無料ブログはココログ

« ウコンの力 | トップページ | 芭蕉と内蔵助と喜剣 »

2011年12月12日 (月)

武内宿禰と仁徳天皇

Fig0081

  わが国の歴代総理はだいたい1年が賞味期限である。来年の6月ころ紀州の梅娘が首相官邸に表敬訪問するころには、降板する時期となるのが通例である。ところが古えの仁徳天皇の御世、武内宿禰は景行、成務、仲哀、応神、仁徳と244年にわたり五朝に歴仕したと記紀にみえる。もとより244年という話から史実とは信じ難い。おそらく後世の所産で、藤原鎌足・天智天皇の存在から構想されたと思われる。仁徳天皇の事蹟は、宋書蛮夷伝に出てくるが、諱は大鷦鶺尊(おおとりのみこと)といい、仁徳は奈良時代につけられたものである。

« ウコンの力 | トップページ | 芭蕉と内蔵助と喜剣 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウコンの力 | トップページ | 芭蕉と内蔵助と喜剣 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31