無料ブログはココログ

« ちんちん電車ものがたり | トップページ | 「ゴースト」と「ゼロの焦点」 »

2011年12月26日 (月)

林芙美子の生誕地は門司か、下関か?

Img_350517_65277679_3
  林芙美子記念資料館

   北九州市門司にある旧門司三井倶楽部の2階にはアインシュタイン・メモリアルルームと林芙美子記念資料館がある。アインシュタイン(1879-1955)と林芙美子(1903-1951)とが交流があったわけではない。アインシュタイン夫妻が大正11年12月、ここに宿泊したことを記念している。林芙美子は明治37年、門司小森江の生まれで、明治40年ころまで在住した。(つまり本人の記憶はないだろう) この無関係なアインシュタインと林芙美子をワン・フロアーで記念館とするところが面白い。

   ところで、これまで林芙美子自身は山口県下関市であると作品に書いてきた。ところが井上貞邦が伝聞に基づき、芙美子は門司市小森江(北九州市)と主張した。現在では、芙美子生誕は北九州ということになっている。だが下関のほうに不満が残っている。広辞苑6版に記載されている「下関市生れ」を根拠にして一歩も譲る気配はない。

« ちんちん電車ものがたり | トップページ | 「ゴースト」と「ゼロの焦点」 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちんちん電車ものがたり | トップページ | 「ゴースト」と「ゼロの焦点」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31