無料ブログはココログ

« 年末になると交通事故が多発する | トップページ | シイラと万作 »

2011年12月21日 (水)

マスケット銃

Photo

    銃が歴史に登場するのは14世紀のことである。13世紀の元寇のときモンゴル人が使用した火薬兵器「てつはう」は鉄球に火薬をつめて、強力な弓で発射するもので、馬を驚かすためのものであった。それがヨーロッパに伝わり、先込め式の火縄銃が15世紀前半、ドイツで発明された。命中精度や射程距離は低く、実戦向きではなかったが、マッチロック式に改良され、銃の性能は驚くほど向上した。マスケット銃(Musket)の登場で戦争にも採用されるようになった。ヨーロッパ史におけるマスケット銃の初実戦は15世紀中頃のフス戦争であった。マスケット銃(先込め式歩兵銃)の出現によってヨーロッパはアジアより優位に立つようになった。火縄銃が足軽の主要武器の一つとなるのは戦国時代中期16世紀半ばをまたねばならない。

« 年末になると交通事故が多発する | トップページ | シイラと万作 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年末になると交通事故が多発する | トップページ | シイラと万作 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30