無料ブログはココログ

« 漂白の俳人・種田山頭火 | トップページ | グラツィオーソ »

2012年1月27日 (金)

タマラ・ド・レンピッカ

Photo

    1920年代のパリでアール・デコを代表する女性画家タマラ・ド・レンピッカ(1898-1980)は忘れられた画家であったが、近年、展覧会が開かれ、ちょっとしたブームのような気がする。「緑色のブガッティに乗るタマラ」(1925)はよく表紙などに使われその名を知らずとも1度は目にしたかたも多いだろう。ボリューム感のある裸婦はモディリアーニを凌駕している。そのポップでエロチックな感覚は現代的で男性に好まれるであろう。

Photo_2

De_lempicka_woman_dove

Ragazza_con_guanti

« 漂白の俳人・種田山頭火 | トップページ | グラツィオーソ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漂白の俳人・種田山頭火 | トップページ | グラツィオーソ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31