無料ブログはココログ

« 妙義山 | トップページ | ちゃんちゃんこ »

2011年12月 3日 (土)

消えた名前の「子」

   女子の名に「子」を使わないことが、いまや一般的になってしまった。今年の人気ベストテンをみても、結衣、葵、結愛、凛、陽菜、結菜、さくら、愛菜、咲希、優奈と「子」のつく名は一つもない。平成14年に「愛子さまブーム」で「子」が復活したが、一時的なもので、むしろ「愛子」が潮目となって、「子」が衰退していった。いまや「子」はダサいといわれている。60年から80年以上は「子」が使われた時代が続いたことになる。たとえば青柳いずみこ(ピアニスト)、三井ふたばこ(西条八十の長女)、荒木みどりこ(画家)など無理やりにでも「こ」をつけていたのも面白い。真知子や菜穂子、純子、江梨子、由里子など名を聞けば、胸のときめきを覚えるのは老人だけなのか。子どもに無理に時代に抗して「子」をつけてみたとて、かつての「つる」「はな」のように明治のお婆さんをイメージするなことになっても子どもが可哀そうだ。名づけはくれぐれも慎重に。

« 妙義山 | トップページ | ちゃんちゃんこ »

苗字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妙義山 | トップページ | ちゃんちゃんこ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30