無料ブログはココログ

« 愛と恋について | トップページ | 岸田國士「暖流」 »

2012年2月23日 (木)

今治タオル100年史

Photo_2Photo
      菅原利鑅         阿部平助

   愛媛県今治市はタオルの町として知られる。全国の約6割を生産し、人口12万5000人のうち、下請けの内職を含めると2万5000人はタオルに関係している。今治は世界最大のタオルの産地である。

    タオルは1801年、フランスのジョゼフ・マリー・ジャカールによって発明され、日本にきたのは明治の初め頃である。しばらくはタオルの使い方も分からず、里井園治郎が明治22年に創製し、泉州で細々と生産されていた。明治27年、今治の阿部平助(1852-1938)が綿ネル機械を改造し、タオルの製造したのが今治タオルの始まりである。明治43年に麓常三郎(1868-1929)により大衆向け縞柄タオルが創製された。大正13年には愛媛県工業講習所の技師、菅原利鑅(1891-1958)により、高級なジャカード織りの今治タオルが生産されるようになった。

Pic_ja10
ジョゼフ・マリー・ジャカール(1752-1834)

Telaio
 ジャカード織機

« 愛と恋について | トップページ | 岸田國士「暖流」 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛と恋について | トップページ | 岸田國士「暖流」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31