無料ブログはココログ

« 待つのも役者の仕事 | トップページ | ウォータールー・ブリッジ »

2012年1月10日 (火)

「佐分利信」芸名の由来

36fae24bfb2aaafad7e194089fb7d5dd

    広辞苑は言葉だけでなく人物などの百科項目も充実している。だがなぜか採録されない著名人もいる。クラーク・ゲーブル、富田砕花、沖田総司、藤本定義、小鶴誠、苅田久徳。そして佐分利信である。

   佐分利信、本名、石崎由雄は明治42年、北海道空知郡歌志内の生まれ。昭和6年、入江たか子主演「日本嬢」で島津元の名前でデビューする。昭和10年、松竹蒲田に入社。芸名は監督の島津保次郎と同姓じゃまずいということで改名することになった。五所平之助が、外交官の佐分利貞男と、画家の佐分眞(さぶりまこと)にちなんで、佐分利信とつけた。だが佐分利貞男は昭和4年に謎の死をとげる。佐分眞は愛知県出身の新進画家で、昭和6年「貧しきキャフェーの一隅」で帝選特選、8年「画室」、9年「室内」が連続特選となる。39歳で自殺。まことに験の悪い芸名をつけたものだ。

1303168975佐分眞

« 待つのも役者の仕事 | トップページ | ウォータールー・ブリッジ »

苗字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 待つのも役者の仕事 | トップページ | ウォータールー・ブリッジ »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31