無料ブログはココログ

« 円谷幸吉の栄光と死 | トップページ | 1830年リヴァプール・マンチェスター間に最初の鉄道開通 »

2012年1月 9日 (月)

シスレーとホッベマ

Alfred Sisley was doubtless impressed,by Hobbema's The Avenue,Middelharris,which he would have seen in the national Galley during his early years in London.

Sometimes his roads and paths move gradually from one side of the canvas up to the other,sometimes they open fan-like,he favours low horizons;wide foregrounds of field,road or water,in which he often exaggerates the scale of stones,grass or ripples;a section of near detail obvious recession,strong,inter locking horizontals crossed by verticals of trees,their reflections,fences and pasts.

Sisley143

   アルフレッド・シスレーは若い頃ロンドンのナショナル・ギャラリーで見たホッベマの「ミッデルハニスの並木道」から間違いなく強い感銘を受けている。彼の好むのは次のようなものだ。低い地平線。野原や道路や水面からなる広い地平線、あまりに明白すぎる奥行き感を中和する前景の細部の一画、目はその細部から遠くの眺めへと移っている、樹木やその反射、垣根や杭がつくる垂直線と交差する、力強い、重なりあう水平線。

« 円谷幸吉の栄光と死 | トップページ | 1830年リヴァプール・マンチェスター間に最初の鉄道開通 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 円谷幸吉の栄光と死 | トップページ | 1830年リヴァプール・マンチェスター間に最初の鉄道開通 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30