無料ブログはココログ

« 藤代禎輔の漱石批判 | トップページ | 女陰禮讃 »

2011年11月20日 (日)

唐荷島と山部赤人

05nakanokaranijima

   揖保郡御津町室津(現在・たつの市)の藻振鼻から南西約2.5kmの間に、地・中・沖の3島が並ぶ唐荷島がある。播磨国風土記によると、韓人の船が難破して、その荷物がこの島に漂着したので韓荷島といったという。

    万葉集全4500首には北は小田(宮城県遠田郡湧谷町)あたりから南は薩摩の迫門(黒ノ瀬戸)までので多くの地名が出てくる。唐荷島は「辛荷島」「からにの島」ともいわれ、山部赤人の短歌で知られる。

玉藻刈る 辛荷の島に島廻(み)する 鵜にしもあれや 家思はざらむ

(玉藻を刈る辛荷の島で島めぐりをする鵜でもあろうか。そうではないのにどうして家のことを思わずにいられようか)

 

« 藤代禎輔の漱石批判 | トップページ | 女陰禮讃 »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤代禎輔の漱石批判 | トップページ | 女陰禮讃 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31