無料ブログはココログ

« 菊花の香り | トップページ | 幻の芥川賞作家小山祐士 »

2012年1月20日 (金)

徳川家斉、生ませた子どもは55人!?

C0d6cce71

    天皇家や名家・名門、歌舞伎や茶道・華道の家元にとって跡継ぎを絶やさないことは最大重要事である。現行の皇室典範では、女性皇族は皇族以外と結婚した場合、皇族の身分を離れると規定している。子孫が減少するのは困りものだが、反対に多すぎるのも困りものである。11代将軍徳川家斉は健康に恵まれ69歳まで生きたが、40人の側室がおり、そのうち子を生んだ側室は16人、合計55人もの子どもをつくった。これら将軍の子どもをどうするかが老中たちの悩みの種だった。いま東京大学のある赤門は、加賀前田家が家斉の21女の溶姫(やすひめ、生母お美代)を迎えるために、本郷の藩邸にわざわざ建てた御守殿門である。

« 菊花の香り | トップページ | 幻の芥川賞作家小山祐士 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菊花の香り | トップページ | 幻の芥川賞作家小山祐士 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30