無料ブログはココログ

« あの人はいま エルケ・ソマー | トップページ | 詩が先か?、曲が先か? »

2011年12月10日 (土)

熙晦機

Hasi

    熙晦機は元の僧。「人間万事塞翁が馬、推枕軒中雨を聴いて眠る」という詩で知られる。「世の中は幸と不幸が、かわるがわる起こる。あれこれ考えないで、そろそろ落ち着いて、自然のまま、雨風に耳を傾けて日々暮らす」という意味か。「推枕軒」とは熙晦機の書斎兼居間の雅称か。年の暮れの一日、酒とおでん、そして風呂に入り、炬燵みかんでテレビをみるのもよい。

« あの人はいま エルケ・ソマー | トップページ | 詩が先か?、曲が先か? »

「漢詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あの人はいま エルケ・ソマー | トップページ | 詩が先か?、曲が先か? »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31