紹介の記事が掲載されていた。スタンプ済みの切手であれ、切手を収集し、図柄を通じて世界の文化に興味を抱くことができた。また世界の小国には、海外のコレクターを対象に外貨を獲得することを政策的に行っている国もある。日本人を取り上げた外国切手も多数あるが、代表的なものを紹介する。青木功、アントニオ猪木、井沢周八、上杉重房、片山潜、葛飾北斎、黒沢明、小泉純一郎、皇太子徳仁、笹原正三、佐藤栄作、昭和天皇、杉原千畝、雪舟、田村亮子、天皇明仁、東条英機、戸田城聖、長嶋茂雄、中曽根康弘、庭野日敬、野口英世、紀宮清子、牧口常三郎、三波春夫、南野陽子、源頼朝、横山大観。(参考:内藤陽介「外国切手に描かれた日本」)

切手に描かれたナポレオンも痒いの?

971 Depositphotos_1696016vintagepostage

Frpyc54 M_afbeelding01

    切手の肖像で誰が最も多いのだろうか?おそらくナポレオン・ボナパルトはベストテンに入るのではないだろうか。なかには1971年にセネガルの発行した切手のように、あまりナポレオンに似ていないものもある。だが腹部に手を差し入れる得意のポーズをしているのでそれらしい雰囲気がある。

    ナポレオンが腹部に手を差し入れているのは、実は水虫(体部白癬)のため」という説がある。新感覚派の小説家・横光利一の短編に「ナポレオンと田虫」という作品があるが、水虫のように足だけでなく、手、股、腹部なども白癬菌が移っていたらしい。世界中の切手の肖像も手を差し入れたポーズのものは多い。

    1809年、ナポレオンは、世継ぎをえるためと、政略のためジョゼフィーヌ(1763-1814)と離別し、翌年、ハプスブルク家のマリールイーズ(1791-1847)と結婚した。ナポレオンはこの腹にできた醜い田虫のことを美しい新妻に知られたくなかった。にもかかわらず、ある暑い晩に、いつもの田虫のかゆさが絶頂に達した時に起こる発作が起きたことから、それを知られてしまった。そこでナポレオンはその名誉回復のため、1812年夏、無謀なロシア遠征を企てた。容易に征服し得ない田虫に対する怒りにかきたてられていたナポレオンの征服意欲が、皇女への見栄や恥とからんで、筋ちがいの、しかも強引すぎた征服的行動となった。ナポレオンほどの英雄でも、腹の上にはびこる田虫を征服しきれず、かえってこれにあやつられてしまったみじめな傀儡に過ぎないというのが、横光の小説の粗筋である。

B6r7zywcwkkgrhqfl0eyjc0j21bmyp35bg_

3317om

Napoleon1

Napoleon20and20eagles

Napoleon_kosovo

Napoleon20crossing20alps7

Stamp_france_napoleon

Napoleonbonaparte

Stockphoto13918717cancelledstampofn

6901723cubacirca1981astampprintedin

6901725cubacirca1981astampprintedin6901727cubacirca1981astampprinted_2Cha1970c63a

Fra20043037

1280339417307490217562193

日本古代遺跡難読地名

Os9
 忍路(おしょろ)環状列石 北海道小樽市

   埋蔵文化財の存在が知られている土地は全国で約44万ヶ所以上あるといわれる。古代遺跡名には旧大字、小字が使われる場合が多く、読みづらい難読地名がある。

幾つかその例をあげてみる。

妻木晩田(むきばんだ) 鳥取県西伯郡大山町

平原(ひらばる)福岡県前原市

石清尾山(いわせおやま) 香川県高松市

加曽利(かそり) 千葉県市川市堀之内

綾羅木郷(あやらぎごう) 山口県下関市

金隈(かねのくま) 福岡県福岡市

西都原(さいとばる) 宮崎県西都市

2012年2月24日 (金)

在日米軍再編問題は「パンドラの箱」

Photo_2

    在日米軍再編のロードマップ見直しを巡って在沖縄海兵隊の一部を米軍岩国基地に移す米国の打診に対し、17日の衆院予算委員会で野田首相は受け入れ拒否を明言した。山口県側の猛反発を受けてのことだが、おかしな話である。沖縄が普天間の辺野古への移転案に対しどんなに拒否しても、政府は強引にやるという。沖縄差別の表れであろう。今後、埋め立て申請をしても、仲井真知事が許可する見通しもない。だが普天間飛行場を固定化させてはいけない。戦後67年、与党政治家に腹をくくって、もう米国軍事支配に決別する覚悟がほしい。

ファンタジーは映画の王道

1154785118
「アルゴ探検隊の大冒険」(1963) 青銅の巨人タロス

    金曜特別ロードショー「アバター」の視聴率15.1%。地上波初のわりには低い。理由はわからない。最先端のVFX技術を駆使して、科学兵器と弓矢などの原始的な兵器の対決も面白い。3D技術によって映画界に新たな時代の幕開けをもたらしたともいわれる。

    アバター(Avatar)とは、サンスクリット語で「化身」を意味する「アヴァターラ」(avataara)を語源とし、主にインターネット・コミュニティーで自分の分身として使うキャラクターのことを指す。「広辞苑」第6版(2008)には当然ながら収録されていない言葉。

   ファンタジー映画といえば「オズの魔法使い」(1939)が代表とされるが、21世紀になって「ハリーポッター」シリーズの世界的ヒットで今や映画の王道といわれるようになった。「ロード・オブ・ザ・リング」(01)、「ライオンと魔女」(05)、「テラシビアにかける橋」(07)、「ライラの冒険、黄金の羅針盤」(07)、「カスピアン王子の角笛」(08)、「アスラン王と魔法の島」(10)。ジェームズ・キャメロンの次回作も「アバター2」だそうだ。

「八甲田山遭難事件」自殺と美談の形成

    明治32年1月の199人が死亡した青森歩兵第五聯隊の八甲田遭難事件は小説、映画になり広く知られている。北大路欣也演じる神田大尉のセリフ「天は我々を見放した」は映画公開時、流行語にもなった。映画では変名にしているが、神田大尉は神成文吉である。指揮官は神成大尉であったが、編成外の連隊本部山口鋠少佐が途中から指揮をとり、このことが遭難をまねいた一因とされる。歩兵第五聯隊遭難ニ関スル取調委員は審議で遭難の直接の原因は山口少佐にあるとしている。しかし山口少佐への責任追及は十分にされなかった。山口少佐は1月31日に奇跡的に駒込川の谷底の岩洞で発見された。2月2日、山口に明治天皇は叡旨を与えられ、御菓子料が下賜されたが、その当日に山口は拳銃自殺した。公式には症状が悪化したとされているが、陸上自衛隊青森駐屯地の資料館には山口が自殺に使用した拳銃が展示されている。異説はある。「凍傷を負った手で拳銃が使えるのか?」「という指摘もある。この他、自殺幇助説、麻酔による殺害説などもある。いまとなっては真相は不明だが、山口少佐の死によって、事件の責任者はいなくなり、遭難事件には決着がついた。新聞は美談を書きたて、八甲田の遭難事件は愛国心を高める物語に創り上げられていく。

W_img017山口少佐が自決に使用した拳銃

江釣子古墳群

20100926ezuriko_kofun

  江釣子古墳群(岩手県北上市)は和賀川北岸に位置する五条丸、猫谷地、八幡、長沼の各古墳群を総称したもの。直径6~15mの円墳が130基以上もある。また河原石を積んで北側に立石を立て、そこに頭部がくるように埋葬した横穴式石室に縄文時代の信仰がうかがえる。副葬品には勾玉、切り子玉、蕨手刀、直刀、馬具など数多く出土している。金銀箔を貼ったガラス玉は、国内でも数例しかない貴重な出土品で、古代に大陸との交易があったことを推測させる。江釣子の地名はアイヌ語の「カムイへチリコ」(神々の楽園)という意味。7から8世紀の古墳時代末期、東北の地に独自の蝦夷文化が誕生したことをうかがわせる。

スイスの古城、エーグル城

Chateauaigle

  エーグル Aigle はレマン湖に流入するローヌ河を10㎞余遡行した左岸に発達した古市で、城はその郊外に設けられている。城の創建は11世紀までに遡るが、その後、サボイ伯爵家の所領となる。やがて、この地方がベルンの支配下に入ると、エーグル城もまたベルンから派遣された代官の城として用いられるようになった。この状態が続いた後、1804年にエーグル市の所有となり、1974年から城館の復原修理工事が行われて現在の姿となった。周囲を葡萄畑に囲まれたワイン博物館として利用されている。

安土城主7年

1
 安土城図 大阪城天守閣蔵

    織田信長は浅井氏を滅ぼして近江一帯を治め、天正4年(1576年)岐阜から安土に進出して安土城を建設した。高さ115mの安土山の頂を本丸とし、本丸の側に二の丸を設け、山腹に諸将の邸を置いた。ここに招かれたキリシタン宣教師は大天守閣の壮麗さに驚いた。「中央に一種の塔があ。塔は七層楼で、内外ともに驚くべき構造である」と耶蘇年報に記している。日本で最初に天守台を備えた城は安土城だったと俗にいわれるが、実はすでに岐阜城、北ノ庄で天守の城はある。

     信長がこの安土城に拠ったのは天正4年から同10年にかけて、彼が43歳から本能寺で亡くなる49歳にかけて、わずか7年ということになる。城に移り住んでからわずか3年である。ところで安土城を焼いたのは誰であろうか?通説では安土城の守備を命ぜられた女婿、明智秀満(左馬助)が山崎の敗報を聞き、坂本城へ退却するときに放火したといわれてきた。この他、秀満が去った後に、安土城に入城した織田信雄が攻撃したときに全焼したとする説、信雄が何らかの理由で放火したとする説、近在の農民や野武士が安土城に略奪に入り、放火したとする説などあって、現在のところ定説はない。

2012年2月23日 (木)

岸田國士「暖流」

7ecd0314387d689e92b4238a41660661

    山田洋次が選んだ日本の名作100本「暖流」(1957年)を見る。戦前版、吉村公三郎、令嬢志摩啓子に高峰三枝子で有名な作品であるが、戦後映画、ドラマでこれまで7回も作品化されている。日疋祐三は根上淳、平幹二朗、富田浩太郎、高松英郎、吉田輝雄、近藤正臣、山田祐大である。このうち近藤版は記憶にある。松坂慶子、中田嘉子の恋のさやあて。戦前版の笹島医師の徳大寺伸も有名だが、品川隆二の現代劇も珍しい。

今治タオル100年史

Photo_2Photo
      菅原利鑅         阿部平助

   愛媛県今治市はタオルの町として知られる。全国の約6割を生産し、人口12万5000人のうち、下請けの内職を含めると2万5000人はタオルに関係している。今治は世界最大のタオルの産地である。

    タオルは1801年、フランスのジョゼフ・マリー・ジャカールによって発明され、日本にきたのは明治の初め頃である。しばらくはタオルの使い方も分からず、里井園治郎が明治22年に創製し、泉州で細々と生産されていた。明治27年、今治の阿部平助(1852-1938)が綿ネル機械を改造し、タオルの製造したのが今治タオルの始まりである。明治43年に麓常三郎(1868-1929)により大衆向け縞柄タオルが創製された。大正13年には愛媛県工業講習所の技師、菅原利鑅(1891-1958)により、高級なジャカード織りの今治タオルが生産されるようになった。

Pic_ja10
ジョゼフ・マリー・ジャカール(1752-1834)

Telaio
 ジャカード織機

愛と恋について

Img_0004

   アメリカのエリオット・アーウィットは、目線を低くした等身大の人間像と国境を越えたヒューマニズム、ユーモアの漂う作品で知られる写真家である。なかでもちっちゃなカップル、年季の入ったカップル、不思議なカップル、など、男と女が織りなす、甘くやさしい写真を40年以上とり続けた。

    「恋愛」とは何か。「愛」よりも狭く、「恋」よりも相互性が高く客観的に見た感じもある。(語感の辞典)

    恋愛メロドラマの世界もハリウッド、日本映画も美男美女の愛を美しく純潔なものに描くという古典的パターンは、韓国映画の登場によって、さらに量産されるようになった。日本でも一時期、薄っぺらいメロドラマとして、低迷した時期もあったが、「恋空」の大ヒットによって、カップルの映画は不滅のジャンルであることを証明している。名コンビといわれるスターを思いだすままにあげると、ダグラス・フェアバンク&メリー・ピックフォード、クラーク・ゲーブル&ジーン・ハーロー、ミッキー・ルーニー&ジュディ・ガーランド、ハンフリー・ボガート&ローレン・バコール、ジョン・ウェイン&モーリン・オハラ、ジェームズ・スチュアート&ジューン・アリスン、ジャック・レモン&シャーリー・マクレーン、ライアン・オニール&アリー・マックグロー、リチャード・ギア&ジュリア・ロバーツ、上原謙&田中絹代、佐田啓二&岸恵子、浜田光夫&吉永小百合、三浦友和&山口百恵、などであろうか。このようなゴールデン・カップルといわれるスターはいまではあまり見られない。

2012年2月22日 (水)

清和源氏の隆盛と衰退

Seiwagenji1

    兵庫県は「平清盛」の舞台として観光PRしているが、摂津は多田源氏の発祥の地である。

    宝塚市千刈貯水池の北岸にある波豆(はず)八幡神社の祭神は誉田別尊(応神天皇)。応永10年、源満仲の弟、源満政の創建と伝えられる。源満仲は安和2年に起こった安和の乱で実力をみせ、清和源氏の名を高めた。摂津国多田荘を領地としたため、多田満仲とも呼ばれた。満仲の子、頼光、頼親、頼信も異色の武勇人として台頭し、それぞれ摂津源氏、大和源氏、河内源氏の流祖となった。頼義、義家父子が前九年、後三年の役への出兵で東国にその名を馳せることで、源氏の東国での人気が高まった。だが義家の子、義親が九州にて反乱を起こして、為義の時代には衰退していく。

コンモドゥス帝暗殺

Tumblr_lj05qeeaat1qit0mzo1_400

    ローマ皇帝で暴君といえばネロとカリギュラの名前が挙げられる。だが最近は映画「グラディエーター」(2000年)のおかげで第17代皇帝コンモドゥスの残忍性も知られるようになった。いずれも浪費癖があり狂気じみた独裁者たちである。コンモドゥスはマルクス・アウレリウスの息子ながらとびきりの暗愚だった。愛妾マルキアと侍従エクレトゥスと近衛隊長のラエトゥスらによって192年、暗殺された。その様子をギボンは次のように書いている(ローマ帝国衰亡史)。

  マルキアはある時彼が猛獣狩で疲れきった後で1杯の葡萄酒を彼に献げる機会を捉えた。コンモドゥスは寝所に退いた。しかし彼が毒と酔との効によって悶え苦しんでおる間に、角力を職業とする一人の頑強な青年が彼の寝室にはいって行って何の抵抗も受けずに彼を絞殺した。皇帝の死について市内はもとより、宮中でさえも些かの疑念を抱かない前に、彼の死体は宮中から運び出された。これが名君マルクスの子息の運命であった。そして一個人としての体力や能力においては、その君主と同等であるところの幾百万の人民を、人為的機能によって、13年のあいだ暴壓し続け怨恨の的となった暴君を滅落せしめることは、かほどに容易であった。

もう一人のトルストイ

51fhb67p9ql__sl500_aa300_

    福音館書店から発行している絵本「おおきなかぶ」は教科書に掲載されただけではなく、保育園や幼稚園、図書館などで子供の頃に誰もが一度は手にした絵本でしょう。(私の子供の頃はまだ出版されてなかったけれど) 表紙に「A.トルストイ再話」とある。大抵の日本人がトルストイと聞けば、「戦争と平和」のトルストイだと早合点する。だが文豪の名はレフ・二コラエヴィチ・トルストイである。略記すればL.N.トルストイで、明らかにA.トルストイとは同姓異人である。アレクセイ・ニコラエヴィチ・トルストイは「苦悩の中を行く」「ピョートル1世」など歴史小説を書いた作家である。「おおきなかぶ」は再話「ロシア民話集」の中の一編。

19788s
A.トルストイ(1883-1945)

うどんはなぜ「饂飩」と書くのか

Cake_marfar_1
 小麦粉を使った唐菓子

    旺文社「古語辞典」を引くと「うどん」の項目は見当たらないが、「うんどん」と引くと「饂飩、うどんの古称」とある。「うどん」はなぜ「饂飩」と書くのだろうか。

   奈良時代に渡来した唐菓子に「混沌」(こんとん)というものがある。食べ物なので、食扁に改めて「餛飩」と書いた。熱い食べ物なので「温飩」になった。これが、また食扁に変って「饂飩」になった。丸い形だったものが、薄くのばして、細く切るようになって今日のうどんのようになった。読み方は「オントン(温飩)」から「ウントン(饂飩)」、室町時代に「ウドン」という呼び名が使われ始めた。

スイスの古城、ヴュフラン城

Vufflens20castle20vufflens20switzer

    スイス南西ローザンヌの隣町モルジュにあるヴュフラン城Vufflens。城郭の創建は1305年着工で1420年に完成した。その後、16世紀にベルン州執政官の城館として大改修をしたものが現在の姿であるが、個人の邸宅なので入館はできない。四隅に円塔を持ち、円塔兆部には円錐屋根を設けるなど、スイスにおける城館形式の標準型である。

いま、なぜ由紀さおりなのか?

    昨年発売された由紀さおり&ビンク・マルティーニのCD「1969」が海外のチャートで上位を記録しているという。これまで幾多の日本人シンガーが米進出に挑戦して失敗した。英語の壁のようなものがあると諦めていた。しかしむしろ逆で、美しい日本語ならば、言葉がわならなくても、その情景が浮かび、感動を与える。12曲の選曲をみると、かなりバラエティーに富んでいる。「ブルー・ライト・ヨコハマ」「夕月」のような歌謡曲、「パフ」のような誰もが知っているフォークソング、「さらば夏の日」のようなスクリーン・ミュージック、そして由紀さおりの代表曲「夜明けのスキャット」。これは世界の人が日本の曲でどのようなジャンルが好まれるのか、実験的な試みの第一歩ではないだろうか。これまで宇多田ヒカルのようなJ-POPでないとダメという固定観念があったようだ。むしろ日本の楽曲に自信と誇りをもって、日本語で歌うことのほうが、ハートが伝わるのではないだろうか。シャンソン「枯葉」やカンツォーネ「ヴォラーレ」が世界中に広まったのはアメリカ人が発見したからである。日本の名曲を美しい言葉で世界に伝えよう。

なぜ本を読まなければならないのか?

Img_4723

  フランス文学者の鹿島茂さんの話。「なぜ本を読まなければならない」という演題で講演してほしいと公共図書館から依頼された。鹿島は悩んだ。鹿島の説によれば、いまから百年ほど前までは、本など読んでもなんら役に立たない、というのが社会の常識だったという。この常識に対して大正教養主義の人たちが読書をすすめたという。たとえば白樺派や赤い鳥の人たちだろうか。世界文学全集や百科事典、絵本や童話などが薦められた。ただし、下層、中産階級の人たちにとっては、読書で得た知識で競争を勝ち取るには、まだるっこい、面倒くさい、と感じる人たちが増えてくる。昭和40年代、たとえばファッション、スポーツ、車、というモノで「ドーダ」を誇示するようになる。だが鹿島自身は、「読書には速効性はないものの、遅効性のサプリメント的な効果がある」といっている。この表現は流石に上手い。そして読書の効能は「今になって振り返ってみれば」という事後的には明白であるものの、若い人たちにどのように勧めたらいいのか悩む。結論は、「理由は聞くな、本を読め」だそうだ。

   これは「子供より古書が大事と思いたい」など刺激的なタイトルの本を出版されている人の見解であって、あくまで鹿島流である。鹿島のいう大正教養主義が端緒であるとすれば、小泉信三の「読書論」(岩波新書)が最もクラシックであろう。「なぜ本を読まなければならないか」というテーマは結局、読書論としてかなりの量の文献がある。図書館関係者もこのテーマに関しては多く語っているが、読書推進や良書普及という目的が前提にあるようで、学際的な研究にはなっていない。むしろ子供の読書を対象とすることが多いので、「本を読みなさいって言わないで」というスタンスのものが多い。自然に身近に本がある環境をつくることで本好きにさせようという考えである。しかし皮肉なものですべてに恵まれているとかえって当たり前になって本との出会いの喜びや感動を知らなくなることもある。

2012年2月21日 (火)

スイスの古城、サン・メール城館

Chatea2

   レマン湖北岸、ローザンヌにある14世紀の城館サン・メール(St.Maire)。スイスの諸城の大部分が、市街を離れた険阻な岩山上や湖岸などに構築されている中で、本城は当初から旧市壁内の市街地に建設されているのも、スイスの古城中では例外といえる。司教執政官の城館として使用されてきたので、多分に城郭宮殿的な性格を持っていた。

仁徳陵の被葬者は仁徳天皇じゃないの!?

Pr08
 仁徳陵出土の埴輪女子頭部 宮内庁所蔵

    大阪府堺市にある日本最大の前方後円墳、仁徳天皇陵。百舌烏の地には仁徳、反正、履中の3天皇陵が存在する。これまで仁徳陵から出土した宮内庁が保管している埴輪などを検討すると履中陵より新しい可能性がでてきた。つまり考古学的な調査からいうと、履中陵→仁徳陵→反正陵の順で築造されたことになる。真実を明らかにするためには、古墳を調査すればよいのだが、宮内庁は認めていない。仁徳天皇陵から明治年間に出土した人物形埴輪の頭部は、島田髷に似た髪型をしているが、これらは5世紀後半に当る埴輪編年Ⅳ期の特徴を備えている。仁徳陵は5世紀中頃と思われ、履中陵と同時期とする説もある。現在、教科書などでは仁徳天皇陵という呼び名はせずに、大仙陵古墳としている。

スイスの古城ベッリンツォーナ三城

スイス南部ベッリンツォーナ Bellinzonaには13世紀から15世紀にかけて築城された、カステル・グランデ城、モンテベッロ城、サッソ・コルバロ城の3城郭がある。都市を守る城郭は一箇所が普通であるのに、同時に3箇所に設けられたというのは類例がない。国境地帯の要衝であったからであろう。

4_1288182395_bellinzonasassocorbaro
 カステル・グランデ城

S831vgmpxsc98
 モンテベロ城

Castellosassocorbaroa24170092
 サッソ・コルバロ城

ほんとうに偉い人は誰れ?

Jesuschrist0206

  この世には、国民栄誉賞、文化勲章、ノーベル賞など多数の賞という名のつくものが存在し、その偉大な功績に対して栄誉を与えている。あるいは、織田信長、アレキサンダー大王、ジュリアス・シーザー、シャルルマーニュ大帝、ジンギスカン、ナポレオンなど強力な支配者も現われ、歴史上の偉人を英雄と呼ぶかもしれない。ほんとうに偉い人は誰か?歴史家のH・G・ウェルズによると、人の偉大さは、「どんな発展性のあるものをあとに残すかによって、また他の人々が、その人の死後も新しい線に沿って絶えず精力的に思考するようになるかどうか」によって計られる。ウェルズの基準に従えば、イチローが今後、何本ヒットを打とうと、森光子が何回「放浪記」を上演しようが、「ご苦労さん」といえばいいことで、偉大さとは無関係なものであることになる。思い浮かぶ人がひとりいる。その人は、辺鄙な村で田舎の女性の子供として生まれた。育ったのは別の村で、30歳になるまでその村で指物師として働いた。その後、3年間は各地を巡って伝道をおこなった。本を書いたこともなく、公職に就いたこともない。家族をもうけたことも、家を持ったこともない。大学に通ったこともないし、大都市に行ったこともない。生れた場所から320キロ以上離れたところに旅行したこともない。世論の動きがその人に敵対するようになったとき、わずか33歳だった。友人たちは逃げ去った。その人は敵に引き渡された。形だけの裁判を受けた。そして、2人の強盗の間に立てられた杭に釘付けされた。死にかけていたとき、死刑執行人たちは、その人が地上で持っていた唯一の財産だった衣服のくじ引きをした。死んだときには、ある友人の哀れみにより、借りた墓の中に横たえられた。その人は今日人々が思うような偉いことは何一つ行っていないと言っていい。地位も財産も権力もない。しかし、その人は約2000年経ったいまも、その人の教えと、教えに調和した生き方によって、世界中の人々の生活に影響を与えてこられたのである。

梅の木にウグイス

123478341088516312693_dc02151027

    われわれはウグイスは「ホケキョ」と鳴くように聞こえる。これは江戸時代に「法華経」と知っている言葉に置き換えたからだ。奈良・平安の頃は「ウウウクヒ」と聞こえた。鳥を示す接辞「ス」がついて「ウグイス」という名前が誕生した。

  鳥の鳴き声を、それと似た言葉で置き換えることを「聞き倣し」という。ホトトギスは「てっぺんかけたか、本尊たてたか」と聞こえた。いまは「特許許可局」である。「ブッポーソー(仏法僧)」と鳴くのはコノハズク。「一筆啓上仕り候」と鳴くのはホオジロ。鶏が「コケコッコー」と鳴くのは明治36年の尋常小学校読本にあるからで、それ以前は「カケロ」と聞こえたそうだ。(NHK2012.2.21放送「気になることば」)

民の竈から煙が見えない

Gasi2

    天皇陛下が入院、手術も無事終了のニュースに国民が喜ぶ陰で無縁社会の悲惨な現実がある。札幌では姉妹2人が衰弱死していのが発見された。まだ40歳台である。電気・ガスは昨年末で止められている。埼玉では親子3人が餓死。部屋には飴玉と一円玉数個が発見されたが、冷蔵庫は空っぽだった。埼玉では7年前にも母子が餓死している。昨年、豊中では資産家の姉妹が餓死した。平成7年以降の餓死者が1084人と急増している。不況が続き、今後も餓死者は増える恐れがある。GKB国会論戦で印刷費数百万円の税金をムダにするより餓死者を救うことが大事だ。数年後、消費増税でさらに餓死は増加するだろう。豊葦原瑞穂の国、日本は豊かなのか、貧しいのか。悲しみが止まらない。

スイスの古城、シヨン城

Delivrance_bonivard

    レマン湖畔に建てられたシヨン城 Chillon は大変有名の城である。バイロンの詩とクールベの絵画によるところが大きい。発音は英語読みだとシロンだが、現地ではフランス語読みにしてシヨンと言っている。日本ではむかしはシオンと表記するものも多い。

   16世紀の修道士フランソワ・ボニヴァル Francois Bonivard(1496-1540)がサボイ伯によってこの城に4年間も幽閉された。その話を1816年にここを訪れたバイロンが「シヨン城の囚人」と題する詩を作った。すると、この詩が広く愛唱されて一躍シヨン城は有名になった。画家のクールベもこの城を描き、たいへんポピュラーな作品となり、多くの贋作が世にでるほど人気であった。クールベは1874年から1876年にかけて22点のシヨン城をテーマとした作品を残している。

38b2f1b4888efafe936abb127f0cf471

329a2b58d4c0deaf30ae56bd3705740b_2

Aa9822d34d07f86a542c77739d31e8fb

Fba9e79c573be259867738c099208e41

Fde3089fa928c6f776f129b0d4636297

20090322_579701

スイスの古城、バチアーツ城

Chateaudelabatiazmartigny

    レマン湖に注ぐローヌ川の屈折点に位置するマルティニーは、古代のケルト時代にはオクトドゥールスと呼ばれたた国境の町。断崖上に設けられたバチアーツ城 Batiazは、小規模ながらも本格的な城郭で、現在も遺構の中心にはベルクフリード(天守閣)にあたる巨大な円塔が聳立する。1518年にジョージ・スパーサコにより破壊され、現在は廃墟になっている。

「耳ざわりのよい」は誤用か?

    広辞苑に「耳ざわりのよい」は誤用とある。「耳障り」とは聞いて嫌な感じがすることであるから「よい」というのは矛盾するという説。では「耳触り」と「触」の字を使えばよいのかというと、やや苦しい。もともと「耳障り」は「~が良い」「~が悪い」というのではなく、「耳障りである」という使われ方をしてきた言葉で「手触り」「舌触り」「肌触り」とは別ものだということだそうだ。やはり日本語はむずかしや。

体育の四原則

Img_0005
 施薬院解男体臓図 1798年

   体育の普及の手段としての内容は体操からスポーツを中心に移行し、近代スポーツは、オリンピック大会、アジア大会、ユニバーシアード大会、国体などの大きなスポーツ行事と、一般人の場合しリクレーションとしてのスポーツが急激に発達し、ややもすれば体育はむしろスポーツにおきかえられた感がある。ここにスポーツと体育の混同をきたした。医師や保健婦からも「あなたはスポーツはなにもしないのですか?」と聞かれる。「身体的な体操や運動は日常的にしていますが、競技としてのスポーツは何もしていません」というと、けげんな顔をされる。とくに日本の場合、明治の初期からフィジカル・トレーニングとしての体操と、競技としてのスポーツがほぼ同時に学校で取り入れられたため古くから混同されてきた。

  では体育とは何か。ここでは少しふるいが、アメリカにフィットネスの概念を導入した体育生理学者アーサー・スタインハウス(A.H.Steinhaus)の「体育の四原則」を紹介する。

1.人間尊重の原則

体育が教育であるためには人間尊重の原則を忘れてはならない。教育である手段では、特に身体的、精神的、道徳的のために相当のトレーニングを必要とする場合もあろうが、その手段としてはいろいろなスポーツが用いられる。しかし、それらスポーツ種目と人間が同価値のものではあり得ない。たとえば、コーチや学校を有名にするためそれを行なわせたとすれば、人間性は無視され教育の分野から除外される。

2.オーバー・ロードの原則

筋や呼吸循環機能は、現在能力をこえた、一般人が1日作業する強度をこえた負荷(刺激)を与えない限りそれ以上の発達はしない。

3.可逆性の原則

人間のからだはトレーニングを反復しなければ元に戻る。身体運動というストレスを長く与えると多くの組織器官はこれに対する適応力を与えられるが、これを中断して実行しなければ可逆的である。

4.integrationとintegrityの原則

全身の全機能を動員する能力、心身一体の行動をintegrationというが、この機能が社会から容認された理想に向かって、社会的因子、知的因子、情緒的因子が統合作用に権威と方向を与えるときintegrityである。体育はこの両面がなければならない。(参考文献:森脇勤「保健体育学概論」啓文社)

2012年2月20日 (月)

口語自由律短歌の未来

    57577の定型短歌ではなく、口語自由律短歌という現代語の自由な表現方法で「新短歌」とか「前衛短歌」と呼ばれるものが戦後多く生れた。最近も若い歌人が活躍しているらしい。ゼロ年代短歌と呼ぶ人もいる。2000年から2009年の間に発表された作品である。3首あげる。

雨の県道あるいてゆけばなんでしょう
ぶちまけられてこれはのり弁 (斉藤斎藤)

ハロー夜 ハロー静かな霜柱
ハロー カップヌードルの海老たち (穂村弘)

3番線快速電車が通過します
理解できない人は下がって (中澤 系)

生き様

    「生き様」という言葉は、「生き方」やそのありさまをさし、近年、マスコミなどでよく使われる。国立国会図書館の蔵書検索で調べると、書名に「生きざま」が使用されるのは、1975年以降からで比較的新しい表現である。広辞苑では「自分の過ごして来たぶざまな生き方。転じて、人の生き方」とある。「ざま」にマイナスイメージが付着しているため、「死にざま」はぴったりするが、明らかなプラス評価とともに感動的に用いる「生き様」という用法には違和感を覚える。

日光東照宮御祭礼

Photo
 日光東照宮参詣図屏風 江戸東京博物館蔵

Photo_2
 東照宮御祭礼行列図 日光東照宮所蔵

    元和2年4月17日に逝去した徳川家康の遺骸は、遺言により駿河国久能山に埋葬されたが、一周忌にあたり日光山へ遷座される。これに合わせて秀忠が日光に参詣を行ったことが、日光社参の始まりである。以後将軍の日光参詣は、天保14年まで17回も行われた。

日本語語感の辞典

   「フランス」という通常の片仮名表記では特別の語感は生じないが、「仏蘭西」と書くと高級感が増す感じになる。「仏蘭西料理」という店の看板を見ると、値段が心配になって店の前で財布の中身を調べる。「ふらんす語」という看板を見ると、宿題を出さずに手を取って教えてくれそうな優しい雰囲気を感じ、スタンダールが読める段階まで進まないような気がする。これまで「意味」を調べる国語辞典は数多く出ているが、「語感」を探る手がかりとなる専門辞典は存在しなかった。2010年に岩波書店から刊行されたのが本書である。1170ページもの分量ながら中村明の個人執筆であることに敬服する。項目の説明は感というか思いつきのような記述もみられるが、楽しく読む辞典である。3000円とは岩波としては格安の値段である。

「小股の切れ上がった」すらりと脚の長い意の古めかしい和風の表現。「小股の切れ上がったいい女」の意味としては、特に下半身のすらりとした体型をさしているだけであるが、この古風な表現は伝統的に着物姿の小粋な婦人の形容に用いてきたため、「小股の切れ上がった長身の美男力士」などと男性の形容に用いるわけにいかない雰囲気がある。また、レビューガールや女子バレー選手について用いると、和服姿でないという点でやはり違和感が残る。ことばの意味というよりも、何に対して用いてきたかという表現対象の在り方に関する履歴上の違和感に近い。ことばの伝統的な使用がいわば照り返しとなって規制が働く一例である。(引用「語感の辞典」380p)

梅寄生(ばいきせい)

156

漢方薬。サルノコシカケ。腫瘍や心臓病の治療に用いられる。

なぜアメリカの偉大なミュージシャンは早世なのか?

   ホイットニー・ヒューストン(48歳)の早すぎる死は全世界に衝撃を与えた。過去にもビリー・ホリディ(44歳)、ジミー・ヘンドリックス(27歳)、ジャニス・ジョプリン(27歳)、エルヴィス・プレスリー(42歳)、マイケル・ジャクソン(50歳)など50歳以下で亡くなっているが、アメリカの薬物依存の恐ろしさを物語っている。古くは1938年、ロバート・ジョンソンは僅か27歳だった。彼の死因については不明である。ジョンソンは、ミシシッピ州クラークスデールズの十字路でブルースのテクニックのため悪魔に魂を売り渡したという伝説がある。

Robert_johnson

阪神間に遣るヴォーリズ建築

    明治38年、アメリカから来日したウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880-1964)は英語教師、宣教師、実業家(メンソレータム)、ハモンドオルガンの普及など多方面に活躍した。なかでも建築家として今日広く知られる。日本各地に設計した個人住宅は400棟余りといわれる。また教会、ミッションスクールの建物など関西に多く現存する。

Fa00e76590f307fe2647cc9b1d223bcc_2
 関西学院大学

6f51387eb5ea1670e0f3284745a4accc
 神戸女学院講堂

Lrg_15151137
 神戸女学院ソールチャペル

D3feb90a444f8b3f42d12e6308adafc9
 旧ユニオン教会(神戸市中央区)

C0094541_14225329
 高碕記念館(宝塚市雲雀丘)

ハンガリーの切手から世界史が見える

Stockphotohungarycircaastampprinted

    切手の図案は念入りにデザインされるもの。しかし、日本を描いた外国切手にはおかしなものもある。ハンガリーが1960年12月に発行した「世界の童話切手」のうち1枚にmomotaro(モモタロウ)という切手がある。われわれが知っている「桃太郎」は、桃から生れた桃太郎が、犬・猿・雉を連れて鬼ヶ島の鬼を退治するという話だ。ところが、ハンガリーの切手の図案にはそうした情景が描かれていない。中央に描かれているのは芸者、あるいは花魁ふうの若い女性である。女性の手の上に乗っている小人が、生れたばかりの桃太郎であるとすれば、服を着ているのは不自然であるし、なにより、桃太郎が入っていた桃がどこにも見当たらない。おじいさんの姿も見当たらない。この図案は「お椀の船」こそないが、一寸法師の話を図案化したものに近い。つまりデザイナーは桃太郎と一寸法師の話を混同したのではないだろうか。東西冷戦下の1960年、東側陣営のハンガリーがなぜ日本に関心を寄せたのだろうか?日本の安保闘争を反米運動として捉え、日本に親近感を抱いてという説もある。1940年に日・独・伊三国同盟に加わり、敗戦国になったということもあるだろう。しかし、根本にハンガリー人は自分たちのことをマジャル人と呼び、アジア民族であることを忘れていないのが日本に好意的な理由の一つだろう。

世界史人名は何人くらい知っていればいいのか?

   膨大な世界各国の歴史上の人名をおよそ何人くらい知っていればいいのだろうか?1000人以上知っていれば一般常識人であろうか。山川出版社の「世界史人名辞典」は1,914名が収録されている。中国史でいえば、酈道元、魏忠賢、黎元洪など難しい名前も含まれている。では人名事典として2,000人あれば十分かというと、実際に使ってみると、いささか少なくて頼りない。たとえば漢の財務家、桑弘羊が採録されていない。塩鉄の専売について、存廃論議を集めた「塩鉄論」で有名である。数研出版の「世界史辞典」や創元社の「東洋史辞典」には採録されているだけに検討してもらいたい。

   龔自珍(1792-1841)も収録されていない。号を定庵という。「清末末の変革的思想は定庵より筆を起こす」といわれるほどである。ちなみに「コンサイス日本人名事典」は約14,000名が収録されているので、世界史においてもそれくらいの規模が望まれる。

    たとえばナポレオン・ボナパルトの母レティツィアは13人の子を産んでいる。男5人女3人が成人した。長男はジョゼフ、次男がナポレオン、三男がリュシアン、四男がルイ、五男がジェロームといった面々である。彼らが収録された事典はみかけたことがない。

417pxjosephbonaparte

    ナポレオンの兄ジョゼフ・ボナパルト(1768-1844)は76歳まで生きている。

廃城後も経済発展した岐阜城

D_006_m

  濃尾平野の北端、岐阜市街地の北東部に屹立する金華山に築かれた山城。13世紀の鎌倉時代、二階堂行政(ゆきまさ)がここにはじめて城を築き、室町時代には美濃の守護土岐氏の守護代・斎藤利永(生年不詳ー1460)が修築して居城としたとされるが、この山城が美濃を制する軍事的・行政的な名城・稲葉山城へと飛躍するのは、16世紀半ば、急速に台頭した斎藤道三によってである。

   ところが斎藤道三は、稲葉山城を譲った長男の義龍(よしたつ)に討たれ、義龍の子の龍興(たつおき)が城主のとき、尾張の織田信長によって落城する。(1567年)

   織田信長は、山上・山麓に本格的な城を築き、城下町を造って、あらたに岐阜と命名した。中国周の文王が岐山(ぎざん)に興って天下平定をなしとげたという故事に基づく。阜は丘の意。「美濃を制するものは天下を制する」といわれた念願の美濃を手中に収めた信長は「武をもって天下を治める」(天下布武)ことを決意する。岐阜は信長の城下町として繁栄した。しかし、信長の死後、家康は岐阜城を廃し、その南に加納城を築いた。しかし、岐阜の街は、廃城後も経済発展を遂げた。

とっぽい奴

Img_0006
「悪名」 八尾の朝吉とモートルの貞

  「とっぽい奴」という表現はヤクザ映画などでしばしば使われる。よく耳にする形容詞ではあるが、時代や前後の文脈により、さまざまな使われ方をする言葉だ。もともと明治時代には「ずる賢い」「抜け目がない」という意味であったが、昭和に入ると「気障で不良じみた人」「生意気」などという意味も加わってきた。そのためヤクザ風の若い男に対して使われることが多い。広辞苑には「気障で生意気である」とある。だが戦後、「いかす」「イケてる」などと比較的近いニュアンスを持つ言葉が流行したことで、「とっぽい」の意味に変化が生ずるようになる。1970年代の吉田拓郎の「とっぽい男のバラード」に見られるように「何をやってもダメな奴」というイメージで歌われている。歌詞には「何をやってもダメなうすのろだけの男、好きな女がいても他の男にとられて、とっぽくてとりえのない男」とある。

    つまり現在では「ずる賢い、抜け目がない、ちゃっかりしている」という本来の意味から、正反対の「間が抜けている、ダメな人」という意味へと移行しつつある言葉ではないだろうか。自分中心のナルシストという意味も含まれる。

    同様に「とっぽい娘」も昭和の初めには「気障」「ちゃっかりしている」からモダン・ガールなどのような近代的、都会的なタイプの女性を指したようだが、戦後になると「田舎出のとっぽい娘」という矛盾した表現もみられるようになる。つまり「とっぽい」はテキ屋の世界では、「抜け目のない」という意味だったが、時代とともに「間抜け」の意味で使われることのほうが多いようになっている。

   個人的には「とっぽい」というイメージは、何をやってもダメな奴というよりは、イキでちゃっかりしている現代的なヤクザ風の男をイメージする。つまり映画「悪名」(田中徳三監督)で田宮二郎が演じたモートルの貞のようなアンちゃんである。ちなみにモートルとはモーターのことだが、博打を意味する符丁だそうだ。最近の人は「流行にのっていて派手な様子」を「とっぽい」と表現している。

2012年2月19日 (日)

オランダ歴史さんぽ

445pxgraf_egmont
   Graf Egmont (1522-1568)

  オランダは王国である。ベアトリクス女王の次男ヨハン・フリーゾ王子が訪問先のオーストリアでスキー中に雪崩に巻き込まれて重体となっているそうだ。オランダで思い浮かべるものは何んだろう。チューリップ、レンブラント、ゴッホ、そしてシーボルト(実はドイツ人)。オランダの独立運動といえば、すぐゲーテの悲劇の主人公エグモント伯(1522-68)を思いだす人もいるだろうか。ゲーテはエグモントをその詩想のおもむくままにはばたかせているが、もちろんエグモントより現実のエグモントの方がもっと悲劇的であったといわれるほどである。しかも独立を彩るのは、この「自由のために生きてたたかい、自由のために死んだ」エグモント伯だけではない。自由の詩人シラーをしてその史筆をとらしめ、イエナ大学の歴史学講師の口を得さしめる機縁となったのも、この独立戦争であった。オランダの独立は、ヨーロッパの人たちにとって自由のための一つの実験・史劇であった。それは、その後につづくいくたの市民革命の第一ののろしであったといえよう。ネーデルランド諸州の人たちの反抗は信仰の自由・諸州の自由・経済上の自由を目標とするものであった。

   スペインの専制政治に対する反抗は、ドイツのナッソウ家のオラニエ公ウィレムやエグモント伯、ホルン伯らの大貴族を中心として南ネーデルランドで開始され、次第に北ネーデルランドの中小貴族・商人をも闘争にまきこんでいった。このようにして1566年末ごろから主導権は貴族の手から市民に移った。スペインはこの運動に圧力を加えたが、ウィレムを指導者とした民衆の抵抗もますます激しくなり、闘争は独立戦争の様相を呈することとなった。この運動に加わった人たちはゴイセン(乞食)名づけられたが、それは運動の初期にスペインの宗教裁判所に反対してスペインの総督に請願状を出したネーデルランドの貴族の同盟に侮蔑的につけられた名である。北部7州(オランダという名はホラント州からくる)は1579年ユトレヒト同盟を結び、オラニエ公ウィレム1世を盟主に独立を宣言、1581年ネーデルランド連邦共和国を結成、1588年スペインの無敵艦隊がイギリス海軍に大敗し、スペインは衰退し、1609年にオランダとスペインとの休戦条約が成立して事実上の独立国となった。(参考:長谷川博隆「ベネルックスの歴史」世界文化シリーズ6)

切手になった映画スター

  「犯罪警報」コロンボが殺人犯ジョージ・ハミルトンに聞く。「郵便切手になった最初の映画スターは誰?」答えはグレース・ケリー。1956年、レーニエ3世と結婚したとき、モナコ政府が発行した。現在、ジェームズ・ディーン、ハンフリー・ボガート、ジョン・ウェイン、オードリー、ヘップバーン、クリント・イーストウッドなど多くスター切手が発行されている。とくに多いのがチャップリンとモンロー。全世界で100種類以上ある。

Img_1030664_36832459_0

Img_1030664_36832459_1

Img_1030664_36832459_2

Img_1030664_36832459_3

Img_1030664_36832459_4

Monro000
モンローとケネディがアベックの切手は珍品。サントメ・プリンシペという国は西アフリカのギニア湾に浮かぶ島国

Photo_5
  中央アフリカ(2003)

Monro0021 Photo_6
     モンゴル          トルクメスタン

Photo_7 Picstmlatest11071302l
          チャド

村の花嫁

20070327_294601_2
「村の花嫁」 ジャン・バティスト・グルーズ 1761年 ルーヴル美術館

    画面左側に娘との別れを悲しむ母親や妹。右側に花婿に持参金を手渡す椅子に腰掛けた娘の父親。先に結婚をする妹に対して嫉妬心を抱く姉の姿などが描かれている。物語性を感じさせる風俗表現は当時、批評家から高い評価が与えられた。

璋子(たまこ)と得子(なりこ)

    大河ドラマ「平清盛」。目下、朝廷での主役は鳥羽上皇の皇后・中宮、璋子と得子。藤原璋子は藤原公実の娘で崇徳、後白河天皇の母。院号は待賢門院。得子は藤原長実の娘で1139年に皇子躰仁(なりひと)を生む。近衛天皇である。だが1155年に近衛天皇が若くして没したとき、得子はこれを崇徳上皇と藤原頼長の呪詛として、上皇の皇子重仁親王を退けて、後白河天皇を即位させた。これが保元の乱の原因となる。

    ところでドラマでは璋子を「たまこ」、得子を「なりこ」と呼んでいる。竹内理三の「武士の登場」(中公・日本の歴史6)では「しょうし」「とくし」とルビがある。最近の研究成果なのだろうか?。

ローマ帝国と邪馬台国

Severus_family
カラカラは弟ゲタを殺害したのち、彼の肖像画の顔を塗りつぶさせた

   テオドシウス帝の死後まで約400年続いたローマ帝国と邪馬台国とでは歴史上の比較にならないが、セプティミウス・セウェルスの妻ユリア・ドムナ(170-217)と卑弥呼(170-248)とがほぼ同時代生きて、かつ女性でありながら帝国の最高権力者であったという共通すべき点がみられる。またユリアはシリアの太陽神エル・ガバルの祭祀の家系で、鬼道に仕えたシャーマン卑弥呼と共通している。

    ユリアには2人の息子がいた。夫の死後、息子のマルクス・アントニヌス(愛用した上着の名称をとってカラカラと呼ばれた)とゲタが共同皇帝として即位した。2人はたえず反目しあい、それぞれローマの多数の取り巻きを集めたが、最終的にカラカラが勝利を収めた。即位してわずか数ヶ月後に、ゲタを殺害させたのである。カラカラ帝の名は、大浴場の遺跡によって、今日一般には有名であるが、歴史的に重要なのは、この弟を殺した翌年に彼が発布したカラカラ勅令である。この勅令は、ローマ帝国に住む全ての自由人にローマ市民権を与えることを宣言したものである。それはカラカラ帝がアフリカ人とシリア人の混血だったということと大きく関係している。

Img_1432168_60581749_0_2 カラカラ

オランダの古城

Photo_3
 マイデン城

    マイデン城(Muiden slot)はアムステルダムの東方10㎞余に位置する、おとぎ話にでてくるような美しい古城がマイデン城である。1280年にフローリス5世により建造されたが、彼が1296年に城中で殺害されたあと、主を失った城は放置されて廃墟化された。これを14世紀後半に再建された。1609年に城主となったピーター・ホーフトは芸術家や音楽家を集めて文芸サロンを開いた。現在、一部を博物館として公開している。

Photo_4
 ヘルモント城

    オランダ南部にあるヘルモント城(Chateau Helmond)は1402年に建造された。城の周囲は水濠で囲まれている。

Img
 聖ウデンロード城

    聖ウデンロード城はオランダ南部スヘルトへーンボス近郊にあり、近世に改築されて図書館になっている。

Dsc01955leiden

    ライデン城(De Burcht te Leiden)の創建は10世紀まで遡る古城であるが、現在の城郭が構築されたのは1150年である。城は小丘上の頂部に環状城壁を廻らして、その一箇所に通路を設ける。

道鏡の虚像と実像

126380341906816303319

   横田健一先生が2月6日、逝去されました。心より哀悼の意を表すとともに謹んで先生のご冥福をお祈りします。ご著書「道鏡」の「はしがき」に、次のように記されている。

   道鏡の伝記には、小説めいたおもしろさがある。とくに後代にできたて俗説は、おもしろすぎるくらいである。もし人が、この書物に、そうした興味を期待してよまれたならば、おそらく失望されることだろう

    横田先生が道鏡研究に手をそめたのは、新村出、西田直二郎らの推挙があったからだそうで、昭和18年頃のことである。ちなみに作家の坂口安吾は昭和22年に道鏡を小説にしている。当然、横田先生も読まれたであろうことは想像に難くない。だが坂口安吾の小説を読むと、坂口が建部綾足の「本朝水滸伝」を読んで書いたような形跡はない。坂口の小説では、藤原百川が阿曽麻呂を使って道鏡を追討しようとしたとある。道鏡と女帝とは純愛関係であり、和気清麻呂も阿曽麻呂もぐるで、道鏡をおとすワナだというのだ。しかし、一見珍説に思えるような話は、すでに歴史家の喜田貞吉が「道鏡皇胤論」(大正10年)を発表し、その後、学界では、阿曽麻呂も和気清麻呂も、その手先につかわれたにすぎないという説は戦前かなり有力な説であったという。横田先生は戦後、実証的な研究により、戦前の説を否定し、本書を書かれたのである。半世紀以上経ったが、現在でも横田先生のものが道鏡研究の基本となっているようだ。

  要するに、道鏡の人物評価については、江戸の読本作家、明治の歴史家、昭和のデカダン作家、戦後の実証的歴史家、虚像と実像が混沌として決定打がないように思う。ケペルは道鏡悪玉論や巨根伝説には後代の創作であるという疑念を抱くようになっている。

道鏡関係文献目録

図書
弓削道鏡伝 松本幹雄 大同館書店 昭和8年
法師道鏡 上田正二郎 冨山房 昭和25年
人物新日本史 1 上代編 滝川政次郎 明治書院 昭和28年
道鏡 横田健一 吉川弘文館 昭和34年
論文
僧道鏡 久米邦武 史海12  明治25年
道鏡の艶聞 鼎軒 史海13  明治25年
僧道鏡の墳墓に就て 森本樵作 下野史談2-4 大正14
孝謙天皇 田口卯吉 史海8、9
光仁天皇 田口卯吉 史海10
僧道鏡 久米武夫 史海12
田口氏に答ふ 久米邦武 史海13  明治25年
道鏡皇胤論 喜田貞吉 史林6-4  大正10年
道鏡皇胤論 喜田貞吉 禅宗351-353  大正13年
道鏡皇胤論に就て 喜田貞吉 宗教と思想2-8  大正13年
道鏡皇胤論について 喜田貞吉 斎東史論
習宜阿曽麻呂の冤柱 喜田貞吉 歴史地理8-3
武将伝説と僧侶伝説1 弓削道鏡と冠石 田中勝男 上方116 昭和15
道鏡をめぐる諸問題 日本古代政治史のための断章 北山茂夫 立命館法学4-5  昭和28
清麻呂と道鏡 幸田露伴 朝日評論4-4 昭和24
弓削道鏡 滝川政次郎 新潮50-4  昭和28
道鏡伝考 横田健一 関西大学文学論集1-2、2-2 昭和27,28年
道鏡 門脇貞二 日本歴史講座2
道鏡事件の政治史的考察 古代天皇制の一性格 福富文哉 北陸史学5 昭和31
道鏡私考 堀池春峰 芸林8-5  昭和32
道鏡政権下の僧位について 舟ヶ崎正孝 歴史研究4 昭和41
道鏡政権の歴史的評価 天平神護元年三月五日の勅をめぐって 江川潔 史流2 昭和34
道鏡天位託宣の社会的背景 中野幡能 大分県立芸術短大研究紀要1 昭和37

読書量が減った

Y7f3lal6kqfq024pvshjfp4jo1_500

    平成になってから国民全体の読書量はたしかに減ったと感じる。おそらくこれはインターネットの普及と関連するだろう。たしかにネットは調べるには便利な道具だ。ただこれによって、容易に情報が入手できるため、人は面倒で苦痛をともなう本をじっくりと読むという時間は少なくなってきた。雑誌やマンガの軽読書はしても、専門書を読破するという作業は減った。研究者もパソコンに向かう時間は増えても、読書時間そのものは減っている。これは明らかに知性の低下現象である。新刊書店の本をみても、わかりやすく書いた入門的な本、中身のないスカスカの本がよく売れている。

2012年2月18日 (土)

待賢門院堀河

    NHK大河ドラマ「平清盛」。鳥羽天皇の中宮璋子に仕える女房・堀河局(りょう)。西行とも親しい関係。歌人として有名でドラマでも百人一首80番の歌が詠まれていた。

長からむ心も知らず黒髪の乱れてけさはものをこそ思へ

    ひたぶるな愛に生きる女の姿があざやかに浮かんでくる。当時においては、女性の黒髪は今日では想像出来ないほどのいのちを含み、女性美の象徴でもあった。たとえば源氏物語、若紫の巻に「髪は扇をひろげたるやうにゆらゆらとして」「髪ゆるらかにいと長く」「こぼれかかりたる髪、つやつやとめでたう見ゆ」等、紫ノ上をたたえるにすべて髪の美しさを通して語られている。「長からむ」の歌は女性らしい実感を強く歌い上げ、かつその不安ななやみもみれる。官能の香りの強い歌である。

ロシアの家庭料理

    ロシア料理といえば、ザクースカ(前菜)やスープの種類が多いのが特徴です。ザクースカは、ニシンやイワシなど魚の酢づけ、サケのマリネ、肉のくんせいやサラダなどがあげられます。スープといえば、ボルシチが有名。材料はタマネギ、ニンジン、キャベツ、ジャガイモ、ビーツ(ロシアではスビョークラ)などにトマトスープ、こしょうを調味料として煮込んでいます。ほかにオーブンで焼いた肉料理ジャルコエ。豚肉、ジャガイモ、タマネギをいためて蒸し煮する。ペリメニは小麦粉と少量の卵を水で練って作った薄い生地で細かく刻んだ肉を包んだタンブリングの一種。ロシア風の水餃子。

10d50aa9e89c82210873171d5cbadf9d 01140047500
      ザクースカ         ボルシチ

Photo Photo_2
       ジャルコエ         ペリメニ

2012年2月17日 (金)

ハイデルベルク城

Doitu092l

    ハイデルベルク城はドイツで最も有名な城の1つである。ハイデルベルクという村名が記録に現れるのは1147年の文書からである。プファルツ伯オットーが居城する13世紀前半をハイデルベルク城の成立と推定している。プファルツ伯は以後、18世紀までの500年間の長期にわたって居城地としたので、本来なら、遺構や建築物も残るはずであるが、プファルツ伯は新教に改宗したため、三十年戦役に際して、1621年に旧教派である皇帝軍の侵略をうけてハイデルベルクは大きく荒廃してしまった。戦後、1718年にプファルツ伯カール・フィリップは修復に努めたが、翌々年に居城地をハイデルベルクからマンハイムに移したので、同市は急激に衰退した。

     またハイデルベルクは大学の町としても有名であるが、ループレヒト・カール大学は1368年の創立でドイツにおける現存最古の大学である。

冬の情景 日本の野生動物

    都会に住んでいるので野生動物を見る機会はほとんどないが、同じ日本列島に暮らしているんだ。

D_deer21
 ニホンカモシカ

Snow
 ニホンザル(地獄谷野猿公苑)

Photo_5
 エゾリス

P4024369
 ホッキョクグマ(円山動物園)

20060922_ueno_0129
 ツキノワグマ

魚の大量死

Photo Photo_2
     アユ              イワナ

Photo_3 Photo_4
      ヘラブナ       キンブナ(マブナ)

  ネット情報では魚の大量死のニュースをよく見る。「青梅市で魚5000匹の死骸。都当局では水質汚染は発生していない」「多々良沼でヘラブナ、マブナの大量死」「金沢でアユ1万匹が大量死」などなど。最近頻発する魚の大量死が気になる。水質汚染がすすみ、人体への影響が懸念される。

中世ヨーロッパの旅

Dubrovnik0

    クロアチアのドゥブロヴニクは中世の面影を色濃く残す美しい要塞都市で、世界遺産にも登録されている。7世紀初め、ギリシア南部の都市エピダウルスがスラブ人によって破壊されたとき、エピダウルスの住民が避難してきた。その後、ドゥブロヴニクはビザンツ帝国、都市国家ヴェネツィア、ハンガリー帝国、オスマントルコなどの諸国に次々と臣従しながらも、1806年にフランスに占領されるまで都市共和国として一定の独立を保ちつづけてきた。それを支えてきたのは、強力な艦隊と人々の自由(リベルタス)への確固とした意志、そして民主制度であった。

  西洋中世関係文献

「西洋中世世界の成立」増田四郎
「ヨーロッパ世界の誕生」ピレンヌ
「西洋中世史」山中謙二
「西洋中世世界の崩壊」堀米庸三
「西洋中世の文化」大類伸
「中世文化史」ドーソン
「フランス文学の精神」佐藤輝夫
「中世の美術」吉川逸治

平清盛、南都焼き討ち

157 Cpd1111220802007p1
Img58152009 Image0261

Kiyomori_sansyu

    NHK大河ドラマ「平清盛」の視聴率が低迷するなか、ゆかりの地では清盛関連グッズ合戦が熾烈である。ところで清盛といえば奈良の諸寺を焼き討ちにするという大罪を犯したことで知られる。便乗商法とみるべきか、地域振興とみるへきか、それが問題だ。この現状を奈良ではどのように受けとめているのだろうか。

  平安末期は末法思想が世の中を覆い始めていたが、民衆の宗教心は今よりもはるかに篤いものがあった。奈良の東大寺は武闘勢力を抱える独立王国のような存在であり、源氏と連携を強め、平氏と対立するという構図となった。1180年に平清盛に命じられた重衡の軍勢は南都の焼き討ちを行い、東大寺、興福寺、元興寺などの諸堂をほぼ壊滅させた。「灰燼は山のごとく、余煙は黒雲の有り様」であったという。東大寺は二月堂や法華堂を除き、大仏殿をはじめ多くの伽藍を焼失した。だが大仏の修復は1183年に始まり、1185年には開眼供養が行われるというスピードぶりだった。当時の民衆がいかに大仏を哀惜し、またその崇りを恐れたかがわかる。

道をひらく

Sugawara20

    「仁義なき戦い」「トラック野郎」や任侠映画のイメージがある菅原文太だが、近年は文化講演会などの知的活動がめざましい。農業医学夏季大学の講演では「農業に用いる農薬や原発などは、化学の力に頼りすぎているのではないか」と有機農業の実践やがん闘病の体験談を語る。モデルから映画界に入ったことはよく知られているが、学生時代は仕送りもなくアルバイトで苦労したそうである。二コヨン、出版社の梱包・運送、バーテン、はてはインチキ神主など、ユニークな経歴の持主である。

    70年代のシラケ世代の代表的な女優秋吉久美子が早稲田大学大学院に入学したことも、人間は印象と異なることを示す一例である。熱心に勉学したようで、2009年には学位を取得している。

オスタンキノ宮殿とシェレメチェフ

Img_116793_10209558_0

   帝政ロシアのシュレメチェフ家はロマノフ王朝でも有数の貴族として繁栄していた。現在モスクワの玄関口シェレメチェヴォ国際空港もシュレメチェフ家の領地であったことに由来する。18世紀末、ニコライ・シュレメチェフ伯爵は、モスクワのオスタンキノに宮殿を建てた。バレエや演劇が好きだった伯爵は、農奴のなかから才能ある人を集めて、俳優や歌手、ダンサーにした。そのなかにプラスコービヤ・コバリョーバという美しく才能あふれた女優がいた。当時、貴族が農奴と結婚することは考えられなかったが、伯爵は周囲の反対をおして彼女と結婚した。しかし、彼女は3年後亡くなり、伯爵は2度とこの宮殿に来ることはなかったという。

Img_0002
 プラスコービヤ・コバリョーワ

サンタンジェロ城

1527it4

    ローマのテヴェレ川右岸にあるサンタンジェロ。その意味は聖天使城。映画「ローマの休日」では夜のダンスパーティーの舞台となったところ。ハドリアヌス帝が自らの堂廟として139年に建設を開始し、アントニヌス・ピウス帝の治世、西暦149年に完成した。しかしこの廟はローマを守る城として改造されたため、幾度も敵に包囲されることとなった。1527年、ドイツのカール5世がローマに侵入し、教皇クレメンス7世(在位1523-1534)はサンタンジェロに避難したが、ローマは掠奪されルネサンスが終焉した。17世紀、サンタンジェロ橋の欄干にはベルニーニ作、天使像の彫刻が飾られる。現在では城は公開され。内部は歴史博物館となっている。(Castel Sant'Angelo)

世界で一番

2006031001_01

   世界で一番小さな本。縦横5mmの「主祈祷文」。今回、ロンドン・クリイティ競売所で展示されている。豆本はだいたい5㎝くらいの大きさがふつう。

2787089467_044336acb6_o

2011121600000134jij000view

   世界で一番小さな女性は?インドの高校生、ジュディー・アムゲ(18歳)ちゃん。身長は約60㎝、体重はわずかに5㎏。ジュディーの夢はハリウッドの女優になることだそうです。

111217a1

ロンドンの古本屋

   ロンドンのレスタースクエア近くにあるセシル・コートには本屋がたくさん並んでいる。ナイジェル・ウィリアムズ・レア・ブックスには状態の良い文学書、児童書、絵本、推理小説などの初版本がある。ピーター・エリス・ブックセラーには、厳選した希少な古書が多くある。だが外に出されたワゴンには1ポンド均一の本が並んでいて、道行く人が足を止めて立ち読みしている姿はいずこも同じである。

Nigel_williams_basement
 ナイジェル・ウィリアムズ・レア・ブックス店内

Cecil_court_bookshop
 ピーター・エリス・ブックセラー

東西文学雑談 中島敦とスティブンソン

Yaleuniversitybeineckerarebookandma
 イエール大学図書館

   中島敦の「光と風と夢」。健康をそこねたスティブンソンは、療養のためサモアにやってくる。執筆のあいまに畑仕事をしたりするほか、農園のことやサモア人の争いごとの間に立ったりしている中で死を迎える。多くのサモア人が彼の埋葬に立ち合い、ツシタラ(物語の語り手)の死を見送る。

「図書302号」1974年10月、目次。

今野一雄「秋に思う」

生島遼一、野間光辰、吉川幸次郎「東西文学雑談(座談会)」

淮陰生「余財ありて清節あり」

飯沢匡「笑わない人々」

中村一明「伊豆大島・火山島の自然2」

寺田透「郎女その人柄は」

桑原万寿太郎「動物のコミュニケーション生体と情報」

   例によって目次の紹介。本号の特集「東西文学雑談」は吉川幸次郎を中心として京都学派の話など面白い読物となっている。

2012年2月16日 (木)

ガイヤール城

7380045511e3f1

  フランス北西部レ・ザンドリーの市街やセーヌ川を見下ろす高台に、イングランド王獅子心王リチャードが1196年に建造したガイヤール城がある。「きびきびした」「頑強な」という意味だが、正にシャトウ・ガイヤールは難攻不落の城だった。この時代、イギリスがフランスの大西洋岸の広大な領土を支配していた。1203年、イングランド王ジョンはフランス王フィリップ2世に攻撃され、8ヵ月間も籠城したのち、さしもの堅固な城も落城した。その後、長い間、廃墟の時代が続いた。(図説ヨーロッパ100名城公式ガイドブック」紅山雪夫 2011年)

「黒い乳房」と安保闘争

   新東宝映画「黒い乳房」の公開は1960年6月で、ちょうど安保闘争が空前の盛り上がりをみせていた頃だった。異父姉妹がキャバレーの姉、小畑絹子と看護婦の池内淳子。恋人、高宮敬二と菅原文太が2人に絡む。悪女の姉が社長の娘になりすますが、実は死刑囚の娘で、妹が本当の社長の娘。悪事が露見し、結婚式の日にヤクザの情夫に刺殺される。大時代のドラマの展開がむしろ新鮮にみえる。フランス映画「太陽がいっぱい」の翻案物。妖艶な美女小畑絹子は新東宝の看板スターだった。倒産後、他の俳優が活躍するなか、小畑絹子はなぜか不遇だった。

 

忘れられぬ人々

Flr2

    篠崎誠監督の映画「忘れられぬ人々」(2000)は、シュールとでもいうべき不思議な味わいの作品に仕上がっている。3人の戦友たちの老後を描いているのだが、いわゆるありきたりな病気と生死だけではなく、現代社会の矛盾など変わった視点で問いかけている。後半から霊感商法で被害に遭う老人が出て、日本刀で会社に復讐する壮絶なラストは異様ともいえるが、三橋達也、大木実ならそれを期待するファンもいるだろう。突貫小僧の青木富夫が暗くなる映画にユーモアをかもしている。老優をよく知っている日本人が見ると面白いと思っていたら、意外に俳優のことなど全然知らない海外の人がこの映画をみると、新鮮な感動があるらしい。映画とは不思議なものである。内海桂子が「私たち死んだら思い出もなくなっちゃうのかしらねぇ」というセリフがあるが、そんなことはない。3人の俳優の名演技は深く心に残っている。

D79855f0d7d082b285104c107b6e300e
青木富夫(左) 「突貫小僧」(昭和4年)

健康なとき駄作を書き、病床で傑作をものにした作家

   「出家とその弟子」や「愛と認識との出発」などで知られる倉田百三は闘病生活が長かった作家である。そのため「病床で傑作をものにした作家」というレッテルを貼られることがある。これに対して倉田百三の妹である作家・倉田艶子(1896-?)は「出家とその弟子は兄の文筆生活中の一番健康な時に書かれたものだ」と反論している。(「出家とその弟子」ができるまで)

   「病床で傑作をものにした作家」というレッテル誕生の発端は、どうやら倉田の晩年に交友があった亀井勝一郎にありそうだ。

   「倉田氏の生涯をみてふしぎに思うことは、病気のとき傑作をかき、健康なとき駄作をかいたことである。「出家とその弟子」の読者は、ここにみなぎる逞しい意力と情熱に驚くであろう」とある。現代知識人の典型的評論家の亀井勝一郎がこのように言い切っている。(新潮文庫解説)

   大正5年6月、姉の政子が重態であるとの知らせに、百三、艶子は帰省した。7月15日には政子死去する。倉田百三の年譜などでよく「出家とその弟子」は帰省先で脱稿したことになっているが、艶子の記憶によると帰省先で書かれたものではないという。百三が発病するのは翌年の大正6年になってからのことで、「出家とその弟子」は大正5年の健康時に書かれたものであるという。百三の帰郷と発病とが前後して名作誕生となっているが、事実は艶子の証言どおりであろう。

   倉田百三(1891-1943)。明治23年2月23日、広島県比婆郡庄原町字庄原(現・庄原市)において、倉田吾作の長男として生まれる。一高時代、西田幾多郎に傾倒する。また宗教家・西田天香(1872-1968)の修養団体・一燈園に入る。「出家とその弟子」の親鸞は西田天香がモデルといわれる。

2012年2月15日 (水)

マラカイト(孔雀石)

1345

    孔雀石の名は微結晶の集合体の縞模様が孔雀の羽の模様に似ていることに由来する。紀元前2000年ころのエジプトですでに宝石として利用されている。当時のエジプト人はラピスラズリ(青)や紅玉髄(赤)などと組み合わせ、特定のシンボルを表す装身具に用いられた。現在でも美しい塊は研磨して貴石として扱われ、アクセサリーなどの宝飾にも用いられるが、モース硬度3.5-4と柔らかい鉱物であることから、硬度7以上を定義する宝石には合致しない。

ローマ帝国の退廃と絵画

    19世紀の新古典派の画家は歴史画を好んで描いたが、とりわけ逸楽に身を堕した古代ローマ人を題材とした。トマ・クテュール(1815-1879)の「退廃期のローマ人たち」(1847年)は贅沢な食事と酒と女に溺れるローマ貴族の姿を表している。

0011

    ローレンス・アルマ・タデマの「ヘリオガバルスの薔薇」(1888年)はローマ皇帝へリオガバルスは客人に薔薇を見せて、大量の花びらを落として窒息死するのを眺めて愉しんだという逸話を題材にしている。

800pxthe_roses_of_heliogabalus

野狐禅

    やこぜん。禅学を修めて、なまかじりなのに自分だけが悟りを開いたつもりで自惚れること。

生活と芸術

    産業革命の結果、大量生産による粗悪な商品が暮らしにあふれている。こうした状況を見直す運動が19世紀末にあった。ウィリアム・モリスのアーツ・アンド・クラフト運動もその一つである。柳宗悦が提唱した民芸運動もその流れともいえる。沖縄や韓国の伝統民家に住む人々も、むかしながらの暮しを残しながら、自然とゆったりと暮らしている。21世紀の都会でこのような生活ができないだろうか。神戸大丸で「ベニシアと仲間たち展」が3月から開催される。「猫のしっぽカエルの手」でおなじみのハーブ研究家ベニシア・スタンリー・スミスの京都大原での暮しぶりが紹介される。大量生産・使い捨ての時代に私たちが忘れてしまった心の豊かさを思い起こしてくれそうだ。

書斎

4495418femalestudentselectingbookfr

 部屋に書物がないのは体に魂のないようなものだ(キケロ)

ターナーと天文学者

Josephmallordwilliamturnerflintcast

 展覧会に出品されたターナーの絵をみた、ひとりの天文学者が、「この絵は嘘である。天文学上からいってこんな美しい景色はゼツタイに有り得ない」と批判した。するとターナーは「あなたはこのような景色をみたいとはお思いになりませんか」とたずねた。すると天文学者は「それは見たいですね」というと、こんどは、「そうですか。わたしは誰もが見たいと感じている理想の美を描いたつもりです」ターナーはそういって微笑んだ。

全裸のゴダイヴァ夫人

800pxlady_godiva_by_john_collier

    中世イギリスの領主レオフリックは強欲で、領有する町に重税を課そうとした。夫人のゴダイヴァは信心の篤い聖い心の持主で、重税を思いとどまるように幾たびも説得した。が、レオフリックはいっこうに取り合おうとしない。あまつさえ戯れに、「もし、お前が全裸で町中をねりまわったら、税は免じてやろう」といった。夫人は髪を解きほぐし、馬にまたがり、裸で町を完走した。町の人々は、自分たちのためにあえて恥をしのんで犠牲になった夫人に深く感謝して、誰も通りに出ずに、夫人を見ようとしなかった。だが、トムという好色な仕立て屋は、深窓の貴婦人の裸身が見たくて、ひそかに覗き見しようとした。すると、どうしたことか、仕立て屋が目的を達する前にめしいてしまって、夫人の裸を見ることができなかった。イギリスでは出歯亀のことをピーピング・トム(Peeping Tom)という。欧米では、増税反対のためにスキンカラーのボディスーツをまとった女性が白馬にまたがり、ねり歩くパフォーマンスが行なわれることがある。

ロンドンの古書店

Photo

    イギリスの小説家デイム・アントニア・スーザン・バイアットの作品に「抱擁」(新潮文庫)がある。グィネス・パルトロウで映画化されている。若い研究者が図書館でビイクトリア朝の桂冠詩人アッシュの直筆の恋文を発見する物語。ロバート・ブラウニング(1812-1889)とクリスティナ・ロセッティがモデルらしい。映画はつまらなかったが、本場ロンドンのアンティークな古書にはため息がでる。さすがにかつての大英帝国の知的情報の蓄積は他国を圧倒している観がある。サックヴィル・ストーリーにあるサザランズは1761年の創業でヨーク発祥の書店である。新しい本もあるが、ほとんどがアンティーク。チャールズ・ディケンズの初版などもある。

Photo_2

Photo_3

読書さんぽ

Chn20_rpt12844_katatsumuri_05

    近ごろ、運動のために20分くらいかけて歩いて図書館に通い、本を借りている。本を開く、その本どくとくの香りがただよってくる。期待に胸がふくらむ。至福の一瞬である。

リムスキー・コルサコフ夫人の肖像

C0139105_2135680

    フランツ・クサーヴァー・ヴィンターハルター(1805-1873)の作品に「リムスキー・コルサコフ夫人の肖像」(1864)というロシア上流貴婦人を描いた名画がオルセー美術館にある。日本人からの観光客が見て誰もが驚く。女優の名取裕子に激似なのだ。リムスキー・コルサコフはロシア五人組の作曲家とは別人である。ロシアの名取裕子Madame Barbe(1833-1878)は、このとき 31歳で、45歳で亡くなっている。

2012年2月14日 (火)

芸歴50年

    芸能人の勲章の1つに「芸歴50年」がある。北島三郎が今年、メジャーデビュー曲「ブンガチャ節」(1962年)から50年になる。半世紀もの間、演歌界の看板であることは大したもの。もちろん50年以上の長いキャリアの芸能人は他にも多数いる。寅さん映画全48作に出演した三崎千恵子が老衰のため死亡した。90歳。1939年松竹演芸部に歌手として所属し、「ムーランルージュ新宿座」で人気スターだったという。芸歴70年を超える。山田五十鈴、森光子はさらに古いだろう。淡島千景、岸恵子、若尾文子という美人女優も芸歴60年を超える。男優は流石に60年を超えるかたは少なくなったが、津川雅彦「狐の呉れた赤ん坊」(1945)、三國連太郎は「善魔」(51)デビュー。落語家など古典芸能には多くいるだろう。宇津井健は「思春の泉」(53)、仲代達矢は黒澤監督の「七人の侍」(53)が映画デビュー作。品川隆二「こんな別嬪みたことない」(54)、宝田明「かくて自由の鐘は鳴る」(54)、中村嘉葎雄「振袖剣法」(55)、小林旭「飢える魂」(56)、高倉健「電光空手打ち」(56)、平幹二朗「貸間さがし」(56)、菅原文太「哀愁の街に霧が降る」(56)、里見浩太朗「天狗街道」(57)、ミッキー・カーチス「ウェスタンカーニバル」(58)、加山雄三「男対男」(60)など。脇役俳優ならもっと他にいるだろう。

NHK「タイトロープの女」で工場長の役で佐川満男がいい味をだしている。「佐川ミツオ」でロカビリー時代、人気歌手だった。映画「命みじかし恋せよ乙女」「背広姿の渡り鳥」も出演しており芸歴50年を超えている。

    ハリウッド・スターで芸歴70年以上といえば、ルイーゼ・ライナー(102歳)は「Sehnsucht 202」(1932)というドイツミュージカル・コメディ(ロミー・シュナイダーの母親マグダ・シュナイダー主演)で映画デビュー。今も現役俳優でいえばミッキー・ルーニー。

Mloony06

死のサイン

    最近「GKB」という言葉が話題になった。2012年度の自殺対策防止強化月間の標語「ゲートキーパーベーシック」の略語である。自殺を考えている人のサインに気づき、声を掛けて見守ったりする人を指す。標語うんぬんよりも、年間3万人以上の自殺者がでる現実が問題である。

    なぜ人を死へ追い詰めるのか、その内的なものは他人からは知ることはできないが、現代社会の病理的なものを感じている。小説の世界でも自殺をほのめかしたものは、なにかしら純文学的なものとして、高く評価される傾向があるように思える。芥川龍之介や太宰治の作品には随所に死への暗示がなされている。吉行淳之介の短編「夏の休暇」を読んだ。短編で少年が主人公なので、夏の気楽な読み物と思って読んだのだが、結末は暗示的なものであった。小学生の一郎が若くてハンサムな父親に連れられて、夏休みにO島へ行く。母は病弱なので行かなかった。さわ子という美しい女性が現れる。どうやら父の愛人のようである。一郎がミミズに小便をかける場面がある。さわ子は「ミミズに小便をかけると、おちんちんが腫れるよ」という。一郎は汗で濡れたさわ子のブラウスをみて、ペニスが初めて勃起するのを経験する。だが一郎はミミズのせいで腫れたのだと思っていた。この小説は少年から大人へ変わろうとする自分の性を描いたものであろう。不可思議な行動をとる父との対比で描いている。父には死への暗示のようなものがみえる。もちろん読者は吉行淳之介の父は作家の吉行エイスケであることは知っているのだが、実名などは避けて、現実よりも小説の世界を描きたいのだろう。大島や熱海もO島、A温泉としている。父が一人で沖に泳いでいき、死んだのか、無事に生還したのかは、はっきりと書かれていない。父は自殺したのだろうか。自殺の理由は何なのか、はっきりとは書かれていない。最後の一文は「なにかしら解放感のようなものが、甘くひろがってゆくことにも気づいた」とある。いろいろに解釈できることが一層、文学的な芳香を放つのであろうか。生と死は、生きている者たちの永遠のテーマである。働き盛りの自殺者が急増しているが、最近ふさいでいる人に対して、周囲の人たちが自殺のサインに気づいて、何気ない一言をかけることも自殺防止の一助だと思う。

「自殺は殺人の最悪の形態である。というのは、それは後悔の念を起こさせる機会を少しも残さないからである。」(コリンズ)

土井ヶ浜遺跡

Sc001

   国指定史跡「土井ヶ浜遺跡」人類学ミュージアム(下関市豊北町神田上891-8)は日本人のルーツがわかる人類学の博物館。発掘調査は昭和28年から始まり、昭和63年まで13次にわたる調査が行われた結果、弥生時代前期から中期の約300体の弥生人骨や副葬品が出土した。

1112
 一箇所に集められていた頭蓋骨

    弥生時代の人骨が多数出土したため、初めて弥生人の顔・かたちが判明した。彼らの顔・かたちは面長で、鼻根部が扁平で、高身長という、縄文人とは異なる容貌をしていることが明らかとなった。

    埋葬地にある遺体は、体の軸がほぼ東西になるように埋葬され、しかも頭をやや高くし、顔が西側を向くように、すなわち海岸の方向へ顔を向けて葬られている。

Doigahama_jinnkotu

聖徳太子は子沢山

Img

    世界史の人物で子沢山といえば「音楽の父」バッハが20人。インドのムガール帝国のシャー・ジャハーンですら14人。チャップリンは11人。平清盛16人、源為義26人、蓮如27人、織田信長17人、徳川家康18人、徳川家斉55人、常陸山55人、明治天皇15人、松方正義18人。

    意外に妃妾が多数いて子宝に恵まれていたのが聖徳太子。莵道具蛸皇女、刀自古郎女、橘大郎、膳大郎(高橋妃)の4人の妃がいて、48年の生涯で7男7女の14人の子、孫5男2女(難波麻呂古、麻呂古王、弓削王、佐々女王、三島女王、甲可王、尾治王)がいた。山背大兄王は643年、斑鳩寺で妃妾・子弟とともに自害したとあるが、他の一族の事蹟に関しては不詳である。平安時代になると太子信仰が高まり、太子は超人的存在として伝説化された。

20081024172036

蛍石

P1010021a

   日本各地に産する鉱物のひとつで、色の変化にも富む。ふつうはほとんど無色か、深い緑色をしているが、紫外線を当てると、燐光を発する。このことから和名の「蛍石」が名付けられた。また、熱によって溶けやすいことから、英名「フローライト」(Fluorite)はラテン語で「流れる」を意味する「fluere」に由来する。

    古代エジプトでは、彫刻やスカラベ(ペンダント)に蛍石が使われていた。中国では、彫刻の素材として、300年の歴史がある。

黄鳥歌

   シェリー(1792-1822)は友人キーツ(1795-1821)の訃報に接すると、「アドネイイス」を書いてその死を悼んだ。映画「ローマの休日」でアン王女がシェリーの詩をキーツと思いちがいして、新聞記者ジョーと言い争う場面がある。韓国映画「ピアノを弾く大統領」に似た場面がでてくる。熱血女教師ウンス(チェ・ジウ)が韓国大統領ハン・ミヌク(アン・ソンギ)に罰として韓国の古詩「黄鳥歌」を100回書かせる。ところが一箇所「地」は「之」が正しいという。大統領は「地」が正しいと言い張る。結局、女教師が正しかった。そういえばこの映画「ピアノを弾く大統領」は身分違いの恋だが、「ローマの休日」の逆バージョンである。つまりハッピー・エンドだ。

    ところで問題の古詩は高句麗瑠璃明王の作(前17年)のもので韓国人なら誰でも知っている有名な詩らしい。

   「黄鳥歌」

翩翩黄鳥 楽しげに飛ぶ黄色の鳥よ

雌雄相依 つがいとなって相寄り添う

念我之独 自分と省みれば私は独りである

誰其與帰 誰とともに帰ればよいのだろう

    瑠璃王(前19-後18)は中国の史料「魏志東夷伝」に見える「騶」に比定される。つまり朱蒙(チュモン)東明王の子。瑠璃は新の王莽によって殺されたとされている。

2012年2月13日 (月)

オプティカル・アート

    オプティカル・アート(Optical Art)とは、視覚的効果を狙った模様やデザイン。美しいものに共通する構成美の要素には、バランス(均衡)、強調(アクセント)、リズム(律動)、シンメトリー(均斉)、グラデーション(漸層)、ハーモニー(調和)、プロポーション(比例)、ムーブメント、コントラスト(対比)、リピート(繰返し)、アクティブ(活動)、ジオメトリック(幾何学的な模様)、アブストラクト(抽象的な模様)、イリュージョン(錯覚)、ネブラウス nebulous (不明瞭な模様) などがある。

3d156ff87d5e0bc2e33e2f58d21568be

Amazing_geometric_graffiti_style

Design_harmonyultramarineweddingpro

Geometricwild

 

Photo

Imageeji

Karakusa

平時子vs由良姫

Ppa3kqmuxeajcknxdihfughgo1_400 466517a78d19c9f72a7647761b78ae4f

  NHK大河ドラマ「平清盛」第6話「西海の海賊王」。海戦シーンが見所だった。しかし視聴率は13.3%と急落。理由はわからないが、朝廷、平家、源氏と人物関係が複雑なのかもしれない。だが今回から頼朝の母となる由良姫(田中麗奈)と清盛の二番目の妻となる時子(深田恭子)が顔をみせた。平清盛vs源義朝、時子vs由良姫、というシンプルな構図を抑えてみればいい。実際は清盛が義朝より5歳年上。演ずる俳優は松山ケンイチが玉木宏より5歳年下というのが気にかかる。時子は清盛よりも8歳年下だが、深キョンはケンイチより2歳年上。由良姫の生年は不詳だが、玉木と麗奈は同年。おそらく由良姫はもっと若かっただろう。清盛役が若すぎる俳優のため、共演者と年齢のバランスがとれていない。主役の松山・玉木のライバルに視聴率がかかっている。深田・田中が絡むシーンはないだろうが、実際の2人はそのキャリアを調べると完全なライバル関係にある。深田が「FiVE」(1997)でデビュー、映画初主演が「死者の学園祭」(2000)。田中が「スーパー・ハイスクール・ギャング」(1995)でデビュー、映画初主演が「がんばっていきまっしょい」(1998)。ともに2000年代の日本映画界を支えてきた美人女優である。平時子、由良姫をメインに観ることにする。

翻案それとも盗作?

Photo

    山田洋次の映画「幸福の黄色いハンカチ」はピート・ハミルの小説を原作に翻案・映画化したものとしてよく知られる。むかしから外国の作品を自国の設定になおして、リライトすることはよくある。尾崎紅葉の「金色夜叉」も実はイギリスの小説「女より弱き者」(バーサ・M・クレー)を基にしているという研究がある。シェークスピアの「ハムレット」にも、「スペインの悲劇」(トマス・キッド著)という元になった話があったという。最近、ヨーロッパではスイスのヨハンナ・スピリ(1827-1901)の「ハイジ」(1880年)も1830年ごろドイツで出版された「アルプスの少女アデレード」(ヘルマン・アーダム・フォン・カンプ著)に筋が酷似していことが指摘され話題になっている。アルプスの山小屋に住む少女がドイツの都会に引っ越すという設定が同じなのだそうだ。翻案か盗作か、それが問題だ。

「平清盛」は本当に災いの種だった

20120127_2344710

    NHK大河ドラマ「平清盛」の視聴率の低下が止まらない。毎回楽しみに見ているが、ドラマが活気があってよい出来栄えである。盛り上がらない第1の理由は、平清盛が活躍した平安末期が現代人からは想像しにくく、親近感がないからだろうか。第2は、ヒーローが義経ではなく、アンチヒーロー清盛で、無理矢理に善玉にしたてた作品では感情移入しにくい。第3は清盛の子、重衡が東大寺、興福寺を焼いたことに仏罰。第4は、崇徳院の崇り。第5は、ツーリズム、地域振興という美名に借りた商法への反感。大河ドラマの舞台=観光地、経済振興、という図式にもうイヤ気をさしているのだ。「柳の下にいつも泥鰌はおらぬ」という。同じ方法で、いつも上手くいくと思ってみても、そうはいくまい。この諺の類は、世界各国にある。英語表現にも似たものがある。

A fox is not taken twice in the same snare.(同じ罠で狐を2度捕らえることはできない)

There are no birds in last year's nest.(去年と同じ巣に小鳥はいない)

2012年2月12日 (日)

ホイットニー・ヒューストン急死

Whitneyhoustonbodyguard

Whitney Houston,one of the biggest superstars to emerge frome the 1980s,has died at the age of 48.Her biggest single on the Hot 100 chart is her iconic ゛I Will Always Love You",from her film ゛The Bodyguard".The track spent a staggering 14 weeks atop the list and at the time was the longest-running No.1 single in history.

ホイットニー・ヒューストンは1980年代からの最も偉大なるスーパースターの一人で、48歳で亡くなった。ビルボードHot100で14週連続No.1を記録する驚異的なヒット曲で彼女自身が出演する映画「ボデーガード」の主題歌「オールウェーズ・ラヴ・ユー」は史上最も長きにわたるNo.1シングルだった。

三内丸山遺跡の謎

20110406_dsd0188_530

     三内丸山遺跡(青森県青森市三内字丸山)は縄文時代の前期中頃から中期末(BC3500~BC2000年)に存在した最大の集落跡。1953年より本格的な発掘調査が行われ、1992年からの発掘調査で、竪穴住居跡、掘立柱建築跡、貯蔵穴などが見つかり、集落全体の様子がわかるようになった。遺蹟のシンボルともいえる大型掘立柱建物(復元)の用途についてはさまざまな説がある。大きく建物説と非建物説(木柱列説)に別れ、具体的には祭殿や神殿などの宗教的施設、物見櫓、灯台、見張り台、天文台、トーテムポールなどさまざまな見方がある。

びた一文

    びた一文とは、ほんの僅かな金銭のこと。「びた」は「鐚」と書き「鐚銭」の略で、粗悪な銭のこと。「びた一文」は、室町時代から江戸初期にかけて使われた粗悪な一文銭のことで、中国から輸入した永楽銭一文に対して鐚銭四文が交換の基準となるほどで、貨幣価値が低かったことから、「びた一文まけられない」などと使われるようになった。鐚銭の「びた」の語源は、鐚銭が平たいことから、「薄べた」「平べったい」などの「べた」が転訛したと考えられる。

張松、益州の地図を献ず

Img

    三国時代、益州の地は、要塞堅固で物産豊富、「一州自活の地」たりえる経済力を有していた。益州の刺史、張松は劉璋に仕えていた。かつて魏へ使者として曹操に面会したとき冷遇されたため曹操を嫌い、劉璋へ劉備と結ぶよう進言する。張松は容貌は優れなかったが、才覚のある人物だった。劉備からの手厚い歓待を受けた張松は、益州の軍備や地理について詳しく語り、地図を献じた。後日、劉璋から劉備に内通したとして、その妻子ともども処刑されることになる。

平家人物考 「平明子」

  NHK大河ドラマ「平清盛」の人物相関図をみると、清盛の最初の妻は明子(加藤あい)、二番目の妻は時子(深田恭子)とある。コンサイス日本人名事典をみると、平時子の名はあるが平明子はない。平重盛の項を見ると、母は「右近将監高階基章の娘」とある。平明子は長男重盛、次男基盛の母であるが、詳細はわからず、生没年も不明であるが、早世したらしい。兵部権大輔時信女時子が正室になっていからである。子の基盛24歳で、重盛49歳で、ともに病死しているから明子も蒲柳の質であったかもしれない。重盛は武勇に優れ、後白河法皇を守り、清盛を諌め、「日本の三忠臣」とされるが、平家一門のなかでは孤立していたという。嫡男でありながら、実際に重んじられたのは時子の子息たち、宗盛、知盛、重衡らであった。明子は身分が低く、有力な親族が無かったためとされる。だが時子の子らは1185年にみな戦死するので、明子の末裔だけが命を取りとめる。1198年、維盛の子、高清が没して平家の嫡流が断絶する。人の命運とは不思議なものである。

できちゃった結婚

Hm01h0102

    赤西仁、黒木メイサの結婚発表と同時におめでた発表、いわゆる「できちゃった結婚」が話題になっている。1977年、中村雅俊、五十嵐淳子カップルの同程度の衝撃度だろう。大先輩に倣い幸せな家庭を築いてほしい。内閣府の調査によると、「愛情があれば結婚前に性交渉を持つことは構わない」と考える若者は8割を超えている。多くの本や映画は、正式な結婚関係になくとも、男女間に愛があれば性的行動は道徳的にも正しいと考えている。10代の男女がデートをし、最初のうちは手を握ったりキスをしたりしているが、そのうちに局部を触ったりセックスするようになる。断わると愛していないと思われるので、お互いに淫行にいたる。多元的で寛容な日本社会では「できちゃった結婚」という言葉が社会的に広く知られるようになった。聖書では未婚の男女の性的関係をどのように見ているのだろうか。聖書では「神は淫行の者を裁かれる」とはっきり述べている。淫行と訳されるギリシア語の「ポルネイア」は、夫婦ではない者同士による生殖器の誤用を指す。姦淫。同性愛行為、獣姦なども含まれる。離婚に関しては聖書は許されている。ただし、淫行以外の理由で離婚することは認めていない。性格の不一致という理由で離婚することは神からみて好ましいことではない。

2012年2月11日 (土)

阿部サダヲと藤原信西

   NHK大河ドラマに阿部サダヲが高階通憲という役で出演している。一般に藤原信西といったほうがわかりやすい。不遇な境遇から抜け出るため藤原頼長につき、また高階重仲の娘をめとり、高階通憲と名乗っている。今後、展開する保元平治の乱のキーパーソンとなる重要人物である。信西は「法曹類林」という判例集を著し、死罪を復活した。

    保元平治というのは日本史でも人間関係が複雑でわかりにくい。ドラマでイメージがつかめると理解しやすくなる。保元の乱では後白河天皇と崇徳上皇とが対立、戦が始まった。摂関家では関白藤原忠通と左大臣藤原頼長の兄弟が争い、平清盛が叔父の忠正(ドラマでは豊原功補)が敵味方に分かれた。義朝(玉木宏)は父・為義(小日向文世)と戦った。平治の乱はその3年後に起きた。保元の乱の勝者同士の争い。信西を憎む藤原信頼と義朝が接近、義朝は清盛が熊野詣に出かけた留守中に御所を襲撃。二条天皇と後白河上皇を幽閉した。清盛は義朝追悼の宣旨を出す。乱に破れた義朝は、尾張国野間で、長田忠致に謀殺される。藤原信西は平清盛と結んで源氏を制したが、平治の乱で殺され都大路に梟首された。

子規庵

Sikian
 子規の机(レプリカ)

    NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」が放送されてから、根岸にある子規庵への来庵者は、それまでの1万人から倍増しているという。現在の子規庵は昭和25年に再建されたもので、子規が住んでいた建物は昭和20年4月14日の空襲で焼失している。正岡子規がこの建物に住むようになったのは明治27年で、故郷松山より、母八重と妹律を呼び寄せ、母子3人で暮らしていた。子規が没してからも友人や門弟が常に集い俳句や短歌の句会を催した。

メアリー・カサット

Cw090
「庭で縫い物をする若い女性」 1880~1882年 オルセー美術館

    アメリカ東部ペンシルヴァニア州の裕福な家庭に生れたカサット(1844-1926)は、本国の正統派的な教育機関で絵を学んだのち、ヨーロッパで古典美術を研究した。人物の表情を巧みにとらえる才能が、ドガに称賛され、印象派展へと誘われる。女性の自由な外出が許されない時代だったので、作品はおのずと、母親や子どもがいる家庭的な場面を取り上げる。ただし、本人は終生未婚。縫い物に熱中している若い娘を描いた本作は、背景に斜めに道を走らせた構図が斬新である。

リメイク作品はオリジナルを超えられるか?

A0212807_159554

   市川崑や木下恵介が晩年、自らの作品をカラーで再映画化した。なぜ大監督は再映画化したがるのかその心理はよくわからない。リメイク作品がオリジナルより良いという例はほとんどない。アクションや特撮ものであれば技術の向上により面白い作品に仕上がるケースはある。しかし小津安二郎などの名作をリメイクすることは、かなり冒険に近いことである。山田洋次はここ数年、小津作品に関心を示している。既に舞台の演出で「麦秋」「東京物語」を手がけてきた。そして「東京物語」をモチーフに、舞台を現代に移し、家族の在り方を描く「東京家族」の制作を発表している。映画「東京物語」は世界の映画監督が選んだ「最も優れた映画」の第1位に選ばれた作品である。英国BBCは「その技術を完璧の域に高め、家族と時間と喪失に関する非常に普遍的な映画をつく上げた」と評価した。

 小津作品のリメイクには高いハードルがあるだろう。当初予定していた主演演級の菅原文太、市原悦子、室井滋らは降板するという異例の事態となった。そして小津作品リメイクに対して「天を恐れぬ所業」(河谷史夫)との批判も噴出した。映画は観てから批判すべきだと思うのだが、なにやら暗雲がただよう。芸術は既成の名作を破壊して新しいものを創造していくことに真価があるとおもうのだが、80歳を過ぎた巨匠にはやはり過去をよりどころにするしかないのであろう。映画界も話題性と安全性とでリメイク映画が生れるのだろうか。文太との意見相違の真相も知りたいところである。

井出ノ小路の大ヒノキ

Kohide

   知られざる神秘の山がある。井出ノ小路山(岐阜県中津川市)、標高1840m。阿寺山地の中でもとりわけ奥深い山には樹齢500年を越える大ヒノキが林立している。不入山といわれ江戸時代、樹木の伐採は厳しく禁じられた。尾張藩が管理し、内木家は山守(やまもり)として代々受け継がれた。現在も国有林として営林署が管理し、入山できない。ヒノキは10万本ともいわれるが、伊勢神宮や名古屋城のために伐採されるのは年間30本以内と定められている。

快楽主義と禁欲主義

400pxplayboy_magazine_world_map_new
プレイボーイが販売されている国は赤、かつて販売されたことのある国はピンク

    雑誌「プレイボーイ」がアメリカのシカゴで創刊されたのは、1953年9月のことである。日本では集英社から日本語版も発売されているので、どんなにお堅い方でも男性なら一度は手にし、見たことがあるだろう。ところが世界では、販売はおろか持ち込みが禁止されている国も多い。全てのイスラム教国、あるいは仏教国、ヒンズー教国など宗教的理由や政治的理由からである。韓国、中国、インドなど比較的自由と思われる国でも販売されていない。意外なことだが、イギリス、カナダ、マレーシア、シンガポール、チリ、ペルーなどでも見ることはない。プレイボーイが販売されるのはアメリカ、日本、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、ロシア、アルゼンチン、ブラジル、ベネズエラ、コロンビア、フィリピン、インドネシアなど世界の半数以下である。しかしかってのプレイボーイ帝国といわれた時代は過ぎさり、いまでは発行部数は減少している。現在はヒュー・へフナーの娘クリスティーがCEO(最高経営責任者)になっている。

Hugh_hefner_200710

ヒュー・へフナー(85歳)は壮健。快楽主義と長寿は関係するのだろうか

Ellenstratton195912005
エレン・ストラットン

Lisawinters
リサ・ウィンタース

初期のプレイボーイはヌードもソフトだった。エレン・ストラットンやリサ・ウィンタース、名前を聞くだけで懐かしい

ベルト・モリゾ「夏の日」

Natunohi
 ベルト・モリゾ  夏の日  1879年

    19世紀後半、女性の社会進出は限られており、ましてや画家になるのは困難をきわめた。パリのエコール・デ・ボザールも、1897年まで女性の入学を許していなかった。そんななか、裕福な家に生れたベルト・モリゾ(1841-1895)は、家族の理解にも恵まれ、画家として成功する。コローに師事して風景画を習ったのち、マネと知り合い、身近な人々を観察することの大切さを教わる。夏の強い日差しを浴びた光の描写がモリゾの特徴である。

アルクイユの水道橋

Photo_3

 ギヨマン  アルクイユの水道橋

   印象派の画家アルマン・ギヨマン(1841-1927)は、鉄道会社やパリ市役所に勤めながら、余暇に絵画制作をしていたが、50歳のときに宝くじが当たり、本格的に画家として活動した。都会の生活感が作品ににじみでている。

海辺の画家ブーダン

Boudin_beach_of_trouville
 トゥルーヴィルの浜 1867年

    ルイ・ウジェーヌ・ブーダン(1824-1898)はフランスのノルマンジー海岸オンフルールの水先案内人の子として生まれる。「ブーダンだけが空を知っている」とクールベが語ったように、生涯、海と空の風景を描いた。1858年、当時18歳のモネはブーダンと出会って、印象主義絵画開拓への一歩を踏み出す。ノルマンディーのトゥルーヴィルは海水浴場で豪華なホテルや別荘が立ち並んだ。

レセップスは子沢山

Img_0028

    スエズ運河開鑿者フェルディナン・ド・レセップス(1805-1894)は17人の子女がいた。写真では7人を連れてドライブするところか。インド・ムガール帝国の王シャー・ジャハーンは愛妃ムムターズとの間に14人の子がいた。J・S・バッハは2回の結婚で20人、喜劇王チャップリンは4回の結婚で6男5女の11人。世界史ではエジプトのラムセス2世(紀元前13世紀)が100人から200人の子どもがいたといわれている。

   日本では平清盛は16人(8男8女)、蓮如は27人、織田信長は17人(11男6女)、徳川家康は18人、伊達政宗は16人、11代将軍・徳川家斉や横綱常陸山は55人の子供がいた。池田勝吉(1874-1936)は17人。明治天皇は15人。松方正義は18人。明治天皇に「お前の子供は一体何人いるか」と聞かれて、松方は「よく存じませんので、帰ってから調べます」と答えたそうだ。明治・大正時代の農家では10人くらいの子女は普通だった。最近の著名人で子だくさんのかたがたは次のとおり。

橋下徹    7人
高橋和也  6人
石橋正次  6人
タケカワユキヒデ 6人
馬渕澄夫(議員)   6人
谷原章介  5人
牟田悌三  5人
堀ちえみ   5人
薬丸裕英  5人
哀川翔    5人
菅原孝(ビリーバンバン) 5人
ケント・デリカット 5人
工藤公康  5人
川相昌弘  5人
山田隆夫    4人
中村雅俊   4人
加山雄三  4人
浜美枝    4人
中山秀征  4人
つるの剛士 4人
土田晃之  4人
市井紗耶香 3人

    ブラッド・ピットはアンジェリーナ・ジョリーとの間に3人いるが、養子を含めると6人。記録に残る子沢山ナンバー・ワンは岡山藩主池田綱政(1638-1714)。健康にも恵まれ長命であったので、なんと70人以上の子供を作った。ぜひ、皆さんも子づくりに励んでください。

(keyword;RamessuⅡ)

悲劇は繰り返される

21

Costac02

    イタリア豪華客船コスタ・コンコルディア号転覆事故の映像をみると1970年代に作られた映画「ポセイドン・アドベンチャー」を思い出す。「タワーリング・インフェルノ」「エアポート75」と続々パニック映画が生れた。そのころ1971年12月24日、ソウルの高級ホテルで火災が発生した。大然閣ホテル火災は163人の犠牲者を出した史上最悪の惨事である。翌年の5月13日、大阪の千日デパート火災で118人の死者、1973年11月29日、熊本の大洋デパート火災で103人の死者が出た。1982年2月8日、東京都千代田区永田町のホテルニュージャパン火災で33人の死者が出た。横井英樹社長の徹底した合理化が生み出した悲劇だった。いま38階建てのプルデンシャルタワーが聳えている。

Image_01
 プルデンシャルタワー

2012年2月10日 (金)

螻蛄になる

Onlinegambling14

    所持金を使い果たして無一文になることを「螻蛄になる」という。語源は昆虫のケラから。ケラは地中に住み、土を掘るため前脚が大きく発達しており、つかまえると万歳をした格好になるので、お手上げになった状態にたとえたもの。また、ケラは裸虫ともいわれることから、衣服まではぎとられた者をたとえたとも。さらにまた、植物のオケラからで、根の皮をはいで薬用にするところから、身ぐるみはがれることにたとえたともいわれる。

山口二矢と野田佳彦とは年の差、14歳しか違わない

431573_c450

    総理大臣がめまぐるしく変わるのは、いまに始まったことではない。野田佳彦は歴代95代の総理大臣となったが、伊藤博文から126年間の間に62人で、単純平均するとおよそ2年間で交代することになる。野田の勝因の一つに演説の上手さがあげられる。相田みつおの詩「どじょうがさ金魚のまねすることねんだよなあ」と泥臭い庶民派を印象づけたのは成功だったと思う。自らの政治家になる動機として浅沼刺殺やケネディ暗殺をあげたこともよかった。54歳という年齢を考えると本当に記憶にあるかは疑問だが・・・・。浅沼刺殺は昭和35年11月2日のことで当時、野田少年はまだ3歳5ヵ月。山口二矢(17歳)が満場の聴衆の面前で野党第一党の党首を刺殺した胸中などわかるはずもない。二矢は11月2日、少年鑑別所で自殺した。事件は少年の単独犯となっているが、その背景は闇にほうむられた。野田にとって浅沼刺殺やケネディ暗殺は単なる過去の歴史の出来事としての印象でしかないのであろう。

Img_424038_1997220_1

離婚の代償

Jonahhexprem10

     OS司会センター代表の末広幸子が、仲のよい夫婦が増えることを願って、1987年に制定した「いい夫婦の日」。日付は、「夫婦」の語呂あわせで2月2日。毎年この日に、「夫婦の日の集い」のイベントを企画している。また、この日を「Couples Day」として、国際的にも定着させていくという。

    世界で一番有名なカップルは誰れ?昨年11月8日から10日まで総勢6人の子どもを引き連れて来日したブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリーは「いい夫婦」の最右翼だろう。娘シャイロと男女の双子の他、養子と賑やかなファミリー。ハリソン・フォードはカリスタ・フロックハートと2010年に結婚。カート・ラッセルとゴールディー・ホーンは入籍しない世界一の事実婚カップル。

    「猿の惑星」の女優へレナ・ボナム・カーターはティム・バートン監督と結婚し、2子あり。ナタリー・ポートマンは振付師ベンジャミン・ミルピエと結婚、2011年に男児出産。トム・クルーズは2006年にケーティー・ホームズと結婚、女児あり。ニコール・キッドマンは2006年に歌手キース・アーバンと結婚、女児あり。ジュリア・ロバーツは2002年に写真家ダニエル・モダーと結婚、3子あり。「あの頃ペニー・レインと」のアナ・パキンは俳優スティーヴン・モイヤと2010年に結婚。マシュー・ブロドリックとサラー・ジェシカ・パーカーには3子あり。

   バーブラ・ストライサンドの夫は「ワイオミングの兄弟」のジェームズ・ブローリン。ブローリンの子ジョシュはダイアン・レインの夫。つまりバーブラとダイアンは嫁姑の関係。

   韓流カップルではチャン・ドンゴン&コ・ソヨン。2010年に結婚、男児あり。ヨン・ジョンフンとハン・ガインは2005年に結婚。なぜか韓国芸能界にはビッグなスターカップルがいない。

   「ひだまりの詩」のル・クプルは中古ワゴン車で全国行脚の末に大ヒット。フランス語で夫婦という意味だが、2人は2007年に離婚した。名曲「ひだまりの詩」が現在、聞けないのはあまりに悲しい。

   日本では今年になって芸能・スポーツ関係者の離婚の話題が多い。大リーグの西岡剛とモデル徳澤直子が離婚するらしい。西岡は2010年ロッテ時代に首位打者となり、ロッテの日本一に貢献した。メジャーリーガーと人気モデルの結婚生活は1年半で破綻した。宮崎あおいと高岡蒼佑、浜崎あゆみとマニュエル・シュワルツ、ダルビッシュと紗栄子、菊池桃子と西川哲、賀来千香子と宅麻伸。女性関係、金銭トラブルなど原因はさまざま。いまの日本はモンロー・デイマジォの頃のようだ。「僕は君のトロイ・ドナヒュー、君は僕のサンドラ・ディー」という歌が流行った。ご本人トロイとサンドラは結婚しなかった。サンドラは1960年ボビー・ダーリンと結婚したが、6年後に離婚。トロイは1963年にスザンヌ・プレシェットと結婚したが、9ヵ月のスピード離婚。青春スターカップルの愛は儚いものである。そして4人とも長命できなかった。離婚の代償は高くつく。ロシアの石油王ロマン・アブラモビッチはイリーナ夫人と2007年、世界最高額60億ポンド(1兆3500億円)という慰謝料で離婚している。(Roman Abramovich)

Redvest
ボビー・ダーリンとサンドラ・ディー

人はそれをスキャンダルとよぶ

Photo

    朝日新聞(2011.2.18)に「敗れざる40代女子」で元女流棋士・作家の林葉直子のインタビューがある。「将棋のプロになんか、ならないほうがよかったかな。そう思うことがあります」といきなりネガティブな話から始まる。「最初は私が電話番号のメモを渡したんです。電話がかかり、尊敬する上司に目をかけられたOLみたいな感じで舞い上がってた。でもね3ヵ月で飽きましたね。相手は有名人でしょ。ドライブにもレストランにも行けない。彼はとことんマイペース。定刻に来て、お酒飲んで・・・」それが中原誠の「突撃します!」だったのか。男と女のよくある話、それでいいじゃないか。あのジョン・F・ケネディは女好きだった。ジャクリーン以外にもマリリン・モンロー、オードリー・ヘプバーン、ソフィア・ローレン、アンジー・ディキンソン。なんとマレーネ・ディートリッヒの名前まで挙がっている。関係なかったのは、ブリジット・バルドーだけか。チャップリンの認知騒動。ウッディ・アレンの養女虐待。マーロン・ブランドの息子の殺人。アラン・ドロンのマルコヴィッチ事件。克美茂愛人絞殺事件。ラナ・ターナーの娘の殺人。シナトラとマフィアとの関係。それらにくらべればビル・クリントンのモニカとの情事はかわいいもの。巨人の二岡がモナとの情事が発覚して、坊主になったりしたけど、色事で世間に詫びるのは相手の女性はどんな気持ちかなと思うことがある。愛は世間が裁くものじゃない。最近はSEXやエロスに過敏になりすぎて、ある美術館では、性的な作品に抗議がでて突如の中止になった。都の青少年条例が強化されたことも背景にあるらしい。

2012年2月 9日 (木)

20世紀ファッション・デザイナーベスト10

Koshinoyousou
 岸和田のコシノ洋裁店

    小篠三姉妹を世界的ファッションデザイナーに育て上げた、小篠綾子の生涯をモデルとしたNHK連続テレビ小説「カーネーション」がますます面白くなっている。劇中にデザイナーの名前が出てくるが、ブランドに興味がないので知らない。20世紀のファッション・デザイナー、ベストテンに入る人物くらいは覚えておこう。

ココ・シャネル

クリスチャン・ディオール

ピエール・カルダン

ローラ・アシュレイ

イヴ・サンローラン

カルバン・クライン

マリー・クワント

ジョルジュ・アルマーニ

ジャンニ・ヴェルサーチ

アンドレ・クレージュ

Chelsea038sm
 マリー・クワントはやっぱりミニ・スカート

Giv001

ユベール・ド・ジバンシィはオードリー・ヘプバーンと一緒にいても似合うほどの二枚目

2人のシンデレラお玉とトンイ

Photo

    BSプレミアムの韓国ドラマ「同伊(トンイ)」も終盤になる。貧しい身分ながら王の側室となり、後の名君主、英祖を産み育てるトンイの波乱万丈の生涯を描く。監督は「大長今」「イ・サン」の時代劇の巨匠イ・ビョンフン。主演は「春のワルツ」のハン・ヒョジュ、「大長今」のミンジョンホ役のチ・ジニ。ところで、時代はいつ頃の話だろうか。歴史年表で調べないと、東洋史専攻の私でもわからない。粛宗は朝鮮王朝第19代の王で在位は1674年から1720年と長い。徳川綱吉、家宣、家継、吉宗の時代である。清は康熙帝のころ。つまり、粛宗、吉宗、康熙帝と東アジアに名君が君臨した安定した頃である。民衆は有能な政治家、君主がいれば幸福に暮せるという。毎年、リーダーが交代したり、無能な政治家がいれば災害も起こり、塗炭の苦しみを味わうこととなる。NHKはドラマを通じてご政道の批判を暗にしているのではないだろうか。

   トンイ(同伊)の正式名は淑嬪崔氏(スッピン・チェシ 1670-1718)。宮廷のムスリ(雑事を担当する下女)出身。第19代粛宗の嬪(側室の最上位)となり、第21代英宗の生母となった。徳川に比定すると綱吉生母の桂昌院(1646-1709)に近い。庶民出身でありながら女性として最高位についたこと、玉の輿の元祖である。

    阿玉(お玉 1624-1705)は寛永4年、京都の八百屋仁左衛門の二女として生れたが、母が本庄太郎兵衛宗利に再嫁し、その養女となった。寛永16年、13歳のときお万(永光院)に従って江戸城へ下り、家光の寵愛を受けて徳松(綱吉)を生む。延宝8年家綱が没し、綱吉が将軍になると名実ともに大奥の実権を握った。お玉には宿敵お夏がいたし、トンイにはヒビンがいた。お玉が1702年には女性として最高位の従1位に上った。トンイはすでに1699年に淑嬪(正一品相当)となっている。お玉とトンイ、2人のシンデレラはよく似ている。

ネヴァ河の幻想

B349e202dad5ece0434959f804ede89f

    1821年、フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキーはモスクワのマリヤ貧民施療病院(現在、国立結核予防研究所)の官舎で生まれた。父ミハイル・アンドレイェヴィチは退職軍医、母マリア・フョードロヴナはモスクワの富裕な商家の出で、音楽や詩にも秀でた心の優しい女性だった。17歳のとき陸軍工兵学校へ入学、22歳でぺテルブルグ工兵隊に編入、製図課所属となった。1844年1月、23歳のドストエフスキーは、工兵隊に勤め始めてまもなく「ネヴァ河の幻想」と呼ばれる不思議な体験をした。

   その時、もうひとつの物語が私の目の前に浮かんできた。どこか暗い貸間、ある正直で心の清らかな九等官、彼とともに登場するのは、辱しめを受け、悲しみに打ち沈んだある娘。こうして彼らの物語全体に私の心は深くえぐられるような思いがした。

   これはドストエフスキーの文学の出発点を形づくる創造的啓示の瞬間であった。彼は文学に対する溢れるばかりの情熱を消しとめることができず、やがて工兵隊を退職し、失敗したらネヴァ河に飛び込む覚悟で「貧しき人々」の執筆に専念した。原稿は友人のグリゴローヴィチの手はずで、詩人ネクラーソフのところへ持ち込まれた。ネクラーソフは夜明け近くまでかかって原稿に目を通したあと、早暁、ドストエフスキーのアパートを訪ね、新進作家誕生を祝福した。2日後、無名の一青年はついに大批評家だったべリンスキーに引き合わせられ熱い賛辞を受ける。ドストエフスキーは後年「これは私の生涯のうちでもっとも感激的な一瞬だった。私は徒刑時代にこの時のことを思い出しては勇気を奮い起こしたものだ」と回想している。

  ドストエフスキーの晩年は比較的落ち着いた幸福な時期であった。1881年2月9日、サンクトペテルブルクで永眠した。享年59歳。

仏頂面の喜劇王

Great_comedians
W.C.フィールズ、チャップリン、バスター・キートン、グーチョ・マルクス

    ひとつの国の文化をまるごと知ることは、なかなか難しい。アメリカなどは戦後多くの文化が日本に移入したけれども、やはり本国に住んでいないとわからないものもある。先日、「刑事コロンボ」第44話「攻撃命令」を見ていると、犯人は映画ファンらしく古いポスターが飾ってあるが、一人の太っちょのコメディアンが日本にあまり馴染みがなくわからなかった。W.C.フィールズ(1879-1946)という。チャップリンとともに喜劇王と呼ばれた。腹話術、ビリアード、帽子とステッキなどがトレード・マークのボードビリアン。デブであまり笑顔は見せず、むくれっ面が特徴であるが、チャップリンと異なり、話芸(ジョーク)が売り物か。

Photo_11557541_66470_8914317_ap_2 Wc_fields_nevergive W_cfields
 20世紀の代表的喜劇人をあげるとすれば、チャップリン、バスター・キートン、マルクス兄弟、ハロルド・ロイド、W.C.フィールズ、ジャック・タチ、ルイ・ド・フィネス、フェルナンデル、ジェリー・ルイス、ボブ・ホープ、ダニー・ケイ、ウディ・アレン、ピーター・セラーズ、ロビン・ウィリアム、エディー・マーフィー、ローワン・アトキンスン。

Scarlettwoodyallenbeach

2567037350_baa6fd8684

   日本ではルイ・ド・フィネスは禿げ頭の喜劇王で知られていますが、いま本国フランスではサルコジ大統領が若き日のルイ・ド・フィネスにソックリと評判です。

カミュ「異邦人」

Photo_2

    アルジェの船会社に勤めるムルソーは、町のどこにでもいるような平凡な青年である。養老院に入れた母親が死ぬが、通夜に出席しても彼は涙ひとつ見せず、煙草を吸い、コーヒーを飲み、眠りこんでしまう。埋葬のとき母親の年を尋ねられても正確に答えられないし、周囲の人物の様子に気をとられている。アルジェに帰ると喪章をつけたまま海水浴にでかけ、浜辺でマリーという娘と出会い、夕方喜劇映画を見たあと夜を共にする。事務所ではよく働くが、栄転の話がでると断わってしまう。またマリーを愛しているわけではないのに、せがまれると結婚を承諾する。    ある日やくざ者のレイモンに手紙の代筆を頼まれ、それがもとでその情婦とのいざこざに巻き込まれ、招待されていった先の海岸で、彼とはなんのかかわりもないアラビア人を射殺して逮捕される。裁判の過程でこうしたムルソーの行為は、予審判事、検事といういわば伝統的価値の擁護者によってひとつひとつ検討されていく。彼らは行為のあいだに意図的な繋がりを見出し、悪しき本能が彼を殺人に導いたことを証明しようとする。彼らはしかし、すべては偶然のなせる業であると述べ、殺人の動機を太陽のせいにして、なんら悔悛の情を示さぬムルソーを、理解できぬままに、社会の敵、怪物とみなし、社会秩序の名のもとに死刑を宣言する。  ムルソーは不自由な牢獄の生活にもすぐ順応してしまうが、終盤近く彼を神の手に縋らせようとする告解僧にたいして怒りを爆発させ、それまでの自分の生き方の真実性をはっきりと自覚する。そして星空を眺め、そこに自分と同じ無関心のしるしを認めて、意識的に世界に向かって心を開き、幸福だと思う。

    1951年に発表されたカミュの「反抗的人間」は大きな反響を呼び、サルトルとの間に論争がおこり、やがて2人は絶交してしまう。1957年にノーベル文学賞を受賞するが、1960年1月4日、パリに向かう途中、ヨンヌ県ヴィルブルヴァンにおいて自動車事故で死んだ。日本でタレントとして活躍するセイン・カミュは甥にあたる。(参考:「世界の文芸と主役総解説」)

2012年2月 8日 (水)

越中人国記

699
 戦国大名朝倉義景

  越中とは西に加賀、北に能登、東に越後に囲まれた国であるが、国境は時代により変動する。ここではだいたい現在の富山県とする。古代の越中の国府はいまの高岡市伏木の地であった。732年田口朝臣年足が越中守に任ぜられたのが越中の国司の初めで、大伴家持が国司に任ぜられたのは746年である。保元の乱後の平氏の全盛期に平教盛、盛俊、業家らが相次いで越中の国司となった。1183年、源義仲は平氏の大軍を礪波山の倶利加羅峠(加賀と越中との境)で破り、入京した。鎌倉幕府が越中においた歴代守護の名は明らかでないが、1223年、名越朝時を北陸道の守護に任じて以来、名越氏が歴代越中の守護であった。建武中興に際して中院定清が越中守に任じぜられているが、足利尊氏の命を受けて守護普門蔵人利清らに攻撃され石動山に敗死した。建武以来30余年の間、越中の国は宗良親王の意を奉じた宮方と足利方の武士との抗争が続いた。戦国時代になると、織田信長の配下の佐々成政は1573年、朝倉義景を、1581年には上杉氏を討ち富山城に居城した。本能寺の変後、成政は織田信雄をたて主家の再興を夢み、豊臣秀吉と同心する前田利家を駆逐し、北越をその手に収めようとしたが、秀吉に降ってより越中の支配権は前田利家に移った。越中は江戸時代を通じて長く前田家加賀百万石の所領であった。

    民間では藩農政の末端を預かる初期の十村に、鳥尻村刑部、鳥村次郎右衛門、戸出村又右衛門、津幡江村宅助らがある。新田開発の功労者には、牛ヶ首用水四万石を開いた八町村善左門をはじめ、石黒信由、椎名道三、五十嵐篤好があり、また町人では塩野の開発者岡田屋嘉兵衛が知られる。富山売薬の開祖は富山藩2代藩主前田正甫と伝えられるが、富山の町人松井屋源右衛門が反魂丹の看板を掲げて諸国販売の途を開いた。冨商茶の木屋三郎右衛門も売薬商人で、一家相伝の奇応丸、熊参丸販売で財を築いた。阿曽三右衛門は礪波郡で福光、福野、津沢の3町を、また米屋少兵衛は婦負郡で八尾の町を開いた。文化の面では、瀬戸村彦右衛門は越中瀬戸焼の開祖であるが、ほかに色漆で知られる城端塗の小原治五右衛門、富山青貝細工の杣田光正、画家では虎の絵で知られる岸駒、明清画風の谷口藹山、京都大内裏便殿の絵を描いた吉田公均ら、ほかに天文暦学家の西村太冲(城端町簑谷)、蘭方医黒川良安(上市町)がある。明治にはいると、海運業で成功した馬場道久(東岩瀬)、安田善次郎(伏木)は上京して成功し、安田財閥を築いた。小説家の堀田善衛(高岡市)、歌人の渡辺順三(富山市)がある。

美しい横顔

Dorotheawieck
 ドロテア・ヴィーク

    絵画にしろ、ポートレートにしろ、やはり彫りの深い外国人のほうが美しい横顔がみえる。古典的な作品としては、レオナルド・ダ・ヴィンチの「マントヴァ侯爵夫人イザベラ・デステの肖像」である。日本の洋画では藤島武二「芳恵」(1926)が有名である。

    ポートレートでは女優イングリッド・バーグマンやオードリー・ヘプバーン。男優では「偉大なる横顔」といわれたジョン・バリモア。

Img_844342_51629081_0

2010082321102902c

Ingridbergmanportraitc1946

Img_94440_42878304_0

Johnbarrymore2

政治に口出ししたければ金持ちになりたまえ

Guizot

  「ヨーロッパに幽霊が出る。共産主義という幽霊が。ふるいヨーロッパのすべての強国は、この幽霊を退治しようとして神聖な同盟を結んでいる。法皇とツァー、メッテルニヒとギゾー、フランス急進派とドイツ官憲」

   この有名な「共産党宣言」の冒頭に登場するフランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾー(1787-1874)とはいかなる人物であろうか。フランスは七月王政時代に産業革命がすすんだが、大地主・銀行家・大商工業資本家などの富裕層によって支配され、たとえば選挙権・被選挙権は一定額以上の納税者に限られていた。有権者はフランス全人口の数パーセントにすぎず、国民の大部分は政治から除外されている。ギゾーは野党の追求に、話が選挙権の拡大におよぶと、かならず「金持ちになりたまえ!」と選挙法改正に反対した。このため1848年2月、労働者や学生が蜂起し、多くのパリ市民も加わり二月革命が起こった。ルイ・フィリップは退位し、臨時政府(第二共和制)は、男子普通選挙法を認めた。ギゾーはロンドンに亡命し、以後は歴史研究に専念した。

アリの町の神父ゼノ

483b1364

    ポーランド出身の聖職者ゼノ・ゼブロフスキー(1891-1982)は長崎で被爆した。戦後、東京浅草のバタヤ街など全国各地で「アリの町」支援活動を始める。1982年2月来日したローマ法王ヨハネ・パウロ2世は、ゼノ修道士の入院先を訪問した。ゼノに影響を受けた女性で、貧者への献身的な活動に身を投じて若くして散った「アリの街のマリア」こと北原玲子がいる。

ブライアンの汚点

Bryan

    ウィリアム・ジェニングス・ブライアン(1860-1925)は最も人気ある政治家であったが、反進化論運動に加わったことが彼の汚点となった。1925年、テネシー州デイトンの高校教師スコープスは、生物の授業で進化論を生徒に教えたため、州法違法で逮捕された。アメリカ公民権連合(ACLU)は思想信仰表現の自由の侵害するものとして反進化論法に反発した。反進化論陣営は大物政治家ブライアンを投入した。ACLUはダロウに弁護を依頼した。だが判決はスコープスは有罪、100ドルの罰金刑となった。一般には、このモンキー裁判はダローがブライアンに神は実際に6日で世界を創造したわけでないと認めさせたことをもってダローの勝ちとされる。だが反進化論法が40年以上の間存続することとなり、モンキー裁判は痛み分けの結果で幕引きとなった。そして判決後まもなく、ブライアンが心臓発作で亡くなった。新聞には「田舎の聖人として殉教した」という、彼を揶揄する見出しが踊っていた。

2012年2月 7日 (火)

昭和っぽい

20111104171058_01_400
 なとなくGメン75を思い出させる

   東京スカイツリーのユニフォームがネットでは「昭和臭い」という評判である。昭和を知らない世代が増えると、古臭いもの、時代遅れな感じのものを揶揄したくなるらしい。「昭和臭い」とか「昭和っぽい」という表現をよく耳にする。もっとも昭和どっぷりの世代は、「昭和っぽい」と言われて喜ぶ人もいるから人さまざまである。ある世代には心地よく感じて、ある世代には古臭く感じる。とくに音楽などはもっとも嗜好がハッキリしている。歌番組が視聴率を獲れなくて少なくなったのも、そのような時代の変わり目だからだろう。「戦後」という言葉が消えゆくなかで、今われわれは、戦争で犠牲となった310万人(数値は厚生省援護局発表)に対しても、歴史から学んでいかなければならない。

海底に眠るUFO?

0306

    難破船を捜索していたスウェーデンの海底探査会社がバルト海の深さ80mの海底に謎の巨大物体があると発表した。その形状から未確認飛行物体ではないかとする説まで飛び交っているが、杳として正体は謎に包まれている。こういった話はウソであっても楽しい。騙されたのが楽しいというウソもある。1934年に発表されたネス湖の怪物、1938年の火星人来襲のラジオ放送、雪男など大騒ぎさせられたが、ホッと息ぬきさせられる。人を騙すことは決して誉められたことではないが、ユーモアのセンスは必要だろう。

Middle_1203888151

N0012591_l

英語ことわざ

Printstudyroom

A day after the fair.市の次の日(後の祭り)

Love is blind. 恋は盲目(恋路の闇)

Love sees no faults. 恋は欠点を見ない(痘痕もえくぼ)

All good things come to an end.

どんなよいことにも終わりがある

It is no use crying over spilt milk.

こぼれたミルクを見て泣いても無駄だ

One is never too old to learn.

学ぶのに年齢はない

There is no royal road to learning.

学問に王道はない

Do to others what you would be done by.

己の欲する所を人に施せ

Tomorrow will take care of itself.

明日は明日の風が吹く

See Naples and then die.

ナポリを見て死ね

After pleasure comes pain.

喜びの後には苦しみがくる

Today you,tomorrow me.

今日は人の身、明日は我が身

Walls have ears.

壁に耳あり

Silence is golden.

沈黙は金

Out of the mouth comes evil.

口は災いの元

Make haste slowly.

ゆっくり急げ(急がば回れ)

Bad news travels fast.悪い知らせは早く伝わる(悪事千里を走る)

謎の邪馬台国の仮面

Img598b9269zik2zj

    纒向遺蹟から2007年に出土した木製仮面。第149次調査において、太田池の底で確認された土坑より出土した仮面は、長さが約26㎝、幅が約21.5㎝。アカガシ製の鍬を転用してつくられ、口は鍬の柄の穴をそのまま利用しているが、両目部分の穴は新たにあけられており、高く削り残した鼻には鼻孔の表現が見られる。また眉毛は、線刻により表現されており、その周辺にはわずかに赤色塗料が付着していた。これまで縄文時代の土製仮面の存在は知られているが、弥生時代や古墳時代の仮面の実例はほかに見られない。この仮面が実際に祭祀に使用されたのかどうかはわからない。

気になる小説

201103311558400d6ada32e3

  「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん。東京のはずれに位置するまほろ市の駅前で、便利屋を営む多田のもとに、高校時代の同級生・行天が転がり込んできた。ペットのあずかり、塾の送迎、納屋の掃除・・・。原作も映画も観ていないが平成版「俺たちの旅」なのか。

「やさしいため息」青山七恵。まどかは社会人5年目で友人なし。恋人は3ヵ月前に出て行ったばかり。そんなまどかの前に、行方知れずの弟の風太と緑くんが現れる。孤独だけど不幸ではない。ため息をつきながらも、平凡の中にある非凡なもの、そこに気づくことができたら、人生はより色鮮やかに見えるのではないか。

「食堂かたつむり」山本文緒。失恋のあと、倫子は故郷に戻り、実家の離れで食堂を経営する。ここの料理を食べると、恋や願い事が叶うというまことしやかな噂とともに、食堂が評判になる。「ショコラ」「かもめ食堂」など繁盛記。

「乱暴と待機」本谷有希子。復讐相手として憎まれている限り、お兄ちゃんが私から離れていくことはない。「復讐」「お兄ちゃん」「2段ベット」で構築された世界。愛情関係よりもずっとずっと確実なつながりを祈るように求め続ける男と女の物語。

シェークスピアの名言

Study_for_the_quarrel_of_oberon_and

まことの恋が平穏無事に進んだためしはない(夏の夜の夢)

人生は歩きまわる影法師(マクベス)

今が最悪の事態だと言える間は、まだ最悪ではない。(リア王)

ばかの愚かな行いは、いつも知恵者の砥石になるものですわ。(お気に召すまま)

過ぎ去った不幸を嘆くのは、すぐにまた新しい不幸を招くもとである。(オセロ)

2012年2月 6日 (月)

藁井文暁

    「花屋日記」(1811年刊)は芭蕉の死をめぐる事情を門人たちの手記や手紙の形で記したものである。従来は本物として信じられてきたが、大正末ころから研究者によって、これは俳人あるいは僧侶の藁井文暁(1735-1816)が創作したものであるとわかった。偽作とはいえ、芥川龍之介がこれを素材に「枯野抄」を書いたり、島崎藤村が「わたしは枯尾花にある其角の追悼よりも、はるかに花屋日記を愛する」とまで言わしめている。

雪崩に注意

   暖かくなると斜面に積もった雪が解けて、大量に崩れ落ちることがある。「雪崩」(なだれ)この言葉は、もと、動詞だった。「去年は大雪だったよ。よく雪崩てね」(川端康成「雪国」)とある。「なだれこむ」「なだれる」の古典語形「なだる」。連用形が「なだれ」。むかしは「雪頽」(なだれ)と文明本節用集にみえる。「雪頽」という表記は明治になっても見られる。

2012年2月 5日 (日)

原子力開発への警告

Fbx_6

20060122ssn57100
  原子力潜水艦ノーチラス号

    この1年で大きく変わったことは国民の原子力政策に対する意識であろう。もはや原子力の平和利用という呪文も通用しなくなった、もともと日本はエネルギー資源の貧しさから、被爆国でありながら、基本的に原子力政策は支持されてきた。子どもたちに人気のあった鉄腕アトムというロボットは原子力を動力としている。ウェツプの「ノーチラス号北極横断記」は子どもたちによく読まれた。1960年代、海運国の日本は将来に予想される原子力船時代にそなえて、原子力船「むつ」の建造を計画した。1969年、「むつ」は船体は石川島播磨重工業で、原子炉は三菱原子力工業で完成され、就航した。だが1974年、北太平洋航行中(青森県尻屋岬東方80km)に放射線漏れをおこした。陸奥湾漁民らは帰港に反対し、むつは9月5日からおよそ1ヶ月以上も漂流をつづけた。10月14日に協定が締結され、15日ようやく大湊定係港に帰港した。1993年、原子炉を解体撤去し、現在は海洋地球研究船「みらい」と名を変えて活躍している。アメリカの核物理学者イングリスは「平和の名を借りた」ものとして批判した。そして「日本がアメリカのように原発推進の道をとらず、他の平和エネルギー開発のパイオニアを目指すよう助言したい」(1974.7)と見解を発表している。

癒し系

Dsc02847

    缶コーヒー「ジョージア」のCMで飯島直子が「ひとやすみ、ひとやすみ」と呼びかける。こんなセリフに和んだ人も多いのではないだろうか。それまで、90年代のCM女王といえば西田ひかる、内田有紀、広末涼子など明るく元気なアイドルが主流だったが、世紀末になると、ふっくらとして軟らかい肌の感じの大人の女性が好まれるようになった。優香、本上まなみ、井川遥、井上和香、釈由美子、吉岡美穂、安めぐみなど癒し系タレントがグラビアを飾った。たがみんな30歳を超えて結婚していく。現在の癒し系は誰れ?綾瀬はるか、蒼井優、皆藤愛子。佐々木希や宮崎あおいは癒し系かどうか意見の分かれるところである。癒し系は激減したようだ。

大佛次郎記念館

Dcp016892nd

   「おさらぎじろう」と正しく読める人も少なくなっただろう。「だいぶつじろう」と読めば笑われるかもしれないが、家が鎌倉の大仏の裏にあったのでペンネームにしたそうである。横浜の港の見える丘公園には大佛次郎記念館がある。自筆原稿や遺品が多数・展示されている。「鞍馬天狗」「赤穂浪士」など時代小説家のイメージが強いが、「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」などのノンフィクションでも知られる。東大、外務省という体制の中にいる面と、反権力、反骨精神と両面性のある人であった。日記などを読むと、毎日ビフテキや高級料亭へ行くかと思うと、数十万円の洋書を買う。ラジオで王貞治のホームランに喜ぶ意外な一面がある。司馬遼太郎の作品はすべて読んでいたが、感想がない。若手の台頭にライバル視しているようにも思える。インテリでありながら、「軽薄でオッチョコチョイで気まぐれ」とは自身でも知っているようである。昭和30年代、自動車の交通量が増加すると、いちはやく人間優先を新聞に提唱し、のちのナショナル・トラスト運動へと発展していく。大佛次郎は決して忘れられない作家だ。

「社会の窓」英語で何て言うの?

   男子のスボンのチャックを俗に「社会の窓」という。これは昭和23年から放送されていたラジオ番組「インフォメーションアワー・社会の窓」に由来すという。女性の場合を「理科の窓」というらしいが1度も聞いたことがない。「社会の窓」は英語で「fly」。

学問に王道なし

Alexanderaristotle

  「学問をするのに安易な方法はない」という意味で良く使われる言葉である。英語では「There is no royal road to learning」という。この言葉は誰が誰に対して言った言葉であのか、諸説ある。一般にはユークリッドが、エジプトのプトレマイス1世に諭したと伝えられる。有名な「ユークリッド原論第1巻」のブロクロスの注釈にあるからである。ところがこんな挿話もある。アレクサンダー大王がリュケイオンでメナイクモスから幾何学を学んでいた。あるとき、「幾何学を学ぶのに早分かりの方法はないのか」とたずねた。メナイクモスは答えた。「おお、王様、国中には私道や公道がありますが、幾何学に王道はごさいません」と言ったとギリシアの著述家ストバイオスは記している。こちらのほうが話としては面白いとおもうのだが。

第3の壁

Mankind

   アメリカの社会学者ロバート・リンダーは、人間個人の生活を、三つの壁で閉じ込められた三角形の空間にたとえている。第1の壁は避けることのできない「死の壁」である。第2の壁は、もって生れた肉体的、精神的な能力である。第3の壁は、われわれの「無知と愚かさの壁」である。ただし、この壁には鍵であけることのできるドアがついている。無知や愚かさは、経験や知識、技術などを本として蓄積することによって克服できるのである。

佳人薄命

Photo

    市川森一の「蝶々さん」を見る。お話は基本的にはプッチーニの歌劇と同じで、蝶々さんは自害して果てる。理不尽なストーリーには納得いかない視聴者も多いだろが、これより変えようはあるまい。つまり佳人薄命と諦めることである。昔からか容姿が美しい人は不幸なことが多く短命である。蘇軾の詩に「古きより佳人は多く命薄く、門を閉じて春尽き、楊花落つ」とある。虞美人、趙飛燕、楊貴妃、椿姫などヒロインは薄命ほど美しさがきわだつ。英語では、「The fairest flowers soonest fades.」

ルビコンを渡る

Photo_2

    ローマの歴史上よく知られるアドリア海に注ぐルビコン川はそれほど大きな川ではなかったらしい。現在の地理で比定してリミエ付近のたくさんの川の中からそれらしいと思う川をさがすと、フィウミキノ川やウソ川とする説はあるが定説となるまでにはなっていない。

    紀元前50年の厳冬から、カエサルは属州ガリア・キサルピナとローマの国境近くに野営していた。このときカエサル53歳。翌年の1月7日、元老院はカエサルに対して、定められた期日までに属州の支配権を放棄しないならば、国家の敵として彼を扱うとして決議し、最後通牒をつきつけた。追いつめられたカエサルは、自分の採るべき途について沈思する。ギリシアの喜劇詩人メナンドロスの詩句「賽を投げよ」がときおり脳裏をよぎる。カエサルは力強く決断した。「賽は投げられたり」と。そして軍を率いてルビコンを渡り、ローマへと進軍した。ラテン語で「Alea iacta est」(アーレア・ヤクタ・エスト)、英語では「The die is cast.」

歴史は繰り返す

   高校世界史は世代によって学習した範囲が大きく異なる学問である。ケペルはベトナム戦争は現在進行形だったが、今の高校生は湾岸戦争は20年も前の出来事である。現代史は若い人には理解するには難しいだろう。否、年配者にとっても国際政治は難しい。新聞で時代を読むことは有益であるが、時代の雰囲気に流される危険もある。明治の日清・日露の時代から、昭和の大東亜戦争の時代まで、新聞が正しく報道したであろうか。いつの時代も政治家やマスメディアは自国にとって好ましくない国家に「悪」のレッテルを貼る。枝野幸男が講演で「悪しき隣人」と中国を批判した。冷戦終結後、リビア、イラン、イラク、北朝鮮を「rogue state」(ならず者国家)と呼んだことを想起させる。米国にとり好ましくない国家に道義的な「悪」のイメージを国民に与える機能を果たしている。政治家やマスメディアが「悪しき隣人」とか「ならず者国家」とキャンペーンするときは、国民は注意深く世界史から学ぶべきである。

   1990年8月イラクがクウェートに侵入し、占領したが、翌年1月、国連の決議を受けて、アメリカを主力とする多国籍軍がイラクを攻撃した。日本は世界中で最高額の130億ドルの戦費を支出している。アメリカの圧倒的武力で勝利したもののサダム・フセイン(1937-2006)の体制は依然と存続した。今度は大量破壊兵器の査察をめぐって米・英軍は攻撃し(2003年3月~5月)、政権は崩壊してフセインは消息不明となった。2003年12月、米軍がフセインを逮捕。裁判によって2006年12月、処刑した。だが、湾岸戦争開戦の口実とされた「大量破壊兵器の保有」については、のち、その事実はないと国際的に確認されている。イラク戦争に米英の大義はなかった。日本政府が拠出した戦費についても反省や批判など公的な検証作業はされていない。歴史はたえず動いているので過去を反省している暇はないのかもしれない。しかし歴史は繰り返すともいう。アメリカがベトナム戦争でした過ちを再び湾岸戦争で繰り替えしたように、中国や北朝鮮を敵対視することをマスメディアが煽ることが再び繰り返されようとしている。そして政治家は国民の支持率の低下を恐れる。支持率を上げるには、強硬な姿勢にでることである。ホラズム海峡ではイラン・米国が衝突している。

「History repeats itself.」(トゥキディデス) 世界史を学ばず、愚行が繰り返されることが恐ろしい。

2012年2月 2日 (木)

当るも不思議、当らぬも不思議

1923kantodaishinsai

    易の繋辞伝によれば、宇宙の根元は太極であり、これが陰陽を生じ、陰陽が四象(春夏秋冬)を生じ、四象が八卦を生ずるとする。占いの八卦は、これにさまざまな意味を持たせる。そうして、6個の算木と50本の筮竹とを用いて一定の所作によって結果を出し、これを八卦に当てはめて占うのである。これで人の運勢がわかるかどうかは、まったく科学的な根拠がないことは誰しも知っている。だが人はなにかしら神秘的な方法に救いを求めて、さまざな占いや易、縁起物、姓名判断、おみくじ、風水などに凝る。「当るも八卦、当らぬも八卦」である。ばずれても文句を言う人はいない。伝統ある神仏に祈願しても現世のご利益がない場合もある。だが世の中悪い人も多い。ウソやインチキで金儲けをしようとする人も多い。霊感商法で騙される人が後を絶たない。現代科学も信用できない。津波の過少予測が悲劇を生んだ。放射線量の「人体に及ぼす影響はないとみられる」という報告もどこまで信じられるのか。「首都圏4年以内に70%の確率で大地震」予測は地震が発生するは70%だし、なければ30%だからハズレなしの予想である。隠蔽体質の日本に真実はないと見るべきだろう。

飛ぶ夢をしばらく見ない

    細川俊之と石田えり主演「飛ぶ夢をしばらく見ない」(1990)を見る。48歳の田浦は、骨折で入院。病院側の都合で宮林という女性患者と一夜だけ個室をともにする。衝立で仕切られた2人はポッリ、ポッリ話をする。そして女は驚くようなことを言う。「私を犯してくれますか?」翌朝、看護婦によって衝立が取り払われたとき、田浦の目に入ったのは、67歳の老婆だった。退院後、女から会社に電話がかかってきた。田浦は忙しいと断わる。しかし街で偶然に田浦が目にした宮林は和服を着た40前後の女だった。不思議なことに女は会うたびに若くなっていく・・・。映画は2人で逃走したり、拳銃を発砲したり、中途半端なアクションとなり、奇妙な作品になってしまった。ファンタジーに仕上がっていれば別な作品になっただろう。ともかくブラッド・ピッドの「ベンジャミン・バトン」(2008)より18年も前に「若返り映画」が日本にあったのだ。細川俊之は昨年亡くなった。舞台やミュージカル、ラジオの「ワールド・オブ・エレガンス」など二枚目で有名だったが、映画、ドラマでは多彩な一面を見せていた。「女囚さそり」「あしたのジョー」の力石徹など珍品もある。この「飛ぶ夢をしばらく見ない」も愛すべき珍品である。

2012年2月 1日 (水)

うどん県香川

Img_143322_62648493_0

    俳優の要潤がうどん県副知事に就任し、観光PRビデオで「香川県は、うどん県に改名しました」とまじめに発表する動画が評判だそうだ。実際に県名を改名するには法律の制定が必要だが、県観光振興課は今後も「うどん県」で押し通すという。「うどんの日」というのもある。昭和55年に香川県製麺事業協同組合が、うどんの消費拡大を目指して7月2日を「うどんの日」と制定した。香川県では農繁期が一段落した半夏生の頃にうどんを食べて、労をねぎらう習慣があったことに由来する。

人類月に立つ

Abc_neil_armstrong_090715_main

  1969年7月21日、アメリカの宇宙船アポロ11号が月面着陸に成功した。二ール・アームストロング船長(現在81歳)が月面への人類初の第一歩をしるした。彼は「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」(That's one small step for a man,one giant leap for mankind.)と語った。

石橋を叩いて渡る

Tortoiseneuroses

    絶対に堅固であり、絶対に安全であるとされている石橋が、それでも危ないのではないかと、これを叩いて調べ、その安全なのを確認した上で渡るという意味。はたからみると滑稽なほどの用心深さである。世の中、絶対に大丈夫、絶対に安全はなくなった。安全といわれた原子力発電所も大津波の前ではひとたまりもなかった。英語表現では次のようになる。

You can never be too cautious.(慎重すぎるということはありえない)

   日本語には「危ない橋を渡る」という反対の言葉もある。英語表現では、「Take a risk.」「Walk on thin ice.」がある。

パワースポットは存在しない

Img_8266

    三井住友銀行の情報誌「家楽手帖」。「全国招福パワースポットガイド」明治神宮、伊勢神宮、出雲大社は別格としても、知らないパワースポットもある。長野県伊那市の分杭峠は近年テレビなどでゼロ磁場として大きく取り上げられ、年間3万人以上の観光客が訪れるという。中央構造線上に位置し、断層の両側から押し上げるゼロ磁場があるというのだが、インチキくさい話だ。「気」とか風水とか迷信が蔓延るのは世の中全体おかしくなっているのだろう。

龍馬の次姉自害の真相

134 135

    司馬遼太郎の小説「龍馬がゆく」では次姉、坂本栄は龍馬脱藩のとき刀を与え、大志をはげました。のち柴田家に禍が及ぶのを恐れて自害したとある。昭和43年に作られた栄の墓の享年は文久2年3月となっている。だが昭和63年本当の栄の墓が発見された。「柴田作右衛門妻」「坂本八平女」「弘化2年9月13日」と銘記されている。つまり栄は嫁いですぐに若くして亡くなっているので、龍馬に刀を与えたという話はウソだった。

百聞は一見に如かず

2359_ufosseeingisbelieving1_0532029

  何度も聞くよりも、1度実際に自分の目で見る方がまさる。漢書趙充国伝に見える故事。漢の宣帝のころ、趙充国が実際に現地へいって地形を調べたため、屯田兵となった歩兵1万人が、よく羌族の侵入を食い止めたことに因む。英語では Seeing is believing.(見ることは信じること)という。チェコには「耳で買うな、目で買え」がある。

藩閥政治家・山縣有朋

Photo_2

  吉田松陰の蒔いた種は、高杉晋作、そして伊藤博文、山県有朋へと続いた。山県有朋(1838-1922)は勉強が得意ではなかった。しかし、幕末の藩政改革で、武道が奨励され、軽卒にも、棒術以外の武術を学ぶ機会が与えられた。有朋は、槍術で出世を夢みた。明治天皇の御前で試合をした時、「槍の半七」といわれた名人林友幸と対戦し、引き分けるまでになっていた。参議、内相、陸相、首相、枢密院議長。明治42年、伊藤博文が暗殺されて以降は、山県有朋が元老として政界に君臨した。大正11年2月1日、85歳で亡くなったが、葬儀は国葬をもって弔われた。墓所は文京区の護国寺。

F2b7ba5d51c7aaab767ed48cf92ccc20

マリリン・モンローの日本・朝鮮訪問

001372acd73d0e83e37746

Img_10

  昭和29年2月1日、マリリン・モンロー夫妻が来日した。東京を吹きまくったモンロー旋風は、西へ西へと移動し、九州まで及んだ。夫君ジョー・ディマジオが野球コーチに専念しているあいだ、さらにモンロー女史は単身飛行機で朝鮮へと旅立った。ジェ-ン・ラッセルからマリリン・モンローへとGⅠのピンナップ・ガールの今や№1となった折も折、当のご本尊がやって来たとあっては、集まるわ集まるわ、国連軍最大の作戦といえどもこれほどのGⅠが参集することはないと言われる。

   特設のステージの上にたったマリリンを囲む、男、男、男・・・・。「こんなに男ばっかり集まっているのを見たのは生まれてはじめてだワ!」という彼女、およらくはよくぞ女に生まれけり、と心から思ったに違いない。寒い朝鮮の冬の下で、薄いドレス一枚での歴史的な大熱唱のステージだった。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31