無料ブログはココログ

« コルネリア夫人の宝石 | トップページ | 兵庫のまん中でキラリと現金が光る »

2012年1月25日 (水)

ヒッポメネスと黄金のリンゴ

Reni02

  むかしアトランタという美しい娘がいた。言い寄る若者たちも多かった。「結婚したいと願うならば、私とかけっこをして勝たねばなりません。私が負けたら、あなたのものになります。でも、私が勝つたら、あなたの命をいただきます」と。そして何人かの若者が死んでいった。ヒッポメネスという美しい若者がいた。彼はその競争に参加することにした。そしてアフロディテに祈った。女神は彼の祈りを聞き入れて、黄金のリンゴを与え、「競争している間、それを投げるのだ」と言った。レースが始まった。試合の途中で、ヒッポメネスは黄金のリンゴを投げた。そして彼女がリンゴを拾っている隙に抜き去り、そのままゴールに入った。そしてアトランタを妻にした。

« コルネリア夫人の宝石 | トップページ | 兵庫のまん中でキラリと現金が光る »

「昔話・民話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コルネリア夫人の宝石 | トップページ | 兵庫のまん中でキラリと現金が光る »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30