無料ブログはココログ

« 長尾山を探せ | トップページ | 大逆事件と大石誠之助 »

2012年1月23日 (月)

近代短歌の先駆者、大隈言道

6331f14e6726b9d7fc6850651bc1e981

    大隈言道(1798-1868)は江戸時代後期の筑前の歌人。「酒は呑め呑め、呑むならば・・・」で有名な「黒田節」の作者・二川相近に書と歌を習い、天保3年から伝統的な歌風を離れ、新しい歌を作り始める。「ただ一人われをよく知る人しあらば 千々のそしりは土塊(つちくれ)ぞかし」には、先覚者の気概が表れている。明治31年になって佐佐木信綱が神田の古書店で偶然に「草径集」を発見し、橘曙覧と並び近代短歌の先覚者と評価されるようになる。

« 長尾山を探せ | トップページ | 大逆事件と大石誠之助 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長尾山を探せ | トップページ | 大逆事件と大石誠之助 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31