無料ブログはココログ

« ソップ型力士の明武谷 | トップページ | レファレンス再考 »

2012年1月22日 (日)

「びびる」は鎧が触れ合う音

    ビビる大木という芸人の出現で、現代俗語の地位に落ちていた「びびる」という由緒ある日本語が復権したようだ。関西人の間では「何、びびってんねん!」という感じでよく使われる言葉だ。怖がって尻込みしている状態をさす。もともと平安時代からある言葉で、大軍が動くとき鎧の触れ合う音が「びんびん」と響くことから「びびる」という語が生れたという。

« ソップ型力士の明武谷 | トップページ | レファレンス再考 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソップ型力士の明武谷 | トップページ | レファレンス再考 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31