無料ブログはココログ

« ノーパンツ・デー | トップページ | 英文法の定冠詞のミステリー »

2012年1月11日 (水)

警察や刑務所が新年からお粗末すぎる

    広島刑務所で、殺人未遂などの罪で服役中の1人が本日11時ごろ、脱獄した。屋外で運動中の出来事で見張りの職員は何をしていたのか。オウムの平田信の場合もヒドイ話だ。平田は出頭前に警察に電話しているが、担当者はウソだと思い相手にしなかった。平田は、電話→大崎署→警視庁→丸の内署、とぼとぼ650m歩いて出頭した。よく気が変わらなかったものである。それにしても警察の緊張感のなさが恐ろしい。

   もしも自分が身に覚えのない無実の罪で裁判員裁判で死刑を宣告されたとしたら、脱獄して、真犯人を自分の手で探し出して、身の潔白をはらすしかない。逃亡者には辛く長い日々がまっている。

4c302aa4_htf_imgcache_12006

« ノーパンツ・デー | トップページ | 英文法の定冠詞のミステリー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノーパンツ・デー | トップページ | 英文法の定冠詞のミステリー »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30