無料ブログはココログ

« スワンダフル | トップページ | 崋山とナポレオン »

2012年1月17日 (火)

ウィリアム・フォークナーと映画

372181_1020_a

    ウィリアム・フォークナーの小説「サンクチュアリ」が再映画化されるという。フォークナー作品の映画化はヘミングウェーのように成功例があまりない。「サンクチュアリ」も1961年にリー・レミック、イヴ・モンタン主演で製作されているが日本未公開である。小説「Pylon」がダグラス・サーク監督で「空に賭ける命」(1957)として日本公開されたくらいだろうか。だがフォークナーは新聞記者から映画脚本家に転身して、1930年代にはハリウッドで多数の脚本を書いている。ハワード・ホークスとは親友で「三つ数えろ」「脱出」の脚本を担当した。結局、ハリウッドの体質があわず、ミシシッピ川に引きこもり、作家業に専念して、ノーベル賞作家となった。

« スワンダフル | トップページ | 崋山とナポレオン »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スワンダフル | トップページ | 崋山とナポレオン »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31