無料ブログはココログ

« 柔然アヴァール同族説 | トップページ | ハナミズキ »

2011年12月28日 (水)

工楽松右衛門

C0041039_983351

    工楽松右衛門(1743-1812)は我が国の帆布製造の始祖としてその名を知られる。幼い頃から発明が好きで、船乗りになった後は、それまでの脆弱な帆布に改良を加え、従来より太い糸を撚る厚地大幅物の帆布の織り上げに成功した。「松右衛門帆」と呼ばれて全国の帆船に使われ、日本の海運を支える礎となった。現在、故郷の高砂神社の境内には松右衛門の銅像が建てられている。

« 柔然アヴァール同族説 | トップページ | ハナミズキ »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柔然アヴァール同族説 | トップページ | ハナミズキ »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31