無料ブログはココログ

« ソーセージ | トップページ | 慈円と頼朝 »

2011年12月11日 (日)

加藤恒忠

3790

    府立弥生文化博物館(大阪府和泉市)で「子規の叔父、加藤拓川が残した絵葉書」展が開催されている(来年1月29日まで)。NHKの「坂の上の雲」関連の企画。加藤拓川とは本名、加藤恒忠(1859-1923)といい、子規の叔父であるとともに、子規に読書をすすめ、東京へ行くことを勧めた人物である。ドラマでは上村祐翔が演じている。

    加藤恒忠は伊予松山藩の儒者大原有恒(1818-1875)の三男。明治9年、司法省学校に入る。同年、中江兆民の塾に入る。フランスに遊学し、外交官として海外に在住し、衆議院議員、勅撰貴族院議員、松山市長となった。陸羯南に子規を紹介したのは恒忠である。(参考 :工藤真由美「正岡子規における出会いの一考察」奈良女子大学教育学科年報11  1993年)

« ソーセージ | トップページ | 慈円と頼朝 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソーセージ | トップページ | 慈円と頼朝 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31