無料ブログはココログ

« 近代短歌の先駆者、大隈言道 | トップページ | 春藹と秋水 »

2012年1月24日 (火)

大逆事件と大石誠之助

Photo_4大石誠之助

   大石誠之助(1867-1911)は和歌山県新宮市の出身の社会主義者で、明治29年、医院を開業。貧しい人からは治療費をとらず、「できるだけ払ってください」と札をかけていた。明治43年1月24日、幸徳秋水の大逆事件(天皇暗殺計画)に連坐し、幸徳秋水、宮下太吉らと共に処刑された。近年、ジョセフ・クローニンが「The Life of Seinosuke」(2007年)という伝記を出し、海外でも知られるようになった。辻原登の小説「許されざる者」の主人公・槇隆光は大石誠之助がモデルである。

大石誠之助の情歌 森長英三郎 1965

大石誠之助 糸屋寿雄 1971

大石誠之助小伝 浜畑栄造 1972

禄亭大石誠之助 森長英三郎 1977

大石誠之助全集 森長英三郎 1982

大石誠之助物語 北村晋吾 2001

大逆事件と大石誠之助 熊野新聞社 2011

« 近代短歌の先駆者、大隈言道 | トップページ | 春藹と秋水 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近代短歌の先駆者、大隈言道 | トップページ | 春藹と秋水 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31